Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


recent entries



燃え尽きたヘムち ~2月1日 その3~ ++++++++ ヘムちの介護記録

2011/02/12

昨日からヘムちの画像をさとちと整理しているのだけど、
これが凄く癒されるし楽しい~♪
やっぱりヘムちはカワイイね!と飼主バカ丸出しで2人で盛り上がっています(*^_^*)

撮影日不明のヘムち♪
画像は撮影日不明のヘムち。
介護中に撮影したのは確かなんだけど、いつ撮ったんだろう?
ヘムち~、一緒にがんばったよね~。なんだか懐かしい。


ヘムのように自宅で家族に看取られて永遠の眠りにつく子もいれば、
動物愛護センターで殺処分されてしまう子もいて…。

あなたのお家はどこですか?」に呉センターの収容動物の情報を掲載していますが、
今はボランティア仲間が収容動物のお世話をする一方で、
一生懸命に記事を更新しています。

どうか皆さん、無関心にだけはならないでくださいね。

毎回、記事の最後に、
「あなたのお家はどこですか?」と「いのちのパネル展」
のバナーを貼っているので、そちらから見に行ってください。


では、ヘムの記録の続きです。

命が燃え尽きるまでの記録をまとめたのですが、
さすがに今回は記憶が鮮明に蘇って辛かったです…。
ここまでリアルに記録を残さなくてもいいような気がして少し悩みましたが、
そのまま記事をUPすることにしました。

気持ちと時間にゆとりのある方のみご覧くださいm(_ _)m



●⇒ヘムの行動や症状など
◎⇒私とさとちの行動や感情など


2月1日(火)のヘムち 

0:00~
◎0時前後にさとちお風呂から出る。
◎「ヘムち苦しそうだよ!安らかに眠るんじゃないの?」と思わずさとちを責めるような事を言ってしまう。さとちの表情も辛そう。
◎また心臓が止まるかもしれないけれど、少しだけ水をあげてみることにする。
●「ヘムち、ちょっと待ってね!お水飲めるね?」と声をかけると、口で呼吸しながら私の顔をじーっと見つめる。
◎お湯を少量沸かし準備をしながら「ヘムは朝までが山だと思う。」と、さとちにささやく。

◎「ヘム!お水だよ!」とぬるま湯をほんの少し入れたシリンジを見せて、ヘムの頭を持ち上げる。
●パッ!と表情が明るくなる!!!
●頭をグラグラ揺らしながら、シリンジを見て飲みたそうにする。
●シリンジを口元へ持って行くと嬉しそう!

◎お薬をあげる時と同じように、犬歯の横の歯がない所から入れる。
●飲み込むか飲みこまないか、という所でやっぱり急変。
●体からゴボゴボ音がして、大きく目を見開いて私の手に頭を預け力が抜ける

◎あっという間の出来事で、ヘムが苦しんだ時間もなかったかも。
◎今度は水の音が大きく聞こえて、肺水腫かも…と確信が大きくなる。
◎慌てて台所の前に立っていたさとちを呼ぶ。

●目を見開いて口を開いたまま。(白目にはなっていない。)
●ヘムの頭を横たわらせると、舌がゆっくり口から出て来て全身から力が抜けた感じ。

◎心臓の辺りを触ると、今度は全く音がしない。
●体は熱く、呼吸もしていない。心臓も止まっている。
◎さとちにも触ってもらって心音がない事を確認してもらう。

◎私「どうしよう…」さとち「さっきみたいにまた復活するかも。」
◎さとちはこのまま触らず刺激しないでおこう、と本気で復活すると思っている様子。
◎私「もう戻ってきてほしくない!苦しむのを見るのはもうイヤ!ヘムもこのままの方がもう苦しまなくて済むよ」
◎「明日どうしよう?」と聞く私に「明日の朝考えよう。」と、寝室へ行ってしまうさとち(!)
◎さとちは混乱しているのかと思ったら、本気で朝までにヘムが復活すると信じていたらしい。驚いた…。
◎時計を見たら0:10だった…。


つづく
(自宅で看取った飼主には、まだやる事がありました。)



いのちのパネル展 特設ウェブサイト あなたのお家はどこですか?
いつも拍手とコメントありがとうございます(*^_^*)
ヘムの事を見守ってくださった皆さまに心より感謝をこめて。

テーマ=ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | コメント(11) | top▲




<<死後 ~2月1日 その4~ | Top | 復活 ~1月31日のヘムち その2~>>




Comment
>ぽんこさん
私達はヘムがやって来るまで、私の仕事が多忙だった事もあって、2人で協力し合うという事があんまりなかったような気がします。
それが、ヘムが来た事で随分と変わって「家族」っぽくなったなぁって。
「あなたのお家~」も見て下さってありがとうございます!
私もBBSを見るのが楽しみなんです♪最近また賑わっていますよね♪♪♪


>ケイティママさん
ケイティちゃんのお世話で大変な時なのに、読んで大丈夫でしたか?
無理してコメントしなくてもいいんですよ。
お気持ちはちゃんと伝わっているので気にしないでくださいね(^-^)
【2011/02/15 22:13】 URL | あこち [ 編集] | top▲


なんて書いていいかわからなくて今日になってしまいました。ヘムちゃんやあこちさんやさとちさんの頑張りを見習い頑張ります。
【2011/02/15 18:02】 URL | ケイティ [ 編集] | top▲


ヘムちゃんの記録、何回か繰り返して読ませていただきました。
こうして記録として残すのには、色々な思いがあったのではないかと…。
さとちさん、あこちさんのお二人の姿っていうのかな…。なんていうのか、とってもヘムちゃんの事をお互いが協力して、最後まで見守れて…実際、お会いしたことはないんですけど、素敵なご夫婦なんだろうな、って感じられます。
まだまだ殺処分される子たちの多い中、ヘムちゃんは本当に幸せだったですね。

そういう子たちが少しずつ、減っていってくれるよう、願っています。

あなたのおうち…のページに、もらわれて行った子たちの様子をお知らせしてくれる掲示板がありますよね。

あのページの写真を見ると、幸せを分けてもらったような気分になるんですよ。

毎日、ささやかながらクリックをさせてもらうようにしてます。
【2011/02/15 00:54】 URL | ぽんこ [ 編集] | top▲


>○きさん(秘密コメントなので、お名前の一部を伏字にしました。)
数年前の記事で元気だった頃のヘムを懐かしく思っていただけたら嬉しいです☆
○きさんのようにヘムの事を思ってくださる方がいるなんて、本当に思いもしなかったので私もさとちも感激しているんですよ。
ブログはこのまま続けるので、また遊びに来て下さいね(^-^)


>めぐさん
まだ最期の記憶が鮮明でさすがに辛いですね…。
いずれ犬と暮らしたいと思っているけど、しばらくは休息が必要みたいです。
全力でヘムと向き合ってきたから…私もヘムと一緒に燃え尽きたなぁ…。
記事を読んでくださって本当にありがとう。辛い内容でごめんなさい。><


>亜希さん
この記事をUPするのは悩んだけど、亜希さんのように言っていただけてホッとしました。
私は特にヘムが肺水腫で危険な状態になった約2年前から、余所様の愛犬ブログや病気関連のHPを見るのを避けてきた所があって、ヘムの事でいっぱいいっぱいだったんです。
精神的に余裕がない時に、愛犬の最期の瞬間の記事は読まない方がいいです。
だから、まだ愛犬が元気な時にこういった体験談を読んでおくといいかもしれませんね~。


>minminさん
ヘムは私達がそばにいる時を選んだんだなーって改めて感じました。
私達がいた事で、不安や痛みが少しは和らいでいたらいいな…。
また犬と暮らしたいね、と話しているけど、まだ先の話になりそうです。


>しろちゃん(お名前公開させてもらいました。)
さとちの行動にはビックリですよねー。
私もパニックだったから、その時には何も言えなかったけど、後日さとちに聞いてみたら、本気で復活すると思っていたんですって。実際に何回も息を吹き返すケースもあるみたいだし…。
その辺りのさとちの心情にも今後少し触れてみますね。
リアルな記録全然アリ、と言っていただけてホッとしました(^ ^)


>zizimamaさん
画像のヘムは亡くなる前日くらいかもしれません。
私にとって初めてのペットの死(金魚とめだかは経験あるけど)だったので、直面した時にパニックにならないように、経験者から詳細のお話を聞かせてもらっていました。
ziziちゃんは心臓病の進行が緩やかみたいだし、今の精神的にゆとりのある内にヘビーな経験談(汗)は読んでおいたほうがいいかもしれません。
ziziちゃんとの生活を満喫してくださいね!^^


>tenderさん(お名前公開させてもらいました。)
今日、チョコレート中毒になった頃のヘムを思い出しながら、私とさとちでいただきました♪笑
コテっちゃんも7歳かぁ~ピモ仲間ご長寿目指してガンバレ!!!
隣の敷地、また楽しみが増えたね(^-^)
【2011/02/14 22:31】 URL | あこち [ 編集] | top▲


このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/02/14 00:23】 | [ 編集] | top▲


あこちさんがそばにいた事でヘムちゃんは安心して犬生終わりの眠りにつけたのですね。

画像のヘムちゃんだいぶん弱ってるようだけど、可愛い顔してる。安心してるのかな。

辛い思いが込み上げてくるのに最期の記録まであげて頂いて、しっかり読ませていただきました。
全てが同じではないけど、そう遠くない自分が体験するであろう愛犬の死、ziziが弁膜症と診断されてから4月で丸三年、5月で10歳です。早期発見と薬のお陰で緩やかな進行性であまり進行していないのが救いです。

私もこれまで以上にたくさんの愛情をかけて可愛がってあげようと思いました。
あこちさんがヘムちゃんに最高の愛情をかけたように…。
【2011/02/13 20:42】 URL | zizi mama [ 編集] | top▲


このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/02/13 01:10】 | [ 編集] | top▲


本当にヘムちゃんは燃え尽きたんですね。
でもそばでしっかりと看取ってあげれてよかった。
ヘムちゃんも逝く時寂しい思いをせずによかった。
心臓病だったけどお二人のサポートでこんなにも楽しい犬生が
送れてよかった。
いつもヘムちゃんのそばでは笑顔が絶えなかったよね。
これからも思い出しては笑顔でいられると思います。
今頃はうちのミックと一緒に行動してるかも~。
【2011/02/13 00:29】 URL | minmin [ 編集] | top▲


ヘムくんー実際に会えなくても、ブログの中で、たくさんの方達から愛されてたヘムくん。
元気な時はもちろん……その大好きなヘムくんが…どんな様子で…天国へ旅立っていってしまったか……たくさんの方が知っておきたいって思っているんじゃないでしょうか。
特に頭の中で鮮明に覚えているヘムくんの最期ー。
さとちさん、あこちさんの気持ち…思いが伝わってきます。ヘムくんの声にだせない苦しみ…あこちさんに目で語りかけるヘムくんー
いろんな思いや行動がー 今現在の飼い主さんたちにとってー飼うことの心構えになると思いますー。
【2011/02/13 00:26】 URL | 亜希 [ 編集] | top▲


最期の場面の記憶は、辛い記憶ですよね・・・

お別れの時、傍にあこちさんとさとちさんの存在でヘムちゃんは苦しい中でも心強かったのではないでしょうか・・・
ヘムちゃんが最期に見つめたあこちさんの姿
きっと、胸に焼き付けて旅立っていった様な気がします

燃え尽きた・・・ほんとにそうでしたね
重い心臓病と闘いながらも小さな体で頑張っていましたもんね
癒し系だったヘムちゃん、忘れることの出来ない愛しいワンちゃんです
記事を読むのが怖かったし、ドキドキしてしまったのですが燃え尽きたヘムちゃんの頑張りの様子が分かり、こんな風にたくましく生き抜けたヘムちゃんに敬意を表したいです
【2011/02/12 23:42】 URL | めぐ [ 編集] | top▲


このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/02/12 23:03】 | [ 編集] | top▲




コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



Trackback
Trackback URL
→http://hemhem.blog6.fc2.com/tb.php/1447-ed7ba3de
FC2blog user only
| Top |