Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


recent entries



犬猫の飼主探しの番組なんてどうでしょう? ++++++++ ペットと暮らしやすい町に

2008/10/05

今日は新しいパソコンのリカバリィをしていたのですが、
なぜか最後の最後にエラーメッセージが出てうまくいきません。><
明日また原因を調べることにして、気持ちを切り替えます。しくしく…(T_T)

今日の記事のタイトルは「あなたのお家はどこですか?」に今朝書いた記事
犬猫のお見合い番組なんていらない!に関連しています。

あちらのブログは収容期限のある動物なども掲載している性格上、
ボランティアの視点を強調して書きましたが、
ヘムの飼主視点を入れた記事も書いてみたくなりました。



私は単純に、

動物愛護センターや里親募集に沢山動物がいるのだから、そこから迎えてあげればいい。今でも十分過ぎるくらいに動物はいるのに、これ以上ペットの種類や数を増やす必要なんてない。


と思っています。

でも、愛犬に子供を産ませた方は、愛犬への愛情が深い方が多いように思います。
更に、出産に立ち合った方は、とても貴重な体験をされたと思います。^^

あの動物愛護センターに収容された犬が
檻の中で出産する事も珍しくないのですが、
無事に産まれると嬉しいものですし、単純に感動もします。
「死」を目前にしているからこそ、生まれてきた命がより眩しく見えます。
(でも猫は…あまりにも悲惨すぎて素直に喜べませんが…泣)

それでも、中には生まれてもすぐに殺されてしまう命もいる訳で…。
とにかくペットの数が(種類も)多すぎるんです。><

その事を少しでも多くの人に知ってもらいたいです。
特に、影響力の大きいテレビ番組は、その番組タイトルやHPも含めて
見た人が誤解を受けないように細心の注意を払ってもらいたいと思います。
マスコミの責任はそれだけ重いという事も受け止めてほしいものです。

あこちって熱いなぁ…
画像は愛犬ヘムち。
私はヘムの子供を見てみたい、と思ったことがありません。
でも、ヘムが赤ちゃんの頃を知りたかったなーとは思います。
それよりももっと、ヘムと同じような保護犬が気になる私は
珍しい人なのでしょうか?(^-^;

「ペット同士のお見合い」ではなく、
「ペットと飼主のお見合い(出会い)」という番組があったらいいなぁ…。

***********************

拍手ボタンを押してくださった皆さん、ありがとうございました(*^_^*)
拍手コメントのお返事の確認はこちらからチェックしてくださいね。

テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | top▲






Trackback
Trackback URL
→http://hemhem.blog6.fc2.com/tb.php/1015-6154a219
FC2blog user only
| Top |