Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


recent entries



狂犬病予防注射の疑問。追記 ++++++++ 愛犬の健康と病気

2005/04/22

hem_bibiri.jpg
先日、狂犬病予防注射してますか?で、予防注射の必要性を訴えた私ですが、昨日ヘムちにこの注射をさせて、ちょっと気になった事があり、今色々と突っ込んで調べ始めた所です。

というのも、注射を打つ前に「注射をした途端、引っくり返ったり、約30分後に顔が腫れたり、一日中気分が悪くなる仔もいるので注意して見てあげてくださいね」と言われたのです。聞いた事はあるけど、何回も繰り返し言うので気になって…そんな危険な注射を国は飼主に義務付けているの?と疑問に思った訳です。

そして、犬のお医者さんでトラックバックされている方の所を覗いてみただけでも、実際に具合が悪くなる仔がいる事を知りました。その症状が少し深刻な印象を受けたんです。

私も、何かで聞いた事を鵜呑みにしているだけなのでは…予防接種は完全否定はまだ出来ません。結局は法律で定められているから絶対だ、という思いが私にはあったのですが、違法と分かって尚且つ受けさせないと判断するのは、そう容易にはできないし、私自身がその根拠をしっかりと調べて勉強しなければいけないと思います。
自分でしっかりと見極めなければ。



さて、あれから自分なりに調べて、昨日の朝一番にかかりつけの動物病院へ行って来ました。

一番気になる狂犬病ワクチンの副作用についてや、その他の関連した事について、限られた時間でしたが丁寧に教えていただき、相談にものって下さいました。その内容を簡単にまとめてみました。まだまだ勉強不足で(汗)不適切な表現や内容があるかもしれませんが、その時はご指摘くださいね。

◆狂犬病ワクチンに限らず、ワクチン全般に大なり小なり副作用がある。(ワクチンとは何かも簡単に説明していただきました。)
◆任意の5種ワクチンよりも、狂犬病ワクチンの方が副作用が出る可能性が少し高い。
◆副作用で稀に死に至るケースもある。(広島でも数例あるそうです)
◆ワクチンは体調が万全な時でないと接種してはいけない。
◆特にアレルギー体質の仔、高齢で弱っている仔等は要注意。(危険と判断すれば無理にワクチン接種は勧めないそうです)
◆マンション住まいで予防済証を管理組合に提出しないといけない場合、アレルギー体質等で狂犬病ワクチン接種できない時は、管理組合に説明する為の診断書や証明書等は発行します。
◆ワクチン接種を否定する意見が根強い事に対しては、前回の記事でリンクさせていただいた内容とほぼ同じ内容で、ワクチンの必要性の説明があった。
◆ただ、最近の大学では「必ず毎年接種」から「3年に1回接種」説を講義する先生も出てきた。

その他にも自分でも調べたり、信頼できる方の意見をお聞きして、ワクチンそのものの危険性を指摘する声がある事も知りました。これからも、もっと色々と調べてみようと思います。

私はロンを迷子で行方不明にした苦い経験から、登録の必要性をHPにも書いています。今もその姿勢は変わりませんが、ワクチン接種をするかどうかは、獣医師と十分に相談して愛犬の状態も重視した上で、それぞれのご家族が責任を持って決めるのが理想的ではないか、と感じました。

秀華さんの記事 愛犬パグの育児生活&アロマ生活:狂犬病行ってきました。にトラックバックさせていただきました。
トラックバック(2) | コメント(11) | top▲




<<信号待ちヘムち | Top | また、しこり?(^^;>>




Comment
◆◆シロさん◆◆
と、とんでもないですっ!きっとシロさんと私の興味の方向が似ているだけだと思います。汗。私はシロさんのブログ、去年からこっそり拝見してましたから。(でも途中で古い記事がなくなってしまいましたよね?)
5種ワクチンでも死亡したケースがやっぱりあるんですね。具合が悪いかどうかは、飼主である私達が責任を持って管理しなければいけませんね…飼主さんも獣医さんも残念な結果になってしまいましたね。言葉で訴える事ができない彼等に、私たち飼主がどれだけ理解できるのか、それには色々と知って正しい知識を身に付ける事も必要ですよね。
誰が悪い、何が悪い、あれがいい、これがいい、と言う事よりも、少しでも私達飼主が知ろうとする事が大切だと思って、ヘタクソな文章ながらも記事にしました。汗
【2005/04/26 20:25】 URL | あこち [ 編集] | top▲


ここの記事は本当に興味深い話が多くて、とっても関心します。ワクチンのことは再三病院でも話すのですが、、こういう風に気を使って自分で勉強する人がいるのだと思うと少し安心します。私が住んでいる町では、混合ワクチンも狂犬病ワクチンも同じ獣医さんが打ち、その子が持っている病気や体のトラブルも病院が一軒しかないので把握しやすいという環境です。加齢による疾患を持った子や、先天的にアレルギーを持った子など、あらかじめ相談に来られる方も多くいらっしゃいます。私の知り合いのワンちゃんで、うっかり体調の悪い時に獣医さんに申告するのを忘れたまま5種混合ワクチンを接種、死亡したケースがありました。体調が悪い時、何か様子がおかしいと思ったら接種前に必ず申告することが必要ですよね。人間もワクチンのトラブルが多く発生していますし、ワクチンとリスクは切っても切れない縁があるようですね。正しい認識がある程度、事故を未然に防ぐのでしょうね。何が危険か知っていれば、リスクを最小限に抑えることができます。だから、なんとも関心しました!
【2005/04/25 22:24】 URL | シロ [ 編集] | top▲


◆◆tenderさん◆◆
ご紹介した所は有名なHPみたいですね。他にもワクチンそのものの危険性を2年前に発表された内容も拝見したら、狂犬病だけでなく混合ワクチンにも疑問を感じました。
でも、予測できる病気については予防し、検疫を厳しくする事はやっぱり大切ですね。ただ、医療は日進月歩のはずなのに、いつまでも古いやり方を貫くのは解せない部分もありますね。
本当に恐いのは予測できない病気が入った時ですよね。
【2005/04/25 13:05】 URL | あこち [ 編集] | top▲


ワクチンにもいろんな種類があるみたいで
年1回用、3年に1回用、とあるみたいです。
↑ご紹介のHPは私が前に狂犬病の記事を書いた時に偶然にも探し当てたのと同じようです。
どんな病気もいつ侵入してくるか分からない怖さが印象的でした。
【2005/04/25 00:48】 URL | tender [ 編集] | top▲


◆◆来夢さん◆◆
いつもフォローありがとうございます(^^ゞ TBもありがとうございます!
集団接種は止めた方がいい、とどこかで聞いた記憶はあります。私の場合は自分の都合のいい時にいけるから、という理由で病院へ行って接種してました。実は私、ロンが病気知らずだった事もあって、あんまり動物病院って馴染みがないんです。ヘムと暮らす様になって初めて知る事ばかりでびっくりしてます。
ワクチンを打つべきかどうかの判断に「環境」も確かに入りますね。地域差があるなら国によって違うのも当然ですよね。ここの判断は専門家にお任せします(^^;
それと、ヘムは保護犬だったので、どんな病気をもっているか分からないから、疑問の余地なく健康診断してワクチン接種しました。登録した時に、ヘムが我が家の仔になった事が認められた気がして、とーっても嬉しかった事を覚えています(^^)
今かかりつけの病院で初めてワクチンを打ったので、今まで疑問に思わなかった事を思うようになりました。きっかけを作ってくれた病院に出会えてラッキーだったなぁと改めて思いました(^^)
◆◆まりあさん◆◆
今夜も重いのにコメントありがとう!やーっと入る事ができましたよ。やれやれ(^^;
コタロー君は昨日予防接種だったんですね~お疲れ様でしたv
副作用を避けるか予防を優先するか、それ以外に社会的なトラブルを避けるかも入りますよね。私がロンのページで訴えているのはこのトラブルを避ける点を重視しています。迷子にさせて多くの人に迷惑をかけた上に、ワクチンしていなかったら…法律で義務付けられているって、自分や家族だけの問題ではなくなるんですよね。でも、迷子札やマイクロチップの方が迷子や盗難の事だけ見たら必要だとは思うけどね(^^ゞ
【2005/04/24 23:39】 URL | あこち [ 編集] | top▲


◆◆秀華さん◆◆
ご丁寧にコメントありがとうございます。^^
ぶぅちゃんの具合が悪くなった時はびっくりしたでしょうね…。もしヘムだったら…と思わずコメントしてしまいました。私も同じ経験をしたら、少し自分を責めてしまうかもしれません。そうならない為にもワクチンについて知ろうと思った事は、きっと大切な事なんだと思います。
でも今回、色々な方の意見やHPを拝見する内にワクチンそのものの危険性も知ったけど、実際にワクチンで狂犬病が日本になくなったのも事実だし、世界的には狂犬病が増えている様だし…うーん、難しい問題ですねぇ。一度に沢山の情報を頭に入れたせいか、まだ混沌としてます。汗。
◆◆tenderさん◆◆
私も今回色々と調べて初めて「3年に1度」という話を知りました。アメリカでは2年前に盛んに議論されたそうですよ。ただ、それぞれの地域で状況が違うので、3年に1回の州もあれば、年に2回や毎年という州もあったと思います。でも、アメリカは狂犬病が存在していますからねぇ。存在しないとされている国では、狂犬病ワクチンは禁止されているみたいだし。
先進国の中では動物に関しては日本はまだまだ遅れているので、いつまでも毎年のワクチン接種にこだわるのはちょっとおかしいとも感じます。もっと日本でも積極的に議論されてもいいのでは…。
もし、ワクチン接種で人が一人死んだら大問題だけど、犬だから許されているのかもしれませんね。
◆◆ふうにゃさん◆◆
実家にいたロンも、集団接種だったんですよ。いつも母が連れて行ってたので、今日母に副作用の事知ってた?と聞いたら、そんな説明聞いた事ないわよ!とびっくりしてました(^^ゞ市役所からくる案内葉書には、健康状態について書く欄はあるけど副作用の説明はなかったですねぇ。
ワクチンに副作用は付き物みたいですよ。私もまだまだ勉強不足なので下手な事が言えないのだけど(汗)それぞれの個体差によっても大きいし、健康状態以外に興奮状態や極度のストレスがかかっている時に接種するのも危険みたいです。
http://www.tarowan.com/index.html
【2005/04/24 23:33】 URL | あこち [ 編集] | top▲


昨日、コタローは狂犬病の予防接種を受けてきました。
ワクチン接種について副作用の事を少し聞いたことがあったので、先生に確認して受けています。
予防接種を受けに行っても風邪気味かも?と言う事で延期になった事もあります。
来夢さんの書かれているように、副作用を避けるか予防を優先するか、飼い主の考えはそれぞれだと思います。
私の中では、去勢手術を受けるか迷う事に似ているかもしれません。
【2005/04/24 20:36】 URL | まりあ [ 編集] | top▲


かならず健康診断を受けることは大切だと思います。
集団接種の怖さは日にちが決められ、犬の体調に関わらずその日に受けるということと、多くの犬が一箇所に集まるということ。それと、獣医が忙しさのあまり一匹一匹に注意が行き届かない点。それと獣医によっては針を代えないでしまうこともあるそうです。
狂犬病だけでなく、どんなワクチンも副作用の心配はありますが、それを打つべきかどうかの判断は、犬の体質、健康状態、年齢。それと重要なのが環境です。
室内飼いで管理が行き届いている場合と、外飼いということでも違いますし、保護をしている人であればワクチンは絶対的に必要になります。
以前、あるシェルターでバルボによる壊滅的状況となった話があるように、どんな病気を持っているか分からない犬との接触がある場合は、基本的な感染症の予防は必要になります。外飼いの場合も、他の犬が入ってこられる状況かどうかなどでも違うでしょう。
他に住んでいる地域が田んぼが多いか、暑い地方か、寒い地方かという環境の違いもあります。
個人の考え方の中には、副作用の危険を避け、病気になってから治療をするという考えの方もいます。
反対に多少の副作用は覚悟して予防を優先するという考えも。
副作用がでるかどうかは、やってみなくては分かりませんし、また昨年まで大丈夫だったので、今年も大丈夫とは限りません。
ですので、色々な情報と、自分の犬に合わせ、各自で判断するしかないのだろうと思います。
【2005/04/23 07:04】 URL | 来夢 [ 編集] | top▲


うちは今回、登録の手続きをかねて市役所の集団接種を受けたのですが、副作用のことはなぁんも説明はありませんでした。
はい、注射しますよ~ はい、終わりって感じで。
もらった紙類にもひとっつも副作用に関しての説明が書かれているものは無かったなぁ。
ワクチンの副作用についてはどうして出たのか説明を受けたので何となく納得したんだけど、やっぱり注射などには副作用って付き物なんでしょうか。
小麦はワクチンの2回目のときに思いっきり副作用が出たので(発熱でぐたーっとしたの)最初は心配したんですが、狂犬病の方が副作用は心配ないのかな?なぁんて気軽に考えてしまっていました。
【2005/04/23 03:12】 URL | ふうにゃ [ 編集] | top▲


専門家ではないから
いいのかどうか分かりませんが、
アメリカでは「3年に1度にしよう」という運動があるみたいです。
あれ?ワクチンのことだったかな。
人間でも予防接種後は健康に留意しなくてはいけませんし
人間の言葉を話せない動物ならなおさらですね。
毒をもって毒を制すしか方法はないものなのかしら。
【2005/04/22 15:19】 URL | tender [ 編集] | top▲


コメントありがとうございました。
私も現実に目の前で愛犬が具合悪くなってしまっただろう姿を見ても、否定出来ない自分がいます。
もしかしたら、慣れない場所で、人や犬がたくさんいる中での狂犬病だったから・・・とさえまだ思っています。家のコは興奮しやすいですし・・・
まだ、狂犬病を受けておりませんが、今回は医者に直接受けに行くので、その時に詳しい話を聞いてみようと思ってます。狂犬病はよくないと言う方もいらっしゃいます。そして、私もその意見をこれまた否定出来ないです。
【2005/04/22 13:37】 URL | 秀華 [ 編集] | top▲




コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



Trackback
Trackback URL
→http://hemhem.blog6.fc2.com/tb.php/370-18bceed3
FC2blog user only
狂犬病ワクチンの危険性と必要性
狂犬病ワクチンを打って具合が悪くなるケースがあります。最悪なケースでは死に至ったという話も聞きます。だからと言って、ワクチンはしなくても良いと勧めることはできません。義務づけられている以上、それをしなくても良いと言うのは無責任に法律違反を進めることになる 犬と猫と変な人間の日常【2005/04/22 19:25】
狂犬病....で思うこと
『狂犬病』と聞いて、みなさんは何を思いますか?昨年の6月に海外赴任が決まるまでは、犬が予防するもの。年に1度注射をして、市に登録をすること。この程度の知識しかありませんでした。猫にも予防接種??ここマレーシアでは、人間も予防接種をしています。でも、私はし はじめの Ippo...  あたしのにゃにゃにゃんな毎日【2005/07/12 09:14】
| Top |