Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


recent entries



「糸満の犬」を救うプロジェクト ++++++++ 動物SOS

2005/05/06

いつもお世話になっている沖縄の海ママさんからのSOSです。

 RDIP ( Rescue of "Dog in Itoman" Project)

糸満のとある愛護団体へ、飼主が無責任に捨てて行ったり、安易に保護して困って押し付けられたりした犬猫が持ち込まれた結果、その愛護団体のキャパシティを超える数になってしまいました。
以前から海ママさんのメンバーが何度も愛護団体にイエローカードを出し続けていたそうですが、当時50頭を越える犬達をどうすることも出来ずにいたそうです。しかし、ここで生まれてしまった子犬が母犬に子食いされた状況を視察して、今回のプロジェクトに取り掛かる決意をされたと言う事でした。

ここにいる動物達への対応については「目標の10頭に減らす努力、外部からの持ち込みや自家繁殖の犬を一頭たりとも増やさないこと、現存する動物達の健康に努めること」等の念書を飼育者(愛護団体)に書いて頂き、プロジェクトが始まったそうです。

現在、早急に不妊手術を行い、里親募集もされています。頭数が多いため県外への譲渡も考えているそうです。
こちらの愛護団体も被害者であること、無責任に置き去りにしたり捨てて行く一般の人達がいる事を理解して頂いた上で、プロジェクトのページをご覧下さい。海ママさん運営のWISH!のトップページをリンクしますので、そこの緊急レスキュープロジェクト(RDIP)をクリックして下さい。

 WISH! 「糸満の犬」を救うプロジェクト


こちらの記事を投稿するに当たって、その背景を理解する必要があると感じ、海ママさんへ色々と質問させていただきました。里親募集のリンクは、その内容に自分も責任を持つ必要があると感じたからです。その事を理解して下さった上でご回答いただいた海ママさん、本当にありがとうございました。

センターがシェルターになる日は、まだまだ遠そうですね…。いつもお話させていただいてますが、飼主と一般市民のモラルと動物達への意識を高める事、これがもっともっと必要ですね…。
| top▲






| Top |