Top | RSS | Admin

2005.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2005.12


recent entries



「死」の現場の声より ++++++++ 日記・エッセイ

2005/11/24

ここ最近は、ネット以外の時間を意識して大切に過ごしています。
ネットの溢れる情報や、調べる道具しての便利さは感じるものの、
そこから得る情報だけでは偏りを感じていたので本を読んでみたり、
家族や友人達と過ごす時間をより多くとってみたり。

今日は、そんな時間を利用して読んだ本をご紹介したいと思います。
隠された風景

 隠された風景―死の現場を歩く

第一部 ペットの行方
第二部 肉をつくる
第三部 遺書を読む

という構成で、ペットが処分されている現場、家畜を処理する屠殺場、自殺者の遺言書と、それぞれの「死」に直面した人々の視点で書かれた本です。

これらの「死」は私達の生活の身近な所で起きている現実です。
非常に身近な問題であるにも関わらず、それらの「死」を身近に感じないように巧みに隠されています。
それは私達が望んできた事であり、意識的に目をそらしてきた事でもあります。
でも、その隠されてきた事の中に、私達が絶対に忘れてはならない事も一緒に隠されているんだ、と気付かせてくれます。

決して心地の良い内容ではないのに、
様々な場面と現場の声が胸に突き刺さってくると言うのに、
読みやすい文章に引き込まれてあっという間に読んでしまいました。
ここで取り上げている現場に対して、少しでも偏見と先入観がある方には、ぜひ読んでいただきたい本です。

この本を読んで思い出した事がありました。
→ 続きを読む

スポンサーサイト



テーマ=オススメの本の紹介 - ジャンル=本・雑誌

| コメント(14) | top▲






| Top |