Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


recent entries



自覚症状から診断まで 後編 ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/05/19

続きです。


去年の診断では「側頸のう胞」の疑いと診断され、
ネットで色々調べて経過次第では手術もあり得るんだな…
と、この時から入院や手術の心構えは一応していました。

ここまでが去年末の出来事で、
約3ヶ月後の今年3月末まで特に症状もなく、
のう胞の大きさにも変化はありませんでした。


そして、3/25に3ヶ月後検診に病院へ。
すると先生が変わっていて、のう胞の大きさの変化を
もっとハッキリ把握するためMRIを撮ることになりました。

この総合病院の耳鼻咽喉科の先生は
3ヶ月ごとに変わることをこの時初めて知りました(;^_^A

とりあえず2日後の27日に頭部MRIを撮影したところ、
初めて甲状腺に2.4cmの大きなしこりが発見され、
当初疑われた側頸のう胞とは違うものだと説明されました。

そして、ここで甲状腺癌の可能性を指摘されたけど、
まさに青天の霹靂!


がん? ガン? 癌???( ̄◇ ̄;)ええええ~?!


良性か悪性か調べるためにもエコー検査と同時に
細胞診検査もする必要があること、
これ以上しこりが大きくなって気管を圧迫すると
呼吸困難にもなり兼ねないこと、
その時は例えしこりが良性であっても切除手術となること…

など先生の説明を聞いている内に
これは思っていたよりも大変なことになりそうだと
ぼんやり認識し始めました。


職場へ帰る道中、父の妹にあたる叔母(健在!)が20年以上前に
甲状腺癌で手術したことを思い出しました…。

癌になった血縁者がいないと思い込んでいたけど、
身近にいたじゃんっ!!!汗


職場に着くと昼休み中の旦那に思わず泣きついて
かなり取り乱したもののお弁当は完食(^-^;)お腹空いてね…

どうやって気持ちを切り替えたらイイんだろう~
と不安を口にしつつ、午後の仕事をしている内に
自然と気持ちは落ち着いてきました。


2014/3/28 正面を向いた時
2014/3/28撮影。正面を向いた時の首。しこり見えず。


2014/3/28 上を向いた時
上を向くとハッキリ見える。指を指した先が甲状腺のしこり。


さて、それから一週間後の4/3にエコーと細胞診検査。
(細胞診で2回針を刺したけど、1回目が痛くて軽く涙出た。汗)

4/8に検査結果を聞きに行くと、
「残念ながら、甲状腺癌の疑いがかなり高いです。」
と、パソコンの画面を見ながら先生から告知され、
それまでネットで色々調べていた私は
「あーーーーー、やっぱり!(~_~;)」
と、ガクリと肩を落としてしまいました。

しかも左上ののう胞の中に転移した小さな癌があること、
左鎖骨の上のリンパ節にも転移しているとの説明でした。


救いは甲状腺癌の中でも一番悪性度が低い
乳頭癌である可能性が高いこと。
進行も遅く、痛みもなく、予後が極めて良いと
ネットにも書いてありました。

でも、癌は癌!
放っておけばもっと転移して行くので悪い所は全て切除しないと!
と、手術に向けて頭を切り替えて行きました。


次回から手術する病院で受診、入院へと進みます。


| コメント(4) | top▲




<<入院が決定するまで | Top | 自覚症状から診断まで 前編>>




Comment
>ちあきさん
はじめまして(*´∀`*)
そして、心あたたまるコメントに感激しております(/ω\)
ありがとうございます(*^^*)
私も手術前にネットで体験談を拝見して励まされ、乗り越えることができたので、こうしてちあきさんのお力に少しでもなれた?ことが嬉しいです。
私の場合は悪性だとほぼ確定していたので、早く全部取らなければ!と焦ったので手術は迷いがなかったんです。
私よりハッキリしないグレーゾーン判定の方は迷われると思います。

ちあきさんも月末に同じ病院で手術されるのですね。
先生やスタッフの皆さんを信頼してお任せして大丈夫!
当日は風邪をひかないように体調第一で過ごしてくださいね。
何か不安なこと、質問などありましたら遠慮なく聞いてください。
無事に手術が終わり、順調に回復することを祈ってます(^人^)
【2015/01/20 17:58】 URL | あこち [ 編集] | top▲


月末に土谷病院で甲状腺右葉切除を予定しているものです。 私も個室を予約していますので、個室入院の様子が分かる画像はないかと検索していたところ、こちらのブログにたどり着きました。 大変詳細に入院から退院までの様子が分かり、入院時に用意していくものや術後の痛みなどの心の準備ができ、大変ありがたく思いました。 ありがとうございます。 ひとことお礼が申し上げたくメッセージをお送りします。 

ご主人様の入院中は寂しかったと思いますが、福ちちゃんも良く耐えてくれましたね。 

通院など大変かと思いますが、どうぞお体ご自愛されて頑張って下さいね。 このような大手術を受ける決断をされた方がいらっしゃることが励みになりましたので、私も頑張って手術を受けて来ます。 お辛いことも含め、記事を公開してくださりありがとうございました。
【2015/01/18 21:31】 URL | ちあき [ 編集] | top▲


>marukoさん
す、すごいかな?(^◇^;)
私がお気に入りに登録したHPやブログの方々はもっとスゴイですよ!
そういった素晴らしいHPやブログと出会えたのも心の支えになりました。
marukoさんもその時になったら、きっと腹が座りますよ〜
【2014/05/21 09:13】 URL | あこち [ 編集] | top▲


すごいな!!とても客観的に振り返っていて。
今だから言える・・・なのでしょうが、私は取り乱してきっと出来ないです。
支え、支えられている家族がいるから乗り越えられるんですね。
ファイト!!あこちさん!!!
【2014/05/20 15:56】 URL | maruko [ 編集] | top▲




コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



| Top |