Top | RSS | Admin

2017.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2017.03


recent entries



誤嚥に注意(飼主のCT結果) ++++++++ 飼主の病気と健康

2016/12/14

先月は10月のCT検査で映った影(腫瘍?)を主治医から指摘され、別の病院の呼吸器外科を紹介されて行って来ました。


2016/12/13 高速バス♪
高速バスに乗って広島市内へ


病院に到着してまずはレントゲン撮影。
CTの画像データを持って来たのにレントゲン?
と思いつつ、正面と側面を撮影しました。


そして、1時間後。
呼吸器外科の先生の問診です。


甲状腺外科の主治医から
「あなたは進行がんでしたから再発転移の危険性高いですよ」
と言われてきたのでビクビクもの。汗

緊張して診察室に入るとニコやかに先生が迎えてくれました。
しかも先生立ち上がって名乗ってから
「はじめまして(^ ^)」とご挨拶まで!
有名な偉い先生なのにビックリ!!!
これだけでも随分と緊張がほぐれました~~(;´Д`)


まずは先生から去年と10月のCT画像を並べての説明から。
体の向きや方向など画像の見方を丁寧に教えてもらいました。

そして、輪切りにされた肺の画像を切り替えて少しずつ肺の下へ移動。
すると去年は何も映っていない所に10月は丸い影が現れました。
この影が約1cmの大きさで想像していたより大きい…。

ここだけ見ると腫瘍を疑うのだとか( ̄◇ ̄;)
でも、更に肺の下へ移動すると白い丸がぼやけて最後は胸膜にくっついた歪な形に。
このボヤけた部分のおかげで炎症の疑いが濃厚になりました。


そして、この日撮影したレントゲン写真。
こちらには正面と側面どちらにも影は映っていません。
心臓や骨と重なって映っていない可能性もあるので、12月中に改めてCT撮影することになりました。


そして昨日、CT撮影に行って来ました。

結果を聞くと、影はほとんど消えてました\(^o^)/
前回のレントゲンで映っていなかったのは小さくなったからでした♪


これで影は炎症だったと確定診断されてホッとひと安心。
でもなぜ、肺に炎症が?!
風邪もひかないように気をつけているし、咳もないし痛みもない…。
ひとつ心当たりがあるとしたら激しくムセたこと。


私は左側の反回神経に甲状腺癌が巻き込み、この神経ごと癌を切除したため左側の声帯が麻痺しています。
(動かないけど萎縮しないよう再建術をしたため声は出ます)
これを反回神経麻痺と言うのですが、普通の人より誤嚥しやすいそうです。
肺炎にもなりやすいため注意が必要とも言われています。

術後数ヶ月は1週間に1回は激しくムセていました。
それが次第になくなってきたのに最近、激しいのをやってしまい(>_<)
誤嚥で一時的に息が吸えず胸が苦しくなったのを続けて2日ほど…。


この事を先生に伝えると誤嚥で炎症が出きた可能性が高いとのこと。
飲食時は慌てずゆっくり!を心がけなくては。汗


2016/12/11 年賀状♪
日曜日に実家で撮影♪愛犬のためにも健康でいないとね^^


今回は呼吸器外科へ先月末と昨日の2回行って来ました。
先月末は友人Oやんが、昨日は母が付き添ってくれて感謝!
1人で行くつもりだったけど心配させちゃったんだろうなぁ…反省…。
でも、待ち時間の緊張が解けて助かりました(>人<;)


ちなみに、もし肺の影が確定されなかった場合、
◆PET-CTを撮る
◆生検(口から内視鏡を入れて細胞を取る。検査入院1泊2日)
とまた検査が続いてしまう所でした。

私の場合は、また半年後にCT撮影して肺の炎症が完全に消えるか確認することになりました。
どちらにしても呼吸器外科にしばらくお世話になりそうです。汗


| コメント(4) | top▲




CT検査結果(飼主の記録) ++++++++ 飼主の病気と健康

2016/11/21

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・リンパ節郭清の手術、
左側の反回神経と横隔神経の再建術をして約2年7ヶ月になります。


先月CT撮影してその結果を聞きに行って来ました。
近くの病院であれば1週間後に聞きに行けるけど、遠方かつ夫婦2人の職場で働く私にはムリ(- -;

という訳で、1ヶ月後になってしまいました。


診察室に入ってすぐに画面のCT画像の説明。
「左肺に腫瘍(?)が写ってますね。」
とあっさり切り出す主治医…( ̄◇ ̄;)え?!

「○○病院の呼吸器外科に優秀な先生がいるから紹介状書きますね。」
と淡々といつもの早口で話が進みます。

「肺がんの原発巣か甲状腺がんの肺転移か診てもらえるから。」
と言われてもセンセー!頭が全くついていきませんっ!汗

「○○先生は優秀だから安心して診てもらって」
センセー!安心どころか不安でいっぱいですー!泣


診察室を出て先生の話を頭の中で繰り返す…。
腫瘍が取れる場所か?とか言ってたけど手術前提?(*_*)(*_*)
腫瘍は小さい、ということだけは辛うじて分かったけど…

紹介された病院は更にここからバスで15分。
どんどん遠くなるし、すぐに予約日なんて決めらない!
と言うわけで、後日電話することになりました。


帰宅してダンナさんに説明している内に不満がフツフツ…

説明は必要最小限でよく分からない(汗)
意味が分からないから不安になる。
でも、質問するとイラッとされるから何も聞けない(-_-;)
超多忙なのは見て分かるけど、患者の気持ちが置き去りでは?!

この日はプンプン怒って不満をぶちまけている夢を見ました(つд`)


次の日、予約希望日を電話する時に窓口の方に疑問を全て聞いてみると、折り返し看護師さんが電話をくれて全て答えてくれました。
何でも遠慮なく聞いて下さいね、
と丁寧な応対に一気に気持ちが軽くなりました。゚(゚´Д`゚)゚。


予約日も決まってホッとした途端、全身に蕁麻疹が(>_<)
夜も眠れず散々な目に遭い、踏んだり蹴ったりとは正にこの事。泣
内科で痒み止めを処方してもらって、やっと穏やかな時間が戻りました( ;∀;)

もう主治医のこと思い出しても心穏やかです。
センセー今後もよろしくお願いしますっ!(>人<;)



2016/11/20 赤い季節♪
昨日はダンナさんとゆったりお散歩♪
バラも街路樹もダンナさんの服も(笑)真っ赤



しばらくは無理せず静かに過ごすことにしました。
ここ最近、ちょっと忙しかったもんなぁ〜
この1週間、福ちもわたしも病院ストレスで大騒動でした( ;∀;)


左肺の腫瘍が悪いものではありませんように(>人<)


| コメント(2) | top▲




年に1回のCT(飼主の記録) ++++++++ 飼主の病気と健康

2016/10/22

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして約2年半になります。


先日は1年に1回のCT検査へ行って来ました。

私は甲状腺を全摘しているので、
放射線ヨードカプセルを飲んでがん細胞を焼き殺す治療ができます。
数日間隔離室で入院する必要があるそうで、
その隔離室のある病院が広島県では限られています。

そのため、私はすぐにこの治療(放射線内照射治療)はせずに、
肺に癌が見つかったら治療ができるように
毎年1回CT検査をする必要があるんだそうです…。

しかも私の場合は死ぬまで。汗


一生CT検査が続くとなると
それだけ被爆し続けるということになるため
毎回どのくらいの線量を浴びているのか気になり
受付の放射線科で質問したら、レントゲン手帳を作ってくれました。


2016/10/20 レントゲン手帳
受診日、検査部位、測定線量などの記入欄があります。


手帳の裏面には、

この手帳は、国民の皆様が安心して
医療放射線検査をお受けいただけるように
(公社)日本診療放射線技師会で作成いたしました。


と、記載されています。

これからは受診する時に受付の放射線科で提出すれば
記入してもらえることになりました。


まだ出来たばかりの手帳なので、
個人病院などでは多忙を理由に
記入してもらえない可能性もあるんだとか。

この手帳もおくすり手帳のように広まるといいですよねー。



2016/10/20 さかい珈琲
受診後は千田町のさかい珈琲でランチ♪


病院の近くで働いている友人Oやんを誘って行って来ました。
ちょっと外れにあるのに大繁盛!
チーズハンバーグのランチを頼んだらコロッケもあってボリューム満点。
居心地もよくて長居してしまいました~。

2人で腹筋が痛くなるほど大笑いして、
体にイイモノをたーくさん取り込んだ気がします♪


| コメント(0) | top▲




飼主の記録~術後2年3ヶ月~ ++++++++ 飼主の病気と健康

2016/07/22

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして約2年3ヶ月。
術後は甲状腺ホルモンを補う薬チラーヂンSを毎朝150ug服用。
それ以外は4ヶ月毎にエコー検査、1年毎にCT検査をしています。


先週は4ヶ月振りの検診へ行って来ました。

前回はリンパの腫れ(場所が原発癌の近く)が見つかって2年振りの細胞診。
結果は異常なしだったけれど一生続く検診。
なんでもコーイ!!!
くらいの気持ちで診察室へ入りました。

今回もすぐにエコー検査。
細胞診の場所を診てもらう時は少し緊張したけど、
特に何も言われることなく終了♪


血液検査も異常なしでチラーヂンも今まで通り150ug。
ちなみに前回採血した4ヶ月前の数値で判断します。

今まではチラーヂン50ugを3錠処方してもらっていたのを
今回から100ugと50ugを処方してもらうことになり、
帰りの荷物が少し減りました。笑


あとは採血して無事に終了。


この採血待ちの時に、隣に座っていた奥さんに話しかけられました。
その奥さんは28歳の時に甲状腺の手術をして、その後また再発。
肺も手術(転移?別の病気?)したそうですがとてもお元気そう。
今は年に1回、甲状腺の検診に来ているそうです。

その奥さんは1年前の血液検査の結果で処方されるそうで、
1年も前の数値で大丈夫?!
と思わず笑ってしまったけど、きっと大丈夫なんでしょう。笑

71歳と仰っていたので最初の手術から43年!
とてもお元気で不思議な癌だと改めて感じました。


2016/7/14 壊れたパンプス
久し振りに履いたパンプスのゴム底が剥がれてしまった( ̄◇ ̄;)

この日はいつもの友人ではなく、
短大時代の友人たちとランチの約束をしました。
10年以上振りに会う友人もいたので
張り切ってオシャレしたらこの有りさまf^_^;)

でも、みんなと会って笑って楽しい時間を過ごしたおかげで、
病院へ向かう足取りも軽かったです♪


ちょっと歩き難くて痛かったけど(^◇^;)やっぱりスニーカーが一番!


| コメント(0) | top▲




飼主の記録~術後2年経過しました~ ++++++++ 飼主の病気と健康

2016/04/28

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして2年経ちました!


あっという間のような、まだ2年のような…
なんだかとっても不思議な気分です~。


術後1年までは声や傷口に変化があったけれど、
その後はもうほとんど変化もなく、
体調も良好で普通の生活を送ることができています。感謝♪

術前と違うところは
■乾燥や長くしゃべっていると声が掠れやすくなった。
■毎朝チラーヂンSを150ug服用。
■甲状腺全摘+首の筋肉を切除したため首が細く筋張った。
といった程度です。


そういえば、以前の記事に息切れがしやすくなったと書いたけど、
これも左側の反回神経が麻痺しているためだと
同じ反回神経麻痺の癌患者さんの体験ブログを拝見して分かりました。

でも、最近は階段をのぼっても以前ほど息切れもなく、
高い声も普通の生活では支障ない程度に出ているので
右側の声帯の筋肉ががんばってカバーしてくれているんだと思います♪


傷口は左側がシワになって右側は消えてました。
真ん中だけ風呂上がりに赤くなったりする程度。
首全体の痺れはほとんどなくなり、元の感覚に戻っています。


日頃気をつけているのは「無理をしない」こと。
一度にたくさんのことをしようとしたり、
あれもこれもとバタバタ忙しくしてしまう性分なので、
「どうにかなるさ~」くらいの気楽な気持ちで
何事も取り組むように心がけています。

しんどくなったら休む、時には逃げることも学びました。

あとは、毎朝10分のテレビ体操。
これは夫婦で2年間続いてます♪
そして、できるだけ歩く!
この無理のない2つの運動はこれからも続けたいな。


2014/4/27 病室の愛犬たち♪
2年前の病室に飾っていた愛犬たち♪


自分が癌になってから、あらゆる癌患者さんの体験談を読むようになり、
最初は知るのがコワイと思ったけど、
今は知らない方がコワイ!と思うようになりました。
がん友(と一方的に思ってる)たちから励まされ勇気をもらっています。


中でもこちらの体験談はがん患者だけでなく、
がん患者のご家族にもおススメのブログです。
思わず笑ってしまうエピソードも多く全体的に楽しく読めます。

■末期がんで余命3か月を宣告された男の奇跡の明るい復活物語
http://joyhappy.blogoo.ne.jp/

主人公のお父さまが愛犬家なんですよ~^^


| コメント(3) | top▲




飼主の記録〜術後2年を目前に〜 ++++++++ 飼主の病気と健康

2016/03/17

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして来月で2年になります。


先週は4ヶ月振りの検診でした。

今までは朝7:30の高速バスに乗って病院へ向かったのを
今回はためしに9:00の便で行ってみたら、
予約順番が2~3人しか差がなくて拍子抜け。汗
帰りはいつもと同じ時間のバスに乗れたので、
これから朝はのんびり出発しようと思います~♪


さて、本題の検査内容ですが、
診察室に入ってすぐにエコー検査でした。

首の右側を丹念にチェックされ、次は左側へ…。
顔を仰け反らせて寝ているので、
エコー画面が逆さまだけどよく見えます。ドキドキ…

その画面で先生が何かの寸法を測っているのが見えたので
まさか…と思っていると、
「今までなかった所に小さい腫れがありますね。」
と、アッサリ言われて穿刺吸引細胞診の準備に
看護師さんたちの動きが慌ただしくなりました…。コワイ


2年前の細胞診で涙が出るほど痛かった記憶が蘇り、
針が刺さった瞬間、思わず体に力が(>_<)
そのせいで無駄に痛みを感じてしまいました。泣

細胞診の時は力んではダメ!!!汗


2016/3/10 穿刺吸引細胞診の跡

絆創膏に微かに見える点が細胞診の場所。
甲状腺と筋肉も手術で取っているため筋張った首筋です。汗


さて、一週間経って検査結果を聞くために電話をすると、
5段階の1で異常なしでした〜!よかったーーーーヽ(´∇`*)ノ

いつも素っ気ないサバサバサバした口調の先生の声が
優しく聞こえたのは気のせいではないはず。
患者はナーバスになっているので
先生のちょっとした口調や態度に敏感になるんです。


私の癌はおとなしく進行がゆっくりな分、
経過観察も長く10年や20年後に再発の可能性もあります。
特に私は先生から何回も言われるように「進行癌」だったので、
再発のリスクが高いんだそうです(;^_^A

だから先生も目を光らせてチェックして、
今回のように4mmの小さなリンパ節の腫れも見逃さなかったので、
今後もし再発してもすぐに対処してもらえる安心感が生まれました。

私の場合、一生検査が必要らしいので、
これからは検査結果や内容に一喜一憂せずに
先生を信頼してしっかり診てもらおうと思います。^ ^


2016/3/10 検診日♪
検診日にいつもの友人Oやんとランチ♪


検診日の楽しみは彼女とのランチタイム。
友人の健康にも感謝です(^人^)


| コメント(4) | top▲




飼主の記録〜術後1年半過ぎました〜 ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/11/20

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして1年半が過ぎました。


先週は4ヶ月振りの定期検診へ行って来ました。

術後1年半も経つと特に症状に変化もなく( ̄▽ ̄)
エコー検査と前回の血液検査の結果も異常なしですぐ終了(^^)v

今回は発声時間のチェックもなくなって、
診察時間がますます短くなって嬉しい〜♪
前回29秒も発声できたから確認する必要なくなったのかも?!


今回手術するまで反回神経の存在すら知らなかったけど、
この神経は声帯を開いたり閉じたりするとても重要な神経で
発声と呼吸もコントロールしているため、
片側麻痺で声が掠れて、
両側麻痺で呼吸ができなくなるそうです( ̄◇ ̄;)コワイ

私の場合は左側の反回神経にガンが巻き込んでしまったため
神経を切らないといけなくて、
そのために左側の声帯を動かすことができなくなり
声が掠れて、特に高音と大きな声が出難くなりました。

でも、動く右側の声帯ががんばってくれたお陰で
次第に声が出るようになって、
今ではほとんど元の声に戻りました♪


そう言えば術後しばらくは急な坂道を上がると
息苦しくなって肩でゼェハァ息をしていたけど、
発声時間が長くなってきた術後1年くらいから
激しい息切れもなくなってきました。

これも多分、反回神経麻痺と関係があると思うけど、
単に運動不足なだけだったりして(^◇^;)


術後の病理検査でステージIだったけど、
反回神経と横隔神経にガンが浸潤していたので
あと数年発見が遅かったら
同じ症状でもステージIIIもしくはIVでした( ̄◇ ̄;)ギリギリセーフ!


2015/11/12 平和公園♪
病院へ向かう途中、平和公園で撮影♪


ところで、傷口も赤味がなくなって首の右側はほとんど消えました!
痺れもほとんどなくなり触った時の不快感もなし♪

ただ、一時的に声の出が悪くなったり掠れたり
ということが毎日のようにあるので
手術したことを忘れた日がありません(;^_^A

でも、仕事や生活には支障がないので感謝の毎日ですっ♪
感謝の気持ちはどうしても薄れて行くので
思い出させてくれる症状もありがたく思えます(^o^)


2015/11/12 家族とランチ♪
珍しい義父と実父のツーショットと義父と私のツーショット♪


この日は空いた時間に実家へ行って親たちをランチへ誘った後、
みんなで入院中の義母のお見舞へ行ってきました。
義母は明日、退院前の外泊で一時帰宅するので、
その前に掃除もできて良かった〜♪

義母は私の入院中、代わりに仕事をしてくれたし、
退院して帰ったら部屋が綺麗ですごく嬉しかったから、
今度は私が義母を喜ばせる番です(^ ^)


| コメント(0) | top▲




飼主のCT検査結果 ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/07/14

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして1年2ヶ月が過ぎました。


先月撮影したCTの結果は問題ナシでしたヽ(´∇`*)ノ
大丈夫と思いつつ、診察室に入ってすぐエコーだったので
結果を聞くまでちょっとドキドキでした(;^_^A

エコーもリンパ節郭清した左側はもちろん、
首の右側もいつもよりじっくり時間をかけて見てもらい、
こちらも異常ナシ!

4ヶ月前の血液検査の結果も数値が安定しているらしいので
(数値は教えてもらえないみたい。問題ないよとだけアッサリ汗)
薬も今までと同じチラーヂンSを150のまま続けることになりました。


最後に発声時間を計って診察終了。
この日の発声時間は29秒で普通の人と同じで問題なし、と言われました。
ちなみに去年11月は16秒だったのでかなり伸びてます♪

声に関しては左側の反回神経麻痺からほぼ元に戻ったので
(乾燥すると掠れやすくはなったけれど)
私と同じように反回神経麻痺になった方の励みになるんじゃないかな♪

声のリハビリについては医師からの指導は特になく、
ネットで同じ症状の方のブログ等を参考にして、
無理のない範囲で声を出して、毎朝歌って鍛えました。
筋肉は使わないと衰えてしまう、ということを入院して実感したので
声も同じなんだと思います。


あと、今回の手術体験で感じたのは
手術の技術や投薬治療は甲状腺外科医の得意分野だけど、
リハビリや術後の症状の改善、メンタル的なケア等は
あまり期待できない分野だな、ということ。

甲状腺外科と違う分野については
同じ病気の方の体験談がとても参考になりました。

私は今経過を診てもらっている医師に対しては
ベテランだし技術的には信頼しているけれど、
それ以外のことは頼れないと割り切って診てもらっています。
欲を言えば、質問しやすいもう1人の担当医に診てもらいたいけど
日程のタイミングが合わないので仕方ないですね(。-_-。)


次回の検診は4ヶ月後になりました。


キッチネッテでランチ♪
いつもの友人Oやんとキッチネッテでランチ♪

ここの内装は尾道U2も手掛けた建築家で、
店内に建築関係やインテリア等のオシャレな雑誌が置いてありました。
各テーブルにスマホ用の電源コンセントがあるので重宝します。

私達の会話の内容は自分と親の健康についてがほとんど。
20年以上の付き合いだけど、会話の内容も随分と変わったなぁ(;^_^A


| コメント(0) | top▲




飼主のCT検査 ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/06/17

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして1年過ぎました。


先週は術後初めてのCT検査。
肺転移がないかの確認に毎年1回検査をする事になっています。
いつもの定期検診は別館だったので、
約1年振りに本館へ行きました。

CT室は手術室と同じ階にあるので
何となく落ち着かない気持ちで名前を呼ばれるのを待っていると、
館内放送で聞きなれた音楽が…。
入院患者に向けたお昼ご飯の配膳を知らせるアナウンスでした。

まだ11:30なのに、もうお昼ご飯?!
と、入院した時もびっくりしたなぁ〜とちょっとしみじみ。
また食べたいとは思わないけど(汗)入院中はとてもありがたく
術後2日間以外は美味しくいただきました(^人^)

と、ぼんやり物思いに耽っていると名前を呼ばれ、
1年振りにCT室へ入って上半身を撮影してあっさり終了。


本当は1週間後に結果を聞きに来る予定が
遠方なのと仕事を休む調整がうまく取れず、
1ヶ月後に予約を取りました。

もし最悪、肺に転移の疑いがあったとしても
甲状腺乳頭ガンは進行が遅いので緊急性は低いというのもあって、
先生よ都合がつかないなら仕方ないですね、
と了解してもらえました。


この検査や毎朝お薬を飲む以外は
術前と全く変わらない生活を送っています。
あとは日頃から無理をしない、がんばり過ぎないようにして、
ゆったりとした日々を送るように心がけています(^.^)


市内でランチ♪
検査後に広島市内で友達とランチ♪

今回はいつもの友人ではなく、
病院の近くに住んでいるお友達と1年半振りに会いました。
ヲタクの話、愛犬・愛猫の話、健康の話と盛り上がって
また再会を約束して別れました。


癒しの福ちとお花♪
今の私の癒し、福ちゃんと植物たち♪

最近は愛犬だけでなく植物たちのお世話にも励んでます。
中にはほとんど枯れて悲惨な状況だった植物もあったけど、
ちゃんと手をかけたらメキメキと蘇ってきました。

生命力ってスゴイ!
パワーもらってます☆


| コメント(0) | top▲




術後1年経ちました ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/04/28

甲状腺乳頭ガンで4/28に甲状腺全摘・リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして1年が経ちました。


無事に1年、特に問題もなく体調良好で過ごすことができました。

私は社会人になってから多忙な日々を過ごし、
性分もあってかなり無茶をしてきたので(汗)
病気になったことをきっかけに再発予防も兼ねて、
少しゆったり過ごすように心掛けてきました。
おかげさまで術前と変わらない生活を送っています♪

今日は手術前後から今までの症状をまとめてみました。


声の症状
術前とほぼ変わらない声に戻りました。
高音も出ますが、術前と同じ高さまで出ているのかは不明。
歌も家の中では普通に歌えますが、カラオケはまだ試していません。
大きな声や叫び声も出て術前に戻りました。

術前と変わったのは、
●乾燥すると声が掠れるようになった。
●全体的に喉が弱くなったのか、たくさんしゃべると少し掠れる。
●掠れてもすぐに回復する。

術前の喉のイガイガした不快感と声の出にくさは、術後から今まで全くなし!
やっぱりあの不快感は反回神経にガンが巻き込んだ時の自覚症状だったと確信しました。


飲みこみ
術後すぐから飲みこみ難さは全くなかったのはラッキーでした。
でも、術後2ヶ月くらいは頻繁にムセていたのが、今は嘘のように全くムセません。
今年1月に寝ている時に唾液が気道に入ってムセたのが最後です。
薬を飲みこむのも上手になりました♪


首の症状
術後は首に触っても感覚が全くなく皮膚も固かったのが、
今は感覚も戻って首全体が柔らかくなって元に戻りました。
リンパ節を郭清した左側だけほんの少し痺れが残っている程度。

術後すぐから首の左側の皮膚にぶつぶつが出るようになって、
今も時々ぶつぶつが出ます。
右には出ないので、これもリンパ節を郭清したせいかな?

リンパ節郭清と言えば、顎の下と首の浮腫み。
これも今はなくなってスッキリしました。
ちなみに私の場合、郭清したリンパ節は10ヶ所です。

首の動きは完全に元に戻っています。
これは退院してから毎朝続けているラジオ体操のおかげ♪
全身のリハビリにもなるからおススメです。


傷口
右側半分はほとんど目立たなくなりました。
真ん中が一番治りが遅く、ここだけが触ると少し痺れます。

2015/4/28 術後一年の傷口
さっき撮影した傷口

唾を飲み込むと、傷口の下側の皮膚が引っ張られて
特に傷口の真ん中部分が突っ張った感じがします。

この画像では分かり難いけれど、
甲状腺と左側の筋肉を取っているため首が細くなってしまい、
浮腫みもなくなったことで更に細く筋張ってしまいました。
老けて見えるし、傷口が目立たなくなってもスカーフは手放せないかも。汗


でも、全体から見たらそんな事はたいした事ありませんね~。
生きて今まで通りに暮らせるだけでも本当にありがたいです。
手術から時間が経って感謝の気持ちが薄れてしまったけれど(汗)
こうして記事にまとめてみたら、退院した時の感動が蘇ってきました。
たまには振り返ることも必要ですね☆

今夜は夫婦で久し振りにビールで乾杯!
ただ今、ホロ酔いでございます~♪^^


| コメント(2) | top▲






| Top | Next