Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


recent entries



飼わない、産ませない、拾わない ++++++++ ペットと暮らしやすい町に

2005/05/24

シロさんのブログの記事猫っ鼻: 本音でGOを読んで、胸が痛くなりました…。

猫を心から愛している人は、不幸な猫を少しでも減らそうと必死に考えて、今溢れている猫の頭数を減らそうと野良猫に不妊手術をしたり、時には里親さんを見つけたり必死に手を尽くしています。
でも、その努力をことごとく裏切って行く人達がいて、その度に傷つくのはこうして真剣に考えている方々なんです…。


以前、私が出会ったボランティアの方も捨て犬問題に取り組まれていましたが、やはり同じ様に傷ついていました。
どうしてもこの仔が欲しいとせがまれ里子に出した子犬が、一年もしない内に置き去りにされてしまったり、かわいそうな野良犬がいるから何とかして欲しいと言ってきた人に途中から逃げられたり、野良猫を拾ったので助けてほしい、里親さんを見つけてほしい、何とかしてほしい…などなど。

どれもこれも最後まで自分で責任持てないのに、他人を当てにした人ばかり。

ペットの糞の始末すらできない飼主達や
最後まで飼えないのに、安易に飼って捨てたり他人に押し付ける人達や
産まれてくる仔全てを幸せにできないのに、何回も仔犬や仔猫を産ませる人達や
最後まで面倒見る覚悟もないまま拾ってきて、他人に押し付ける人達は
全て無責任で、本質は同じ所にあると思います。

飼えないのなら飼わない、
育てられないのなら産ませない、
他人を当てにする位なら拾わない、
こういう選択をする事もペット達への優しさだと思うんです。

野良猫(犬)や捨て猫(犬)問題に取り組まれている方々が、どうして人が引き起こすひどい事に直面するのか。
それは猫や犬の問題ではなくて、人間の問題だから。
そうだよね?シロさん…。
トラックバック(2) | コメント(24) | top▲




<<ヘムちのお役目 | Top | ペット可マンションのススメ>>




Comment
日本だけでなく、全ての物事には裏(裏事情)があるという事ではないかしら?
雑誌に関しては私もスポンサーが大きく影響していると思う。だから私は雑誌を見るときも雑誌の中の広告を見て判断しているんですよ。
読者のための内容となっているのか?それともスポンサーの為なのか?
これって重要な事ですよねー。この広告に疑問を感じる所があれば、その雑誌は私は見ません。笑

物事の裏表を冷静に見極めて行く力、これって全ての問題に対する姿勢に必要な事なんでしょうね。
【2005/09/09 09:16】 URL | あこち [ 編集] | top▲


日本って国は裏事情が多すぎだなぁと。
あたしが愛読していた猫本も(もうやめた!)、肝心な事の取り上げ方に疑問を持ってしまうほどで、
お涙頂戴!な書き方しかしない。スポンサーの関係よね、それって?
テレビもそう!かわいそう...という部分だけで終わってしまうものが多すぎ!?
そこからが問題なのにね。

【2005/09/08 14:59】 URL | 里々 [ 編集] | top▲


いつもありがとうv
この記事、ペットを取巻く環境の原点に近いのかしら?
私もここの記事をさっき自分で読み返して、動物の問題は人間の心の問題だと再確認。

犬や猫と暮らす事、不妊手術、保健所、ペットの販売、全ての問題が深い所で繋がっていますね。里々さんが書かれていること、私からは何も付け加える事はありません^^
いい部分、悪い部分、どちらも偏ってはいけないのかもしれませんねぇ。
バランスよく、考える余地を与えながら伝える、こういう事をマスコミも心がけてほしいよね。
【2005/09/08 14:13】 URL | あこち [ 編集] | top▲


色々考えていたら、再びこの場に来てしまいました。
初心に戻って...でしょうかねぇ~(^^;

私のブログにも取り上げた保健所で殺処分される命。
おそらくひと昔前よりもかなり多くの人がペットと一緒に暮らしていることでしょう。
犬たちに関心ある人が増えている、犬や猫との生活に関心がある人が増えている。でも殺処分される犬たちは居なくならない。
全て、人間の問題だから。
最期まで一緒に暮らすこと...当たり前のことなのに、と皆さんコメントされてます。その当たり前のことが出来ず、手放してしまう人が多いです。
こんなはずじゃなかった!!っ思うのかしら?
こんなはずじゃなかったって思わないように、
犬や猫と暮らすとことを安易に考えないようにするために、犬や猫のことを知ってもらうことも必要ですよね。
それこそ当たり前のことだけれど、その当たり前が出来ない人が多く存在するのだもの。
犬や猫の行動学みたいなものも知ってもらえたらいいのにと。そしたらこんなはずじゃなかった!は無くなるかしら?
犬や猫との暮らしは、かけがえのないものであるのは、犬や猫と暮らしているあたしたちはもう身をもって判っているけれど、
そのあたりだけを、きれいごと(!?)楽しい事だけで、安易にペットとの生活をすすめたりするのはいけないんだなぁ、と思った今日でした。ハイ!
【2005/09/07 16:10】 URL | 里々 [ 編集] | top▲


はじめまして!
コメントとTBありがとうございますv

猫Tをこちらで気付いて下さって嬉しいです♪
神渡 りりさんの記事も拝見させていただきました。
削除なんてとんでもない!!!私よりも分かりやすく伝わりやすいステキな記事ですね(^^)

私もロンを去勢していなかった事は心残りなんです。
ロンはそれが原因で、若い頃の脱走癖があったのではないか?と疑っていて…。
でも今は、医療技術も進んできたので、かわいそう、とあまり思わなくてもいいと思います。

今回、しっかり失敗してしまいました。汗
目の前がハッとした感動を受けました。ありがとう(^^)
【2005/08/02 11:52】 URL | あこち [ 編集] | top▲


はじめまして。

先日、「猫っ鼻」のシロさん製作のTシャツをこちらで拝見して、注文したばかりです。
その後、こちらのブログをぼちぼちと読ませていただいていましたら、以前書いた私の気持ちと通じる事が書かれているので、トラックバックさせていただいたところです。

あ、でも、違うなーと思ったら削除していただいても結構です。

最近は、不妊手術をしていない犬の交通事故の話も耳にします。
やはり、健康な体にメスを入れる事に抵抗があったりするのでしょうが、飼い主の目の前で事故にあうなんて辛すぎると思いました。

とにかく、私達のような体験者があきらめずに語り続ける事が大事なんだと思います。
失敗や後悔も含めて、ありのままの気持ちを。
【2005/08/01 15:11】 URL | 神渡 りり [ 編集] | top▲


はいはいシロさん、便乗大歓迎ですよんv

私もシロさんと同様に「誰かがもらってくれるだろう。どうにかなるだろう」という理由で産ませる事は無責任だと思ってます。産まれてくる仔全ての命に責任が生じるのだから、基本的には全ての仔を最後まで自分が育てる覚悟が必要なのでは。
そもそも、ペットを飼う(暮らす)という事は「最後まで愛情を持って育て、見届けること」だと私は思うので、(それができない飼主が多いから、今こんなに不幸な命や里親募集が沢山ある訳なんだし)これは自分のペットに子供を産ませるにしても、全く同じ事が言えると思うんです。

野良猫の餌やりにしても、結局は「自分の行動は最後まで自分が責任を持つ」という考えが定着していないのも、問題の原因にあるのかなぁと感じます。この考えが定着すれば、色々な問題がよい方向へ向かうのではないかと思うのだけど…。

近所に愛犬(シーズー)に2回出産させた飼主さんがいるんですよ。
これは聞いた話なんだけど、2回とも死産か産まれてもすぐに皆死んでしまったんですって。これはもう、その母犬に後世に残してはいけない何らかの疾患があると考えられるんですよ。
さすがに飼主さんも2回の悲しい経験で懲りた…はずなんだけど、しばらくしたらまた「産ませたい」と周りに言ってるそうなんです。
この執着心はどこからきているんでしょうね?
飼主さん自身はとーっても愛犬を可愛がっていい方なんだけど、私には全くもって理解不能(^^;

深く考えていなかった…そう思って気付いた時が、ペットと暮らす本当の意味を真剣に考えるチャンス!
里々さんのお友達の様に、不妊手術そのものに関して考える事ができたら、よりベターだと思います(^^)
【2005/07/25 11:43】 URL | あこち [ 編集] | top▲


考えること、やっぱり同じですね~(^_-)v
ぷちさんの記事を読んで思ったけど、やはり実体験から得る所がとても大きいですよね。
でも、保健所に溢れている命の事だけでは不妊手術に結びつかない人も多いだろうし、迷子になった時に…と私の様に考えている人は、自分の愛犬を迷子にさせて初めて気付いた訳だし、かと言ってその経験談だけでは、私はさとちを納得させる事ができなかったんですよ。
結局は、ヘムちの結石が原因で先生に勧められて、やっとさとちがOKして。

ただ、どの理由も不妊手術は「予防」という点では一致しているんですよね。
私が色々な方の意見などを拝見して思うのは、日本人は全体的に「予防に弱い」という事なんです。経験して初めてその重要性に気付く。でも、他人の体験を自分に置き換える事はあまりしないのではないかな?

予防に関してはそれこそ家族でじっくりと話し合う問題だと思います。
そういう飼主さんが増えているのは、とてもいい傾向ですよね!
不妊手術をするしない以前に、話し合う飼主さんが増えている事が大きな一歩じゃないかなぁ(^^)
【2005/07/25 11:42】 URL | あこち [ 編集] | top▲


里々さんあこちさん
おいらも乗っかるわん。
私は産ませることが悪いことだとは思っていませんが、なーんも、何一つ知らず、里親も決めずに産ませるのはダメだと思っています。
一つに、無事に産むだろうと、大抵の人が呑気にそう思っています。普通に産まれないこと、このことも考えて産ませないと、愛する愛犬愛猫の命自体が危うくなってしまう可能性があります。そういう場面に何度か遭遇したことがあります。それはそれは悲しい出来事でした。飼い主さんは、そういう立場になって初めて、止めておけばよかった…と言います。なぜ忠告も聞かず、出産はさせたいと言うのか、起こってからでは遅いですね。純血種の場合、そういった出産によるトラブルが多くあります。また、何も知らず里親を探すことにも不安が残ります。また、猫の場合はほとんどが野良猫で多数の処分が実行されているのですから、自分の猫の身の上を考えれば、自ずと産ませないと思う方も多いようです。ちゃんと飼う=不妊手術という意識は、猫の飼い主さんの方が強いのじゃないかしら?野良猫問題は「私の猫じゃない、野良猫です」という愛情とは逆の所から始まっているわけですからねぇ。むー。
出産に明るいイメージしかないのは、現実を知らない場合が多いですね。それ自体に拒絶反応が、ということ多いです。
家族で話し合うなら、両親はきっといろいろ調べますね。そういう風になっていけば、と思います。多くのわんこの飼い主さんは、皆血統書に惑わされている気がします。産ませないともったいない感じがするらしいです。
あら~?何か支離滅裂…?うーむ、祭り行ってきまーす。
【2005/07/24 10:55】 URL | シロ [ 編集] | top▲


家族で考える事、これがまず大事なことだとおもい、その方にもそうコメントしたのよ(^^*
やっぱり同じ考えだったわぁ...
あと、ぷちさんの記事も教えてあげたの。
これまた考える事は同じでしたねぇ(^^
あはっ〃
みなさん、色々思い考え、これって、真剣にかんがえる家族の方が増えてる証拠なんだって、嬉しくおもいました。
その方もあたしと同じで脳みそが大変ななことになってるって!さぁ、あたしもがんばらねば。
いつも、ありがとう♪
【2005/07/24 08:57】 URL | 里々 [ 編集] | top▲


古い記事のコメント大歓迎です♪いつもありがと~(^^)

私も里々さんと同じ考えだけど、我が愛犬に不妊手術させる理由にするかどうかは、各家庭それぞれなのかなぁとは思ってます。
でも、猫の場合は犬よりは保健所と不妊手術の問題は、犬よりも密接に感じるんです。保健所に連れて来られる猫は100%が飼主等、人による持込で、その9割だったかな?が仔猫だという現実から、野良であれ家庭猫であれ、1匹でも多く不妊手術をする事が必要だと感じるので。

犬に関してはぷちさんが以前、イヴちゃんの体験を記事にされてましたよね?
私もいずれ関連記事を書こうと思います。
【2005/07/23 22:03】 URL | あこち [ 編集] | top▲


例の如く、前の記事にコメント(¨;

にゃにゃんブログに来てくれる結さんが、去勢手術について記事を書き始め、又あたしも色々思ってしまい、ここに来てしまいました。
一般家庭の犬や猫の不妊についても、今のあたしは、保健所の犬や猫が後を絶たないことや、野良猫問題のこととは切り離して考えられなくなりました。
でも家族として暮らしている犬や猫たちの家族の方は、やっぱり悩む問題なんですね。
タイムリーなことに、ぷちさんの記事にポチタマのまさお君の赤ちゃんのことが書かれていて、又考えてしまいましたです。
【2005/07/23 11:49】 URL | 里々 [ 編集] | top▲


そうですね。何事も慎重に、少しでも疑問に思ったらじっくり考える事も必要ですよね。
母の知り合いでショップで犬を飼った人が、転勤で飼えないからと購入したショップへ返したそうです。捨てるよりはマシかな、なんて当時は思ったけど、その後どうなったかを考えると気が重いです。色々な家庭にたらいまわしにされるケースもあるし、繁殖犬として利用される事も…。幸せになっている可能性は低いはずです…。

yuriさんの場合は娘さんの方が頼りになるかもしれませんね。我が家もさとちは当てになりません(^^ゞ
【2005/05/26 23:39】 URL | あこち [ 編集] | top▲


「もしペットを・・」この言葉。今の世には危ない言葉かも。
この言葉がペットショップに掲げてあったら、、
「飼えなくなったら・・」の駆け込み寺みたいに聞こえますね。
う~ん、何事も慎重でなくては。
あたしにもしもがあった時は、、主人と相談しておこっと。主人より、娘の方が頼りになるかな(@@〃

【2005/05/26 11:54】 URL | yuri [ 編集] | top▲


最近よく見るのが「もしペットを飼えなくなったら」という言葉。
里親募集や声をかけて、最後まで飼ってくれるいい方を探しましょう、これも大切な事だとは思うんです。ブリーダーや自家繁殖で子犬を販売する人も「どうしても飼えなくなったら引き取ります」と言うのもよく聞きます。
これって見方を変えれば、どうしても飼えなくなったと手放す人が多いと言う事ですよね?
もしも、の話を積極的にするよりも「手放さない覚悟」をもっと強調する必要性を感じます。
ペットより先には絶対に死ねませんよね(>_<)見届けるのは辛いけど…
【2005/05/26 11:24】 URL | あこち [ 編集] | top▲


ホントにそうですね、責任もって最後まで一緒にいてあげて欲しいです。
ショップで買うのもよし!
ただ、軽い気持ちで家族に迎えたとしても、そこから先は最後まで責任を持って欲しいです。
あたしも考えちゃいますょ。
もしあたしに何かあったら・・って、この仔たちより先には死ねない、、って。
今、もしもの時、最後まで面倒みてくれる所があるんですよね。
お金はかかるけれど、もしもの時は・・って真剣に考えちゃいました〃
ヘムちはいいなぁ、セカンドハウスがあって・・ねっ(^^*
【2005/05/26 08:27】 URL | yuri [ 編集] | top▲


言葉で「無責任に捨てないで、飼わないで、拾わないで」と伝えても、その言葉の真の意味を理解していない人も多いのかも。「無責任」とはどういう事なのか、よく分かっていないんじゃないかしら…(^^;
責任持てないくせに行動する人が多いから、色々な問題となって現れているんですよね。
【2005/05/25 21:43】 URL | あこち [ 編集] | top▲


やっぱりyuriさんも読んでいたんですね。悔しいですよね(>_<)

心無い人間達は、それまでは「この仔を大切にする」とか「今目の前にいる仔に愛情を注ぐ」とか「心から共感します」とか、それはもう素晴らしい事を言っていたりするんですよ。なのに、平気で自分の言った事を裏切るんですよね(^^; 自分は例外だと信じているとしか思えない。いえいえ、あなたは自分が批判して罵倒した張本人なんですよ、そう言ってやる事ができたらどんなに気が楽か。

里親募集から迎えても虐待をして殺す人もいるからやっかいな問題です…。犬を買ったとしても、一度自分が行動起こした事に最後まで責任を持って「犬の死までとことん付き合う覚悟」があれば、私はそれが一番大切な事だと思っています。
私自身はペットを商売にしたり、お金をとる所から買う気はないけれど。買わなくても、探せば必ず家族に迎えられるのを待っている仔がいるんだもの。
【2005/05/25 21:42】 URL | あこち [ 編集] | top▲


そうですねぇ、私もロンの件でネットで調べた事がきっかけですものね(^^ゞでも、辛い経験をする前に考える事ができたら理想的だと思うんです。

知りたくない、考えたくない、と目を背けていたら、他人を当てにしたり、自分だけは例外だと思い込んで無責任な事をしてしまっても、気付かないかもしれないでしょう?私はそれが一番恐いです。
【2005/05/25 21:41】 URL | あこち [ 編集] | top▲


今回はさすがのシロさんも参っちゃいましたよね。特に里親に託した仔猫の件は、私もがっかりして悔しかったです…でも、シロさんの事を理解して支えてくれる人達もたくさんいますから元気出してね!私も遠い広島から応援しています(^^)

いいお話もあるんですね。あまりにも可哀相な話が多い中で救われた気持ちになります。
人の問題だけに、人間模様の裏も表もとことん付き合わないといけないですね…。犬や猫の事だけ考えていられるならどんなに楽なことか…。

全ての人の心を変える事は無理でも、一人だけでもいいから心底理解してくれる人がいてくれたら、その一人の為だけでも前を向いていられる気がするんです。一人からまた一人へ、そしてまた一人へ…確実に理解してくれる人が広がる事で、例え少しずつでも確実に犬や猫達が幸せなる事に繋がる、そう信じて行きましょ。
【2005/05/25 21:40】 URL | あこち [ 編集] | top▲


こんにちは。

こういう話を聞くといつも思うのですが、人間の勝手で飼ったり拾ったりしないで欲しいですね。
可愛いから飼う、可哀想だから拾う・・のもいいですが、最後まで責任をもつのが大事なんですよね。
ものを言えない動物なだけに、人間がもっと責任をもって欲しいですね。
【2005/05/25 14:37】 URL | ベル [ 編集] | top▲


私も昨夜シロさんの記事を読み、苦しくなりました。
色んな事が絡み合っていても、結局は、心ない人間のしたことなんですよね。
悔しいです、本当に。

色々考えて思ってはいるけど何も出来ずにいる私でさえも悔しいです。

命を守りたい一心で真剣に取り組んでいる方々がこんな思いをしなければならないなんて、間違ってる、絶対に。
あこちさんやシロさんの心の内を読み、私に出来る事は、、その思いを伝えていきたいと思います。
もし『犬を買いたい』という人がいたら、
買うなら飼わないで・・、と。
殺処分の現実、ペットブームが巻き起こす問題etc.いっぱいいっぱい話したい。



【2005/05/25 11:25】 URL | yuri [ 編集] | top▲


でもでも、なにげに、あまり深く考えずに飼ってる方が多いですよね。
私も、ネットをしていなかったら、そんなに深く考えなかったと思います。
【2005/05/25 11:19】 URL | koron mama [ 編集] | top▲


あこちさんいつもありがとう。いやー、今回は参っちゃいました。でも立ち止まっているのは本当に時間がもったいない。頑張ります!

ちなみに以前こんな人がいました。嫁入りでこの地域に猫とともにやってきて、うまく行かずに離婚することに。自分のこともどうなるか分からない状態で東京へ。仕事を探し、1ヶ月以上かけて住処と仕事を見つけたその人は、ペットホテルに預けていた猫をきちんと引き取りました。かかった費用は言うまでもなく高額です。今も大事にされているに違いありません。もし万が一、引き取ることができなかったとしても、こういう人のためなら、いくらでも協力したいと思います。でも、大抵はそんな努力はなくぽいっとされます。仔猫を育てることはできても、人の心を変えていくことには少々自信がありません。でもこれから取り組んでいくことは対人。そうです、動物の問題は人の問題です。
【2005/05/25 01:59】 URL | シロ [ 編集] | top▲




コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



Trackback
Trackback URL
→http://hemhem.blog6.fc2.com/tb.php/385-15b6b615
FC2blog user only
deep inside
ずっと胸に仕舞っておいた思いがあります。ノラの飼い主。捨てるつもりで公園に連れて行ったなんてあたしの前で言わないで下さい。どうしてそんなに平然と言えてしまうの?恥ずべき行為だと気付かない愚かな人に、あたしは言葉を失います。一人暮らしをして... Special Ordinary【2005/05/25 10:31】
捨てないで、拾わないで、増やさないで
「ミソレンジャー4(改)」 みそログ。のRICKYさんが作ってくださいました。 この画像は当ぶろぐ... ねこまんだら【2005/08/01 14:57】
| Top |