Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


recent entries



幸福な犬 ++++++++ ペットは家族

2008/09/30

ヘムちのお散歩コースにいつも繋がれているワンコさんがいました。
ご飯とお水はもらっていても、お散歩には連れてもらってない様子に胸が痛みました。
もう老犬で、そのお宅の前を歩くとヘムちにかすれた声で吠えていました。

そのワンコさんが小屋からいなくなって、もう一年近く経つのですが、未だに小屋の中に敷いてあるタオルはそのまま。
小屋の周りも雑然として、死んだ後も放置されていました。

先日、明るい時間帯にその家の前を通った時、小屋だけでなく、家の周り全体が雑然としている事に気がつきました。
そう言えば、家の人の気配を今まで一度も感じた事がありません。
よく見ると全部の窓のカーテンは閉まっているし、隣家との空間には色々な物が雑然と積みあがって、まるでゴミ捨て場のようになっていました。

家を見上げるとそこそこ立派なお宅で、それほど古くありません。
なのに寂れた感じでベランダにも沢山物が置いてあるのが見えました。

もう誰も住んでないのかもしれないね。
そうさとちと噂していたある日、今度は夜そのお宅の前を通ると窓に明かりが見えました。
住んでたんだ!と思わず無言で目を合わせた私達。

死んだあのコが幸せそうには見えなかった理由が少し分かった気がしました。

引越するから、年をとったから、病気になって手が掛かるから、しつけに失敗したから…
様々な理由で家族に見放されてしまう犬たち。
でも、本当の理由はもっと別の所にもあるのだと思います。
心に余裕がなくなってしまったり、人に言えない大きな悩みを抱えていたり、実は家庭崩壊が起きていたり、そういう家庭の不幸は一番弱い立場のペットや子供たちに表れるのかもしれませんね。

ヘムちはしあわせ?
愛犬は我が家そのもの。
いつ何が起きるか分からないのだから他人事ではないのだけど…。
無責任だと責めるだけでは解決しない難しい問題です。

***********************

拍手ボタンを押してくださった皆さん、ありがとうございました(*^_^*)
拍手コメントのお返事の確認はこちらからチェックしてくださいね。


トラックバック(0) | top▲






Trackback
Trackback URL
→http://hemhem.blog6.fc2.com/tb.php/1013-8e8d2eeb
FC2blog user only
| Top |