Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


recent entries



家族になろう ++++++++ ペットは家族

2013/04/01

2013/4/1 朝のお散歩♪
今朝のヘム地方の桜並木。五分咲きくらいかな~?

福ちとこの桜並木を散歩するようになって2年。
一緒に桜を見るのは2回目になります。
岡山からやって来た福ちもすっかり広島犬です♪


さて、昨日は映画を観に行って来ました。

2013/3/10 ひまわりと子犬の7日間♪
映画「ひまわりと子犬の7日間」

案の定、映画がはじまって間もなく涙が溢れ、
クライマックスではボロボロに。汗
私も一緒に観に行った友達も泣き過ぎて
昨夜は軽く頭痛がするほどでした(^^;;;



ネタバレにならない程度に感想を…。


とにかく、役者の皆さんと
ひまわり役のイチちゃんの演技が素晴らしい!!!

個人的には堺さん演じる職員さんの家族よりも
職場で働く同僚や上司の皆さんの方がリアリティがあって
自分の知っている動物愛護センターの職員さん達と重なりました。

そして、一番驚いたのが職場の「宮崎犬中央管理所」。
外観はボランティアさんのブログで見たことがあったけれど、
内部がリアルで現地で撮影したのかと思ったほどでした。

実際はスタジオのセットだけど、
老朽化した雰囲気が再現されていて
センターのあの強烈なニオイが蘇ってくるほどのリアリティ。


世間ではタブー視される「殺処分業務」に対する
職員さんの苦悩がしっかりと描かれていました。

私が行った田舎の映画館(とは言っても新しくて人気)では
1日2回の上映で80人規模の会場でしたがほぼ満席。
年齢層は40~60代が多く男性女性ほぼ同じ割合で、
家族連れも多く見かけました。

たくさんの方に見てもらえますように。


2013/3/31 家族でお散歩♪
映画から帰ってお散歩へ


2013/3/31 家族で見た夕日♪
家族と見た夕日。保健所から愛犬を迎えてよかったぁ…としみじみ…


ペットも家族の一員として迎えて暮らしていれば、
物扱いなんて考えられないし、
災害があれば一緒に避難するのは当然。

日本の動物行政も物扱いから命として扱う日が来ますように。
そして、私たち一人一人が家族として家庭動物と向き合えますように。


映画のモデルとなったひまわりちゃん。
大好きなご家族の職員さんの腕の中で息を引き取ったそうです。
ひまわりちゃん、安らかにお眠りくださいね。

■映画モデル犬ひまわり永眠 2013/3/18(@動物たちの未来のために)
http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201303180000/


■映画「ひまわりと子犬の7日間」公式サイト
http://www.himawari-koinu.jp/index.html



広島県の動物たちのお家をさがしています。
あなたのお家はどこですか? いのちのパネル展 特設ウェブサイト
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ


テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

| コメント(0) | top▲




<<朝も夜もお花見散歩 | Top | 福ち春の悲願達成!>>




Comment


コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



| Top |