Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


recent entries



犬のツボとマッサージ【ヘムちは心臓弁膜症】 ++++++++ 愛犬の健康と病気

2008/11/28

【2008年11月30日追記】
画像の神門の位置が間違っていたので、画像を入れ替えました。汗!
masamiさーん、ごめんなさい(^▽^;


日に日にヘムちの体調がよくなっています♪
あれから一度も吐いていないので、お薬の量は減らしていません。
4種類から6種類にお薬が増えてしまいましたが、
当のヘムちはそれほどストレスを感じていないのでホッとしています。
(むしろ、新しいお薬「ベトメディン」は大好物で大喜び。^^;)

お散歩も今日から少しずつ歩くようになり、足取りも随分としっかりしてきました。
まだ完全復活とは言えませんが、峠は越したと思います。^^

さて、ヘムちの発作に慌てふためいた私のために、
お友達のmasamiさんが犬のツボマッサージを教えてくれました。
masamiさんは心臓病のシーズーちゃんを16才で看取った大先輩。
愛犬たちの為にホリスティックケア、アロマセラピー、ペットマッサージなど
様々なお勉強をしているんですよ♪

そのmasamiさんが教えてくれたツボの一部をご紹介します。^^


【神門(しんもん)】
神門(しんもん)マッサージ
前足の大きな肉球から下にすこし離れたとろにある小さな肉球の下を
綿棒などで指圧してください。
指圧の仕方は、1,2,3と徐々に力を加えていき、5秒間ぐらいそのまま
そしてまた、1,2,3と徐々に力を抜いていきます。
この坪は、てんかん発作にも良く、不安感や緊張感を和らげ、リラックスさせます。
どちらかというと、発作が起きてからと言うよりは、普段から指圧しているといいそうです。

【太淵(たいえん)】
太淵(たいえん)マッサージ
前足、大きな肉球の下、親指側(左前足だと、向かって左側)を綿棒で指圧。
咳、動悸や呼吸困難を改善する。

【壇中(だんちゅう)】
壇中(だんちゅう)マッサージ
胸骨の上端(のど仏)とみぞおちを結んだ線上の下から4分の1のところを
円マッサージ。人間でいうと、ちょうど胸の谷間当たりです。
人差し指、中指で、のの字を書くようにさする。
循環器系の病証を治療する。

この他にも10ヶ所以上ツボがあるそうです。
ヘムちにためした所、嫌がる事もなくウトウトしていました。

リラックス♪
最後にはこの通り、すっかりリラックス。
犬って撫でられるの大好きですもんね~♪(*^_^*)
発作で苦しそうにしている時も、優しく声をかけて撫でてあげるといいそうですよ。

【弁膜症ヘムちの心拍数と呼吸数】
心拍数(まどろみ中)⇒約85回/分 90を切るようになりました。
呼吸数(まどろみ中)⇒15回/分 久々に計ったら少ない!


***********************

ヘムちと同じ病気のペットと暮らしている方だけでなく、
沢山の方に見ていただきたいサイトです。
ペットと幸せに楽しく暮らすヒントが見つかりますよ♪

愛犬が心臓病と言われたら
~僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁逆流、心臓弁膜症のサイト~

PC用⇒  http://mr.vetsheart.com/index.php?FrontPage
携帯用⇒  http://mrmb.vetsheart.com

※PC用も携帯から見れるので、詳しい内容が見たい方はPC用をご覧ください。

***********************

拍手ボタンを押してくださった皆さま、ありがとうございました。m(_ _)m
拍手コメントのお返事の確認はこちらからチェックしてくださいね。
トラックバック(0) | top▲






Trackback
Trackback URL
→http://hemhem.blog6.fc2.com/tb.php/1039-64ed8d3f
FC2blog user only
| Top |