Top | RSS | Admin

2011.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2011.05


recent entries



福ちの健康診断 ++++++++ 愛犬の健康と病気

2011/04/30

福ちに沢山のコメントと拍手を
ツイッターからも祝福コメントをありがとうございました!(*^-^*)


昨夜はヘムがいた時と同じように、福ちのベッドの横に布団を敷いて寝てみたら、
朝まで自分のベッドで静かに寝てくれました♪

2011/4/29 モデル犬には程遠い福ち♪

そして、今日は早速お留守番を経験した福ち。
2時半頃に帰宅すると、サークルの中でお座りして尻尾振ってました!
耳の毛は乱れていて寝ぼけた目をしていたから寝ていたみたい。^^

偉いぞ!福ち!!!

褒めまくって抱きしめて、感動の再会(笑)を果たした私たち。
その後、福ちはさとちの元へダッシュ!
そこでもしっかり褒められてご満悦でした~♪

か、かわいいぢゃないかっ!(≧∀≦)コノヤロウッ!


おっと、本題を忘れる所だった( ̄∀ ̄)ゞ

感動の再会を果たした後、福ちを連れて動物病院へ行って来ました。

→ 続きを読む

テーマ=ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | コメント(8) | top▲




ヘムち家に福来る ++++++++ 福ちな毎日

2011/04/29

今日は朝から、またまた岡山へ行って来ました。
最近、何かと岡山と縁がある私♪


今回は2日前に突然決まった岡山行き。
本当は特に予定を入れず、のんびり過ごすつもりだったけど
そうも言ってられない事情が発生。

10:00には岡山市内に到着して、
待合せしていた方とお会いして慌ただしく10:40にはお別れして帰路へ。


2011/4/29 この子は誰?
帰りの車の中で撮影。


あれれ!?ヘムち???
→ 続きを読む

テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | コメント(10) | top▲




犬が人を変える ++++++++ ヘムちありがとう

2011/04/27

犬と暮らしてから変わった人っていますよね。

私の周りで言えば、犬が苦手だった母と祖父(母の父親)。
この2人がもの凄く変わりました。


母は広島へ引越して来た時に初めて犬(ロン)と暮らしたのですが、
それまでは動物なんて全く興味なし。
犬の習性もなーんにも知らなかったのに、
意外にも扱いが上手で、結局一番ロンの面倒を見てくれました。

それからは私たちが忙しい時はヘムを喜んで預かってくれたし、
親戚のよく吠えるパピヨンを
「うるさい子だねぇ~」
なんて言いながら、いつの間にか懐かれて可愛がっていました。笑

兄の家へ孫の面倒を見に行った時も、兄家族のチワワを
「まったく落ち着きのない子!」
とバッサリ切り捨てた言い方をしていたのに、
一週間、毎日お散歩へ連れて行ったと言うからびっくり。
何だかんだ言って懐かれて可愛がっているみたい。笑


祖父は小鳥を飼った事はあるけど犬猫は苦手。
一緒に暮らしているおじさん家族が犬を飼った時も
大反対をして犬には絶対に触らなかったのに、
オヤツを与えて手懐けたのか(笑)いつの間にか可愛がっています。


ここまでガラリと変化はしていないけど、さとちも結構変わりました。
特に変わったと思ったのはヘムが亡くなった2日後のこと。

さとちが空っぽのヘムのベッドを見ながら
「寝たきりになっても生きていてほしい!って思うもんなんだな…。
 何も出来なくなっても、生きてくれさえすればよかった。」
と言ったのを聞いて、私も思わず
「そう!例えそれが飼主のエゴだったとしても、生きてほしいんだよね!」
と、2人で大きく頷き合いながら涙を流したっけ。


実はさとちはヘムが心臓弁膜症と診断された時は、
これも運命なんだから投薬はしなくていい、という考えでした。
そこを私が必死に説得してお薬を飲む毎日が始まりました。

その後も、ヘムの具合が悪くなる度に
すぐ病院へ連れて行こうとする私にいい顔をしなかったし、
ドライに安楽死を受け入れることも言ってたんです。

そんなさとちが「ヘムに生きてほしい!」と
キッパリと口にしたのは初めてだったような気がしました。


2011/1/15 抱っこされるヘムち♪
2011/1/15 ヘムを抱っこしたまま撮影。

寝たきりになってから甘え鳴きするようになったヘムち。
この時は抱っこしたら安心したのか静かになりました。^^


ヘムは私よりも、さとちの心に大きな変化を与えた犬でした(^_-)☆



いのちのパネル展 特設ウェブサイト あなたのお家はどこですか?
いつも拍手とコメントありがとうございます(*^_^*)


テーマ=ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




岡山駅地下街でスイーツ♪ ++++++++ 食とお酒

2011/04/25

昨日は久し振りに岡山へ行って来ました。
広島駅まで出るのと全く同じ時間で行けるので、
気軽に行ける街なんです♪


岡山ではいつも同じカフェへ行くので、
たまには別の所へ行ってみようと
駅前の地下街をうろうろして見つけたカフェがここ↓

2011/4/24 signe一番街店♪
signe(シグネ)一番街店。
店構えのショーケースに並ぶ苺のケーキが圧巻!

倉敷の苺を使っているのと
岡山の桃のドリンクもあると知ってここに決定。

テイクアウトショップだと思っていたら、
ショーケースの横に小さな入口があって奥に客席がありました。
なかなかユニークなインテリアで若い女性で賑わっていました。

→ 続きを読む

テーマ=スイーツ - ジャンル=グルメ

トラックバック(0) | コメント(2) | top▲




やっと一人前 ++++++++ ヘムちありがとう

2011/04/22

前回の記事に沢山の拍手ありがとうございましたm(_ _)m
泣きながらUPしてよかったですぅ。エヘヘ…


ヘムブログを見てくださる方は老犬の飼主さんが多いせいか、
今年は沢山のヘムのお友達が旅立った気がします。

このブログにも名前が出るリクくん(広島DP出身)と
介護セミナーのレポートで紹介したくーちゃん(@ばにびん日記

も先月、静かに息を引き取りました。
リクくんはお母さんの手のひらに顎を乗せて、
くーちゃんはパパとママに見守られて…。


その他にも愛犬を看取った方々からコメントもいただきました。
大変な時にお知らせ本当にありがとうございました。

あれからみんな、どうしているかな…元気ですか?
このブログが少しでも役に立っていたらいいな。


コメントいただいた数名の方が、安楽死を決断したことを後悔されていて
ご自分のことを責めていたのがとても気になっています。

私はヘムが最後に肺水腫になって苦しそうだったのを見たので、
あの状態が長く続いていたら、とても耐えられなかったと思います。
たまたまヘムに水をあげた事で苦しみから解放させる事ができたけれど、
水をあげる決断も「これでヘムは死ぬかもしれない」と迷いがあったし覚悟もしました。


ヘムの心臓が止まったのを確認したあの時、
自分がヘムを殺したような気がしたっけ…。

と同時に、ヘムを苦しみから解放させる事ができて
正直に言うと「ホッとしました」…。


安楽死を決断しないといけない状況だったという事は
きっとかなり切羽詰まっていたんだと思います。
苦しみ、痛みから早く解放させてあげたい、と思う事は
悪い事じゃないし、当たり前のことだと思います。

どんな最後を迎えても後悔は残ってしまうものかも。

私もヘムには眠るように静かに息を引き取ってもらいたかった。
まさか、あんなに壮絶な最期を迎える事になるなんて思わなかったし
思いたくなかった…と言うか…。
介護生活中は「今を生きてくれているだけでよかった」。


上手く書けないのだけど><
どうかご自分の決断を責めないでくださいね。
そんなにも責めてしまうほど愛情を注いでもらえた子たちは
間違えなく幸せ者です!断言しますっ!!!


いつだったかツイッターで見かけたのですが、
「飼い主は愛犬を看取って一人前になる」
と言われるそうですよ。

それはきっと、どんな最後を迎えたとしても。


2011/4/22 撮影日不明のヘムち♪
去年の撮影日不明のヘムち。


ヘムちのおかげで、私たちはやっと一人前になれたのかなぁ。(^-^)v



いのちのパネル展 特設ウェブサイト あなたのお家はどこですか?
いつも拍手とコメントありがとうございます(*^_^*)


テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | コメント(2) | top▲




ヘムが我が家に来た理由 ++++++++ ヘムちありがとう

2011/04/19

以前、友人が「レトリーバー」という雑誌の一部をコピーして
送ってくれた事があるのですが、
その中でも「犬は死をどう考えているの?」というコラムが目を引きました。

内容は、
●犬は【死】を知っているのか?
●犬は自分の死をどう受け止めているのか?
など動物病院の先生の実体験を紹介していました。

犬が本当に【死】を理解しているかは科学的に証明は出来ていない、
とした上で、沢山の犬の死に立ち合った動物病院の先生は、
彼らは【死】を知っていて、自分の死期も感じ取っているようだ
というご意見でした。


私もヘムを看取って同じように感じたし、
私たち人間よりも犬の方が、生死といった本能的な自然の掟に敏感な気がします。


実際に犬は自分の死期を感じ取った時、素直に受入れているようです。
痛みなどで苦しみもがくことはあっても、
基本的には鳴いたりわめいたりしない、
「その時」が来るまで耐えて我慢する事が多い、と書いてありました。
(著作権の問題があるので、文章は変えています。)


ヘムは3年前に肺水腫の発作で危険な状態になった事があります。
あの時は「まだ頑張れる!」と思っていた私たちの期待に
ヘムも堪えてくれました。

薬のおかげもあったけれど、
私たちが諦めていたら、あの時に亡くなっていたかも…。


死期をはっきりと感じたのは、
それから2年2ヶ月後の亡くなる3日前。
ヘム自身も食べる事を拒否し、下痢が止まらなくなり、
自分の体が死を迎えつつある事を感じ取っていたような気がします。


亡くなる1時間前からクンクン鳴いていたのは、
苦しさよりも甘えていたんじゃないかな…。
撫でるとすぐに鳴き止んだし話しかけると大人しくなったし、
そばにいてほしかったんだと思います。


2010/7/11 ご飯待ちヘムち♪
2010/7/11に撮影したヘムち。


ヘムは亡くなる寸前、この画像のような笑顔を見せてくれました。
お水を与えようとした時、それまでの苦しそうな形相から
顔中が一気に輝いて活き活きしたのを見て
嬉しくなったのをハッキリと覚えています。

でも、ヘムちはお水を飲む事はできなかったけれど…。ヘムちぃ(T_T)


犬は人を喜ばせるために、この世に生まれてきた。
その使命を終えたら去って行く。



ヘムちは私たちを喜ばせて、その使命をちゃんと全うして行きました。

あれからヘムの気配すら感じないけれど、
きっとヘムには思い残すことがなかったんだろうね。



いのちのパネル展 特設ウェブサイト あなたのお家はどこですか?
いつも拍手とコメントありがとうございます(*^_^*)


テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | コメント(7) | top▲




これぞ、正統派のお花見 ++++++++ 日記・エッセイ

2011/04/17

ヘム地方の桜は散り始めているけれど、
仙台市は今がちょうど満開みたいです。

仙台にいる友人りゅうさんがお花見の画像を送ってくれました♪


2011/4/17 先代の桜とまりんこちゃん♪
笑顔爆発の愛犬まりんこちゃんと仙台市民の皆さん。


お花見の名所「榴岡公園」で今日撮影。
露店も十数店出て、数千人の人出で賑わったそうです。
もうひとつの名所「西公園」も大勢の人手だったとか。

仙台の皆さんの元気そうな様子に嬉しくなりました♪
りゅうさん、ありがとうございました。(^-^)


私も昨日、地元でお花見を楽しみました。
散り始めの桜も風情があってとーってもキレイでしたよ!
→ 続きを読む

トラックバック(0) | コメント(2) | top▲




痛い!小指にダメージ ++++++++ 失敗談

2011/04/16

日曜日に友人のOやんの家へ行った時、災難に遭いました。><


ヘムのイラスト色紙をプレゼントしたい、と言ってくれて
それはもうウキウキワクワクでOやんの家へ向かいました。

色紙を見て2人で「可愛い~vvv」と笑いながら大はしゃぎ。
そして、大盛り上がりでおしゃべりをしながら
Oやんが座っている椅子の後ろを通りすぎて、
右足を前に出した所で足の小指に衝撃がっ!!!


いったーーーーーーい!!!(≧□≦;)うぎゃーっ!


少し出っ張っている壁の角っこに、思いっきり足の小指をぶつけてしまいました。泣

あまりの痛さにうずくまって声にならない痛みと闘う私。
「痛い!」と言いつつ、なぜか声が笑いで震えてしまうのはナゼ?汗

Oやんもびっくりしながらも
「分かる!分かるよ!私も同じ所で小指打った!痛いよね!!!」
と、半笑い。


まだ痛みにもだえていると、
「40過ぎると痛みをモロに受けるのよねぇ。」
と、同情するOやん。
まだ40過ぎてないわよ!と思っても、
痛くてヒーヒー言う事しかできない私。泣笑


痛みにもだえながら、ふと横を見ると…


2011/4/13 ヘムち不調?
デーーーン!とヘムちの顔がっ( ̄∀ ̄;)

「大丈夫?大丈夫?」
とOやんが↑のヘムのイラスト色紙を持って慰めてくれていました。(≧∀≦)アハハ


そそっかしい私はヘムが生きていた時も
何回か自宅で足の指をぶつけていました。汗

「痛い痛い!><」と一人で騒いでいると
必ずヘムが飛んでやって来て、私の周りでウロウロオロオロ。
その様子がおかしくて泣き笑いしていたっけ。


2011/4/15 小指にダメージ><
あれから5日。まだ小指は少し腫れています。


最初の2日間は痺れる痛みがあってまともに歩けなかったけれど、
3日目から普通に歩けるようになりました。
でも、5日経った今も靴を履くと少し痛いのはおかしいかなぁ。
少し腫れているし、骨にヒビが入っていたりして。汗


お見苦しい足をお見せしたので
目の保養に最後にヘムの写真を。


2011/4/13 2010年4月のヘムち♪
去年の今頃のヘムち。私の布団でちゃっかりねんね♪


ヘムち、相変わらずおっちょこちょいな私を笑って見てるかなぁ(^-^;



いのちのパネル展 特設ウェブサイト あなたのお家はどこですか?
いつも拍手とコメントありがとうございます(*^_^*)


テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | コメント(3) | top▲




桜とヘムちと友人と ++++++++ ヘムちありがとう

2011/04/13

先週末に提出して仕事がひと段落したと思ったら、
今週も引き続き忙しくて既にヘロヘロ。汗
疲れているから花粉症も酷くて、今日も沢山くしゃみをしました。

今月いっぱいの我慢だわ!><


2011/4/9 広島市内の桜♪


画像は先週末に撮影した広島市内の満開の桜。
左手が太田川。正面左側に延びているのが相生橋。
桜に隠れて見えないけれど、左手奥に原爆ドームがあります。

土手にはお花見を楽しんでいる人がたくさんいました(^-^)

実はこの道、10年ほど前の通勤路なんです。
ここを通ってバスセンターまで歩いて、
そこから高速バスで約1時間半かけて帰っていました。
若かったなぁ…( ̄∀ ̄)


先週末は友人のOやんからプレゼントをもらいました。
(仕事の提出、実家に宿泊、呉センター、友人と待合せ…忙しい週末だったなぁ。汗)


2011/4/13 ハートヘムち♪

ジャーン!ヘムちのイラスト色紙!!!
きゃわゆ~いvvv(≧∀≦)

Oやんが知り合いのイラストレーターさんに描いてもらったそうです。
額を買ったらちゃんと入れてリビングに飾らなくちゃ♪


2011/4/13 素っ頓狂顔ヘムち♪
去年4月に撮影のヘムち。


Oやんはヘムの事を「あなたの子供」と言って可愛がってくれました。
一緒にたくさんお出かけしたし、毎年お花見も行ったなぁ~。
私のお友達にたくさん可愛がってもらったヘムちは幸せ者だね!


今年の桜の季節は寂しいけれど、楽しい思い出のおかげでシアワセです♪
ヘムを可愛がってくださった皆さん、本当にありがとう(*^_^*)



いのちのパネル展 特設ウェブサイト あなたのお家はどこですか?
いつも拍手とコメントありがとうございます(*^_^*)


テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | コメント(3) | top▲




1年3ヶ月振りの呉市動物愛護センター ++++++++ がんばる!動物愛護センター

2011/04/11

今日も東日本で大きな余震がありましたね。
あれから調度1ヶ月…。
地震に原発とストレスの多い日々で、東日本の皆さんの健康が心配です。
どうか、1日も早く穏やかな日が戻りますように!><

***********************

昨日は実家から呉市動物愛護センターへ少しだけ立ち寄りました。

本当は午前中に到着する予定が実家を出発した時点で遅れて、
更に途中で2回ほど道を間違えてしまって、到着したのが12時半過ぎ。汗
結局、1時間しかセンターに滞在できなくて、
成犬1頭のお散歩と、譲渡対象犬の迷子札を装着する作業しかできませんでした(^-^;

最後に呉センターへ行ったのは去年の正月休み。
約1年3ヶ月振りでした。


2011/4/11 1年3ヶ月振りの呉センター


センターの駐車場に到着して一番最初に目に入ったのが鶏スペース。
所長が作ったそうです。素晴らしい~!

それまでの鶏たちは目立たない狭い場所にいたので、
職員さんにも忘れらてしまいそうな存在でした。泣
それが、広々として事務所からすぐに見える場所に移動できて本当によかった♪


2011/4/11 1年3ヶ月振りの呉センター


センター前の広場には譲渡対象の成犬たち6頭
(内1頭は近所に譲渡されたはずなのに迷子で戻って来てしまい、
 飼主さんへ連絡をしたのに迎えに来ないとか…どうなってんの?!><)
が繋がれてお散歩を待っていました。

みんなどの子も人懐こいです。
人を大好きなこの子たちを裏切らず、
最後まで大切に育ててくださる方とご縁がありますように。


「かわいい」「かわいそう」という一時の感情で動物を引取る事は
本当に止めてほしいです。><

病気になっても、介護が必要になっても、
その命が燃え尽きる時まで面倒をみないといけないんです。
その覚悟が持てないのであれば、動物と暮らす事は諦めてほしい。

残念ながら「助けたい!」とセンターから動物を引取った人が
途中で諦めてしまうケースがあるんですよね…。


2011/4/11 1年3ヶ月振りの呉センター


昨日は天候もよく来館者がとても多かったのですが、
もらわれたのは子犬1頭のみだったそうです。


私がお休みしていた1年3ヶ月の間、
ボランティアの皆さんが諦めず続けてきた成果を
あちこちで発見することが出来ました♪

私がヘムのお世話に専念できたのは、みんなのおかげです!
また無理のない範囲で、呉ボラにも参加しようと思います。

そして、新しいボラさんが増えていたのも嬉しかったなぁ。
もっと多くの方に動物愛護センターに来ていただきたいです。
自分の町、県で何が起きているのか知ってください。


行政とボランティアの連携は今後もっと必要になってくると思います。
動物の問題は人の問題であり、社会の問題です。

***********************

呉市動物愛護センターの収容動物の情報です。
一度もらわれて迷子でまた収容された梅子ちゃんの記事、
体験ボランティア募集の記事もこちらに掲載されています。

■「あなたのお家はどこですか?」呉市動物愛護センターのカテゴリー
http://hiroshimapet.blog109.fc2.com/blog-category-13.html



いのちのパネル展 特設ウェブサイト あなたのお家はどこですか?
いつも拍手とコメントありがとうございますm(_ _)m


トラックバック(0) | コメント(2) | top▲






| Top | Next