Top | RSS | Admin

2014.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2014.06


recent entries



丸刈り福ちにご褒美♪ ++++++++ 動画なヘムち&福ち

2014/05/24

日に日に夏に向かって暑くなってきましたねー。

福ちゃんの毛が伸びて暑苦しくなってきたので、
今日は自称カリスマトリマーが全身丸刈りにしました。


2014/5/23 テンションダウンした福ち♪
洗面台に乗せると状況を察してテンションダウン^^;


そして、約2時間後に久々に丸刈り福ちの出来上がり~♪♪♪


2014/5/23 丸刈り福ちゃんにご褒美♪
オモチャよりご褒美のオヤツが欲しい福ちゃんw


顔も体もちっちゃくなった分、目がますます大きく感じるねぇ。
でも、まずまずの仕上がりだと自画自賛w


今日は長時間がんばってくれたから
ご褒美のじゃこ天サブレを大奮発!

その時の動画です↓↓↓



■2014/5/23 丸刈り福ちゃんにご褒美♪
http://youtu.be/LLYLzP2JE04


自分の声を手術後に客観的に初めて聞いたけど、
術前とほとんど変わらない…と言うか同じでした。
最近、声が掠れて思うように出ないと思ったら突然大きく出たり、
自分の声がどんなだったか分からなくなっていたんです。汗

少し裏声を出すように意識すると声が出やすいと気付いて、
特に仕事では意識しているのだけど、
それでもどんどん声が掠れて小さくなってしまいます。

それが、福ちゃんへ話しかける時は自然と声が出やすくなるので、
福ちゃんへは無意識に声のトーンが高くなっているのかも?


自分の声に福ちが反応しているだけの動画だけど、
こんな些細なことでも嬉しい~と、しみじみ感じる日々を送っています♪^^



広島県の動物たちのお家をさがしています。
あなたのお家はどこですか? いのちのパネル展 特設ウェブサイト
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ


| コメント(0) | top▲




嬉しい来客 ++++++++ 日記・エッセイ

2014/05/22

ここ最近、私の近況ばかりで恐縮です~。汗

リハビリ兼ねて仕事復帰してから今日で10日目。
入院前のように体が動くようになって、
今は普通に、かつ、ゆったりと仕事をしています♪

声が掠れても電話応対はできるし、
首の傷を隠すためにこの季節にハイネックを着ている以外は
ほとんど不自由を感じることなく生活できるので感謝の毎日です(*^^*)


そして今日、両親が用事がてら職場へ寄ってくれました。
私たちも早く仕事を終えて両親を乗せて軽くドライブがてら世羅町へ。


2014/5/22 世羅町へドライブ♪
初夏の気配のする風景♪


2014/5/22 改築した民家♪
父が仕事で改築設計した民家をたずねました


2014/5/22 改築した蔵♪
蔵を改築したゲストハウス。青空と白壁のコントラスト!


日射しが強く暑かったけど、日陰に入ると田舎の空気は気持ちイイ~♪
入退院騒動でお世話になった両親に
少しでも親孝行しようと旦那も家族サービスにガンバッてくれました。


その後、両親を自宅へ連れて行くと福ちゃん大興奮!
2週間も一緒に暮らしていたから、じぃじとばぁばとの息もピッタリ☆
福ちゃん大はしゃぎで家の中を走り回って
お気に入りのオモチャをピーピーキューキュー慣らして大歓迎でした。


2014/5/22 じぃじとばぁばに大歓迎♪
じぃじとばぁばが他の事をしても、福ち独りでまだ歓迎中w


夜ご飯は尾道らーめんを食べに行って、
両親は母の運転する車で帰って行きました。
家に帰ると福ちはオムツにしっかりおちっこしてましたぁ(^-^;


2014/5/22 お疲れ福ち♪
あっという間に帰っちゃったけど嬉しかったね~♪


私が元気に働いている姿を見て親も安心したようだし、
少しは親孝行できたかな?

福ちゃんもお疲れさまでした。^^



広島県の動物たちのお家をさがしています。
あなたのお家はどこですか? いのちのパネル展 特設ウェブサイト
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ


| コメント(0) | top▲




入院が決定するまで ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/05/21

4/8に細胞診検査の結果が出て、甲状腺乳頭癌と診断されてからの続きです。


これまでの経緯は以下の記事に記録しています。
◼︎自覚症状から診断まで 前編
http://hemhem.blog6.fc2.com/blog-entry-1954.html
◼︎自覚症状から診断まで 後編
http://hemhem.blog6.fc2.com/blog-entry-1955.html


【4/8 地元の総合病院で】

検査をした総合病院では手術が出来ないため、
広島市内にある土谷総合病院に紹介状を書いてもらいました。

土谷総合病院は実家の母が近所で親しくしている
耳鼻咽喉科の開業医の奥さんにお勧めしてもらった病院。

尾道の自宅からちょっと離れているけど、
私達夫婦それぞれの実家が広島市なので、
迷惑をかけるけど親に甘えさせてもらうことに。


そして、すぐに病院から旦那と実家へ電話して、
土谷総合病院の受診日を予約するための日程を調整。

病院側の都合と合わせて4/17の9:00~予約が取れました。

母が病院へ付き添ってくれることになり、
旦那は仕事を休まなくて済んだのも助かりました(^ ^)


【4/17 土谷総合病院の外科で初診】

いかにもベテラン!な雰囲気を漂わせている先生に首を診てもらった途端、
「あぁ~これは典型的な甲状腺癌の転移した症状ですね。」
とアッサリ言われて思わず苦笑(;^_^Aこの半年の時間はいったい…

エコー検査では念入りにグリグリされながら、
「これは左側にかなり広く転移してるねぇ~…」
と、言われて沈んだ気持ちに追い打ちをかけられました_| ̄|○

ここで先生におずおずと
「あのぉ~、細胞診検査はもうしなくてもいいですよね?」
と一番気になっていたことをたずねてみると、
私が持って来た紹介状の資料に目を通し、
「クラスⅤ(悪性)ですか~。だったらもう細胞診する必要はないですよ!」
と明るく言われて、ホッとしつつもちょっと複雑な気分に。汗


次は病院内の耳鼻咽喉科で受診。
声枯れや咳、喉の不快感といった自覚症状が時々あったため、
癌が声帯を動かす神経まで転移していないか声帯の確認です。

鼻からカメラを入れて、先生の指示通りにイ~とかエ~と発声。
その時の喉の中の動きを見ると全く問題なし!
この半年で3回目のカメラだけど喉の中はキレイで異常なし、
と診断され続けたのに、まさかの甲状腺癌だなんてねぇ(^-^;


そしてまた外科のベテラン先生で受診。

今のところ声帯は問題なく動いているが、
首の左側のリンパ節へ転移が進行しているため手術が必要で
一旦、帰ってご家族で入院日の相談をされますか?

と先生が最後まで言い終わらない内に
「今日ここで決めて帰ります!」
と、身を乗り出して断言したのは母でした。爆

内心たのもしい~!!!と母を絶賛しつつ、
「出来るだけ早い日でお願いします!」
と家族全員一致の希望を伝えて
トントン拍子に4/28(月)手術、25(金)入院に決定!


通常は手術の前日に入院するそうですが、
月曜日の手術の場合は土日に手術前検査ができないため
病院側の都合で金曜日に入院となってしまうそうです。

それでも一番早く空いてた手術日が28日だったので即決し、
そのまま担当医師(30代くらいの美人先生!)による問診後、
入退院センターで詳細な説明を受けてから
胸部X線、肺活量、心電図、血液検査を一気に済ませました。


最後に念のため、肺まで転移が進行していないか不安だったので、
造影剤CT検査を希望して入院前日の24日に予約。

一通り終わって病院を出たのは午後2時を回ってました。


2014/5/12 大はしゃぎな福ち♬
さぁ福ちゃん!これからが試練の時だよー!


手術日が決定した途端に気分スッキリ!!!
それまで緊張していたのが嘘のように気持ちが軽くなりました(*´∀`*)

実は、癌の疑いを診断された3月末からお腹を下してしまい(汗)
細胞診検査で左鎖骨上にも転移していると言われてからは
左腕が痺れるような感覚(多分気にし過ぎ^^; )が続いていたのが
この日を境に、下痢も痺れもなくなりましたヽ(´∇`*)ノ

精神的にも落ち着いたのが自分でもハッキリ分かって、
入院に向けての準備や体調を整えることに集中できました♬


次回から入院前の4/24の過去記事を更新して行きます。


| コメント(0) | top▲




自覚症状から診断まで 後編 ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/05/19

続きです。


去年の診断では「側頸のう胞」の疑いと診断され、
ネットで色々調べて経過次第では手術もあり得るんだな…
と、この時から入院や手術の心構えは一応していました。

ここまでが去年末の出来事で、
約3ヶ月後の今年3月末まで特に症状もなく、
のう胞の大きさにも変化はありませんでした。


そして、3/25に3ヶ月後検診に病院へ。
すると先生が変わっていて、のう胞の大きさの変化を
もっとハッキリ把握するためMRIを撮ることになりました。

この総合病院の耳鼻咽喉科の先生は
3ヶ月ごとに変わることをこの時初めて知りました(;^_^A

とりあえず2日後の27日に頭部MRIを撮影したところ、
初めて甲状腺に2.4cmの大きなしこりが発見され、
当初疑われた側頸のう胞とは違うものだと説明されました。

そして、ここで甲状腺癌の可能性を指摘されたけど、
まさに青天の霹靂!


がん? ガン? 癌???( ̄◇ ̄;)ええええ~?!


良性か悪性か調べるためにもエコー検査と同時に
細胞診検査もする必要があること、
これ以上しこりが大きくなって気管を圧迫すると
呼吸困難にもなり兼ねないこと、
その時は例えしこりが良性であっても切除手術となること…

など先生の説明を聞いている内に
これは思っていたよりも大変なことになりそうだと
ぼんやり認識し始めました。


職場へ帰る道中、父の妹にあたる叔母(健在!)が20年以上前に
甲状腺癌で手術したことを思い出しました…。

癌になった血縁者がいないと思い込んでいたけど、
身近にいたじゃんっ!!!汗


職場に着くと昼休み中の旦那に思わず泣きついて
かなり取り乱したもののお弁当は完食(^-^;)お腹空いてね…

どうやって気持ちを切り替えたらイイんだろう~
と不安を口にしつつ、午後の仕事をしている内に
自然と気持ちは落ち着いてきました。


2014/3/28 正面を向いた時
2014/3/28撮影。正面を向いた時の首。しこり見えず。


2014/3/28 上を向いた時
上を向くとハッキリ見える。指を指した先が甲状腺のしこり。


さて、それから一週間後の4/3にエコーと細胞診検査。
(細胞診で2回針を刺したけど、1回目が痛くて軽く涙出た。汗)

4/8に検査結果を聞きに行くと、
「残念ながら、甲状腺癌の疑いがかなり高いです。」
と、パソコンの画面を見ながら先生から告知され、
それまでネットで色々調べていた私は
「あーーーーー、やっぱり!(~_~;)」
と、ガクリと肩を落としてしまいました。

しかも左上ののう胞の中に転移した小さな癌があること、
左鎖骨の上のリンパ節にも転移しているとの説明でした。


救いは甲状腺癌の中でも一番悪性度が低い
乳頭癌である可能性が高いこと。
進行も遅く、痛みもなく、予後が極めて良いと
ネットにも書いてありました。

でも、癌は癌!
放っておけばもっと転移して行くので悪い所は全て切除しないと!
と、手術に向けて頭を切り替えて行きました。


次回から手術する病院で受診、入院へと進みます。


| コメント(4) | top▲




自覚症状から診断まで 前編 ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/05/18

今回の入院、手術、治療の記録を残すため
「飼主の病気と健康」カテゴリーを作りました。

飼主の健康は愛犬の犬生を大きく左右するので
今回の出来事は福ちゃんにとっても大きな試練。
もちろん、家族としても試練の時でした。


さて、ことの始まりは去年の10月…

いえ、もっと遡ること2年前の10月。
その年の8月に大風邪をこじらせて気管支炎になり、
点滴のために通院しながら職場へ通っていました。

咳込んで眠れない日が続いて、
夜は座イスのリクライニングで頭を高くして寝てました。

やっと風邪が治った秋、今度は喉にイガイガする不快感が…。
最初は気管支炎の延長?の症状かと思っていたら、
何となく花粉症の時に感じる不快感に似ていることに気付いて、
檜とか別の花粉症になったと思い込んでました。

このイガイガ?若干チクチク?するような不快感は
咳払いをするとスッキリして気にならなくなったのですが、
この秋はやたらと咳をしていたような記憶があります。


そしてしばらく、この不快感も忘れて冬を迎え、
年が明けて杉花粉の時期に、また同じ喉の不快感がやって来ました。

この時は声を出そうとした時に声が出にくい症状も現れて、
仕事で声を出す時に軽く咳払いをしていました。

すると、すぐに声は出るようになるので深く考えず、
花粉症もしつこくなってきたなーくらいの感覚。
その後、花粉症も治まるとこの症状もなくなり忘れていました。


ところがその年の10月、また同じ喉の不快感が…。

最初に感じた自覚症状から約1年。
今度は猫アレルギーの時に感じる喉の詰まり、
ちょっとした息苦しさも感じるようになりました。

鏡で自分の首を見ると、左側が全体的に腫れているような…
旦那に見てもらっても「?腫れてないでしょ?」と気付かない様子。

でも、同じ秋だったこともあり別のアレルギーかも?
と、さすがに気になって自宅近くの耳鼻咽喉科へ受診。
そこで、首の左側の上の部分にしこり?が発見されました。


ここの先生の診断は「側頚嚢胞の疑いあり」。
すぐにMRIだ、手術だと話を進めて予約を取ろうとするので、
帰宅して旦那と相談し、別の田舎の総合病院へ変更。

すぐに総合病院の耳鼻咽喉科で診てもらうと
やっぱり同じ診断で、とりあえず細胞診検査をすることに。

のう胞の中は透明の液体で悪性のものではない、
という結果に先生と一緒に大喜びして気持ちよく年末を迎えました。
(今思うと完全にぬか喜び…;^_^A)


急ぐ必要はないから、と3ヶ月後にエコー検査の予約。
気になる喉の不快感もすぐに無くなり、
これは首ののう胞とは無関係と診断され
様子を見ることになりました。

今思うと、この時エコー検査していたら
甲状腺のしこりが見つかっていたんだよなぁ…(^_^;A


2013/11/7 首のしこり
2013/11/7撮影。

上の矢印の先がのう胞。
下の矢印の先に甲状腺のしこりが見えるけど、当時は気付きませんでした。汗
実はこの甲状腺のしこりが病気の原因でした。


長くなったので、つづく。汗


| コメント(0) | top▲




復活! ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/05/17

約1ヶ月振りのブログ更新!

こんなに長くお休みしたのは初めてかも?!
というくらい私にしては久々の更新です。

実は先月から入院、手術、今月に入って退院、
実家で一週間ほど静養させてもらって、
今週11日に尾道へ帰って来ました。


仕事も12日からリハビリを兼ねて復帰して、
昨日辺りから今まで通り体が動くようになってきました。

でも、初日はたったの2時間でダウン。汗
朝が忙しい仕事だから、いきなりフル回転で働いて
頭が圧迫されたような鈍い頭痛を感じて
控室でずーっと寝てたという(^_^;A

でも、お昼のお弁当はしっかり全部食べました。笑

2014/5/16 うんうんWALKのメンバーより♪
我が家のアイドル福ちも元気です!


福ちゃんは2週間ほど実家に預かってもらって、
じぃじとばぁばに可愛がってもらい、
退院して再会した時は実家にすっかり慣れていました。


「お父さん、私達これからもフクを預かれるわね!」
と母はすっかり自信を持って預かる気満々の様子。^^

「フクがいないと寂しいわねぇ」
とも言ってました。
昔はヘムをよく預かってくれたので、
実家ではヘムの懐かしい話で盛り上がりました。


今回、はじめての入院や手術、まさかの病気の宣告…
と色々と貴重な経験をさせてもらいました。
この記録も時間のある時、過去記事にちょこちょこ更新しようと思います。

同じ病気を前向きに乗り越えた方々の体験談やHPに
勇気をたくさんもらったので、
私も少しだけでも恩返しできたらいいなぁ
なんて考えています。^^


これからもどうぞ、よろしくお願いいたしますm(_ _)m


| コメント(6) | top▲




退院8日目(術後14日) 退院後初の外来と病理検査結果 ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/05/12

4/8に細胞診検査の結果で甲状腺乳頭癌と診断されました。
その後、トントン拍子で4/25に入院、4/28手術決定。
今回は5/5に退院した後、実家で静養していた期間の記録です。


実家を出発
朝は福ちがいないので比較的ゆったりした朝食タイム。
会話の内容は私の病状は少し、後は福ちゃんのこと。笑
先代ヘムちが派手にいたずらしたせいか大人しく感じるとか、
今思うとヘムちはデカかったとかww天国でクシャミしてるね(≧∀≦)


一週間振りの病院
朝食後、母の運転で病院へ。
雨の中ノートPCを持った移動は大変だから助かった(*´∀`*)

病院に到着すると外科待合室は大混雑。
まずは体温と血圧を測定してもらい、
また待合室でしばらく待ってから採血。痛かった!こんな時もあるサ
約1時間ほどで担当医の美人先生による診察。

まずは血液検査の結果
◼︎Ca(カルシウム)⇒10.0
◼︎TSH-HS(甲状腺を刺激するホルモン)⇒3.39
◼︎フリーT3(甲状腺ホルモン)⇒2.31
◼︎フリーT4(甲状腺ホルモン)⇒1.25
◼︎サイログロブリン(甲状腺内のみで作られるタンパク質)⇒33.5

これらの数値から今後3ヶ月間の薬の量を決定。
カルシウム剤とビタミンD剤は半分以下の量に減って(ヤッター)
TSHの数値が高めなのでチラーヂンSが100⇒150ugに増えた。(あらら汗)

TSHは甲状腺を刺激するため、
体内に残った甲状腺組織やガン細胞まで刺激してしまう。
甲状腺ホルモンが充分にあればTSHは活発にならないため、
チラーヂンSの量で調整する。(TSH抑制療法)

ちなみに甲状腺は全摘しても完全に取り切るのは難しく、
この残った組織を完全に破壊する治療(アブレーション)を
するかどうかをベテラン先生と美人先生が相談した結果、
アブレーション(放射線内照射)は今はしないと判断された。


病理検査結果
病理検査の結果がギリギリ間に合った♪
この結果で自分のガンの詳細と今後の治療が確定する。

◼︎甲状腺癌(乳頭癌,ゆっくりと進行するタイプ,進行した状態,ステージⅠ)
◼︎頚部リンパ節転移あり(7/10、10郭清したリンパ節の内7転移)
◼︎今後の治療(TSH抑制療法、TSHの値を0.35以下に保つ)
◼︎今後の経過(リンパ節転移と肺転移でてこないか?3〜4ヶ月毎に通院して血液検査と頚部エコー検査、年に1回CT検査をする)

一般的にガンの経過観察は5年診るところを
甲状腺癌は進行が遅いため10年診る。
私の場合、全摘して一生薬が必要なため健康診断と思って
長く病院にお世話になろうと割り切る。

美人先生は私がちょっと遠方に住んでいることを心配してたけど、
高速バスで寝てればバスセンターに到着するし、
たまに田舎を出て都会へ出かける口実にもなってラッキー♪
と実は思ってたりする(笑)

一年間は私が責任持って診ます!
と美人先生に言ってもらえて心強い(*´∀`*)
いい病院、いい先生と出会えました。
ちなみにベテラン先生と美人先生共に内分泌外科医です。

次回3ヶ月後の外来を予約、3ヶ月分の薬を処方してもらって終了。


18日振りの我が家
待合室で待ってた母にランチをごちそうして、
バスセンターまで車で送ってもらって別れる。お世話になりました!

16時に帰宅して自宅のドアを開けると
1日早く帰っていた福ちゃんが大歓迎でお出迎えヽ(´∇`*)ノ
福ちゃんもありがとう!これからもヨロシクね〜(*´∀`*)

義母が掃除をしてくれて家の中がキレイで感激!!!
これがすごく嬉しかった〜。・゜・(ノД`)・゜・。


2014/5/9 じぃじとお散歩♪
実家で静養中、愛犬とのお散歩の時間がとても気持ちよかった♪


美人先生から「手術で取って良かったですね!」と言われて、
「もっと早く発見していれば良かったかも(;^_^A」と答えると、
「甲状腺癌の発見は偶然が多いです。今の段階でまだ良かったですよ^^」
と言っていただけました(*^_^*)

先生、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします☆

(2014/6/23更新)


| コメント(0) | top▲




退院7日目(術後13日) 仕事復帰の準備 ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/05/11

4/8に細胞診検査の結果で甲状腺乳頭癌と診断されました。
その後、トントン拍子で4/25に入院、4/28手術決定。
今回は5/5に退院した後、実家で静養していた期間の記録です。


絶好調!
朝の目覚めも良く気分も良い♪
着々と仕事復帰へ向けて順調(* ̄∇ ̄*)v
それまでは頭を手で支えて布団から起き上がっていたのが、
横向きになって布団に手をつけば楽に置き上がれるようになる♪

午前中、気分もイイし洗濯・掃除をする。
実家はやたらと部屋が広くて掃除だけでも結構な運動量に。

調子がいいので明後日の火曜日から仕事復帰を決定!
退院してから色々な方のブログなどネットで見るようになって、
(入院前と入院中は敢えて見ないようにして自分の体調管理にに集中した)
退院して一週間ほどで仕事に復帰している方が多いみたい。
中には入院4日(短い!)で退院してすぐ仕事復帰という方もいて、
よく内容を見ると早期発見で転移なしの方。

甲状腺乳頭がんの場合、
リンパ節への転移は予後に影響がないんだけど、
それでもガンはガン。早期発見に尽きます><


薬について
退院してから一週間飲む薬
■チラーヂンS(100ug/日)⇒不足している甲状腺ホルモンを補う
■乳石錠「ファイザー」(3,000mg/日)⇒カルシウムを補給
■ワンアルファ(1ug/日)⇒カルシウムを吸収しやすくするビタミンDを補う

チラーヂンは甲状腺を全摘したため死ぬまで欠かせないお薬。
甲状腺にある4つの副甲状腺(カルシウムを作る)は
筋肉などへ移植して機能が回復したことが今後、
確認できるまでは乳石錠とワンアルファを服用する。
ちゃんと機能してくれるといいなぁ~
毎食後に飲む乳石錠が大きくて少し飲み難くて(^-^;

チラーヂンは量が多すぎると心臓へ負担がかかるけど
それ以外は副作用はないみたいだし、
乳石錠は妊婦さんも服用できるお薬だから安心。^^


夫の実家へ
明日はいよいよ術後はじめての外来診察。
この調子だったら明日そのまま自宅へ帰れそう!
という事で、福ちゃんをひと足早く夫が連れて帰ることに。

その前に夫の実家へ行って、義母へ昨日買ったスカーフをプレゼント♪
義母によく似合うピンク色で喜んでくれました(*^^*)
本当は更に一週間、義母に仕事を手伝ってもらう予定が
私の復帰が早くなったため夫と福ちゃんだけが尾道へ。
明日は夫ひとりで仕事です。がんばって!

実家へ私ひとりで戻ると福ちゃんがいなくて寂しい…。
すると台所で話している両親の
「フクがいないと寂しいね…」
「おとーさん!私たちまだフクの面倒みれるね!」
といった会話が聞こえてきました。
犬のいる生活ってやっぱりステキ(*^^*)


ちょっと長電話
夕方から両親がテニスへ出かけてしまいヒマだったので
いつもLINEでやりとりしている友人と電話をすることに。
この日は朝から声がよく出て友人も元気な私の声に安心してくれる。^^
話は尽きなくて1時間近くはしゃべったかな?
元気になったら会いたいなぁ。

会いたい人、会いたいワンコがたくさんいます(*^^*)

2014/5/11 そわそわ福ち♪
2014/5/11 さとちの実家で♪
夫の実家での福ち。2週間おつかれさまでした〜!

(2014/6/20更新)


テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

| コメント(0) | top▲




退院6日目(術後12日) 2人の母 ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/05/10

4/8に細胞診検査の結果で甲状腺乳頭癌と診断されました。
その後、トントン拍子で4/25に入院、4/28手術決定。
今回は5/5に退院した後、実家で静養していた期間の記録です。


【2人の母】

首の症状
首が少し動くようになったせいか寝返りが打ちやすくなる。
傷口のテープはまったく取れる気配なし。
担当医の美人先生から来週から少しずつ取れるはず、
と言われたけどそんな気配は全くなし…
なんだかテープが薄っすら汚れてきた(;^_^A

首は自分でもじっくり見ないと腫れているのが分からない程度。
母が横から私の首をまじまじと見て、
「あら、やっぱり首腫れてるのね!」
と初めて気付いたくらい。
横から見ると縫った傷口の上が少し腫れてるのが分かる。
傷口は細いかさぶたの一本線でキレイに塞がっている。
でも、触るのもお風呂でお湯をかけるのも恐々と。汗
拭く時はタオルをこすらずに優しく上から押し当てる。


母へプレゼント
今日は私の代わりに仕事をしてくれている義母が
夫と一緒に実家へ帰って来る日。
明日は母の日だし、感謝の気持ちを形にする絶好のチャンス!
と自分の母親にデパートへ連れて行ってもらう。

土曜日は混むからと、まだ空いている朝一に到着。
義母は義父と毎日約1万歩のウォーキングをしているので、
スポーツウェアの売り場で日除けのスカーフを購入。
色々見ている内に母も欲しくなったらしく
テニスウェアのスエットパンツをねだられプレゼントする。笑

母たち2人の協力なしには、ここまでのんきに静養できなかったし
親の方が体調を崩したり亡くなっていてもおかしくないのに、
2人とも大きな病気もなく元気でいてくれて
本当にありがたいですm(_ _)m お母さん、ありがとう!


夫、再び実家へ
愛犬と夕方のお散歩から帰って来ると、
「カーネーションもらっちゃった♪」
と花束を抱えた母が嬉しそう。
ダイニングには私と入れ違いに帰って来た夫がいました。よ!デキる婿殿!
4日振りの再会に福ちゃん大喜び♪♪♪
その後は夫のストーカーになってました( *´艸`)

2014/5/10 初すいか♪
東京の叔母さんが送ってくれた今年初のスイカ!福ちも食べたよ~


2014/5/10 お散歩大好き♪
先代ヘムちも来たことのある公園へお散歩♪


2014/5/10 お母さん、ありがとう♪
お母さん、ありがとう(*^^*)

(2014/6/18更新)


テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

| コメント(0) | top▲




退院5日目(術後11日) ムセに注意!愛犬のシャンプーに挑戦 ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/05/09

4/8に細胞診検査の結果で甲状腺乳頭癌と診断されました。
その後、トントン拍子で4/25に入院、4/28手術決定。
今回は5/5に退院した後、実家で静養していた期間の記録です。


【無理なくしっかり運動!】

のどと声の症状
声は前日より掠れて出にくい。
意思の疎通は十分できるから、それだけでもありがたい♪
退院してから、たまに薬を飲む時ムセることがある。
入院中は飲む時は必ずストローで飲んでいたせいか
ムセた事がなかったために油断していた(>_<)
薬を飲む時だけでもストローを使うようにする。

このムセは掠れ声と同様、左側の反回神経を切除した合併症で
この神経は声帯を動かすだけでなく、
食べ物は食道へ、呼吸は気管へ切り替える筋肉の動きも司って、
片側神経麻痺をしている私は特に飲み物は気管へ間違えて入り
ムセやすくなってしまうらしい。
今まで何の不自由もなく生きてきた事をしみじみ感じる。

後に、このブログを読んだ看護師さんから
飲み物や唾を飲み込む時、顎を少し引くとイイとアドバイスいただく。
確かに飲み込みやすく誤嚥がなくなったヽ(´∇`*)ノ
慌てずゆっくり飲み込むように気をつける。


首の症状
顎の辺りから鎖骨下くらいまで触ると痺れる。
それ以外に、たまに首の右側(のどの横)に少し痛みを感じる。
リンパ節や筋肉を広範囲に切除したのは左側なのに???
唾を飲み込む時にも少し痛むけど食事中は気にならない。
結局、2〜3日でこの痛みはなくなる。


愛犬のシャンプー
体調もよく、体を動かしている方が気分がイイため
退院初日から家事を少しずつ手伝うようになる。
布団を敷いたり押入に片付けることから始めて、
洗濯物を干したり畳んだり、食器洗いや片付け、掃除など
どれもリハビリには好都合で意外と楽しい♪

この調子なら福ちゃんのシャンプーもできる!
と、自信を持って愛犬のシャンプーに挑戦。
特に問題なく終わらせてドライヤーで乾かしたらグッタリ。
そのままお風呂掃除しようと思ったけど無理はしないで
愛犬と一緒にゴロゴロしたまま昼寝をしてしまう。

出かけていた母が夕方に帰って来るまで熟睡(;^_^A
途中、父が話しかけても全く起きる気配がなかったらしく
やっぱりまだまだ体力は戻ってないんだな〜と実感。


はじめての外食
前日の記録で書き忘れたのが母とランチの外食。
内祝(快気祝い)の買物へ近くのデパートへ母の運転で行き、
そのままランチにレストランへ。
平日の昼で空いていたのもあって店内が静かで
普通に会話もできたし食事も美味しくいただく♪(^ ^)
薬を持って来ていない事に気付いて食後急いで帰る。
これからは1日分は常備しておかないとね(;^_^A

2014/5/9 ばぁばのあんよ大好き♪
人の体をあまり舐めない福ちがばぁば(母)のあんよ舐めまくりw 大好きなのね♪


2014/5/9 さくらんぼ♪
母がお友達からいただいたさくらんぼ♪福ちも1つ食べたよ~


2014/5/9 寝起き福ち♪
シャンプー後おつかれ福ち♪一緒によく寝ましたzzz

(2014/6/17更新)


テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

| コメント(0) | top▲






| Top | Next