Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


recent entries



自分の住む町はどんな町?その2 ++++++++ ペットと暮らしやすい町に

2006/01/07

昨日の尾道は寒く、また雪が降りました。
そして、私は本格的に風邪をひいてしまいました(^^ゞ
年末年始とばたばたして、この連休でやっと時間が取れると思ったのに…。
そんな訳でお世話になっている皆さんの所へも、なかなか遊びに行けずすみません(>_<)

でも、毎朝毎晩のヘムちのお散歩は欠かさず行ってます♪
元気なヘムちの存在が私の心の支えです(^^)

では、今日は我が町の迷子犬(猫)について書こうと思います。
迷子問題も様々な問題に繋がっている、という事が伝わるといいのだけど…。


***********************************

我が町の迷子犬(猫)の情報は「広島県動物愛護センター」に集まります。
このセンターは広島市、福山市、呉市を除く広島県の地域が管轄です。
年始早々この愛護センターに問合せをして、色々と教えていただきました。
(センターの方はいつも丁寧に対応してくださいます^^)

ここ最近の迷子の問合せ件数は、
昨年度が88件。
今年度は1月現在で既に120件を超えたそうです。

一方、迷子の問合せ件数は猫よりも多く、
毎年大体200件は超えるそうです。

この数字は管轄内だけでなく、管轄に隣接した地域からの問合せ数も若干入っているという事、
猫も犬も毎年件数に大きな変動があるという事も教えていただきました。
そして問合せのある迷子犬(猫)に
迷子札、犬は犬鑑札や狂犬病予防注射済を首輪につけているケースはごく稀だそうです。
もちろん迷子札も万能ではないので、付けていてもなかなか見つからず
問合せがくる事もあるそうです。

犬の迷子は、外犬を繋ぐ鎖ごと外れて逃亡してしまったり、
中には首輪が外れて、鎖と首輪を残していなくなってしまう事もあり、
そうなると野良犬と全く区別がつかなくなってしまい、
保護される可能性が低くなってしまいます。
犬小屋から犬が拉致されてしまったお話も度々耳にするので、
まだ外で犬を飼う家庭が多い我が町では、
外犬の迷子対策の呼びかけに力を入れる必要性を感じました。

首輪よりもマイクロチップ装着の方がより安心かもしれない、
とマイクロチップに興味を持って自分なりに調べていますが、
犬や猫に装着するマイクロチップは、
リーダーでチップの情報を読み取るもので、
このリーダーがある所へ犬や猫を連れて行かなければいけません。
最近では動物愛護管理法により、特定動物にチップの装着が義務付けられたり、
検疫制度により、海外から入国するペットにもチップの装着が義務付けられた事もあり、今後もチップ装着のペットが増えそうな動きが見られます。

ところが、日本にはリーダーの設置場所がまだ少なく、
行政が自治体へのリーダー設置の整備に取り掛かったという話も聞いていますが、
今はまだ一部の動物病院や、一部のセンターなどにある程度。
リーダーの普及がチップ装着の普及に繋がるので、
徐々にでもリーダー設置場所が増える事を期待したいと思います。

そこで、我が町の尾道市にリーダー設置の予定があるのか問合せた所、
その予定は未だになく、来年度の予算にも入っていないそうです…。
(応対もしどろもどろで、あまり気のない返事だったのもがっかりでした^^;)
尾道市よりも動物愛護に熱心な隣の三原市も同様でした。
唯一、広島県動物愛護センターがリーダー設置の予定があるそうですが、いつになるかはまだ未定とのこと。
今現在、義務付けられている犬の登録すらしていない飼主さんやブリーダーが、近所に探せばいくらでもいるこの町では、
まずは最低でも登録をしてもらう事から始めなければいけないのかもしれません(^_^;

それ以外にも、迷子についてもっと深く考えて行くと
「不妊手術」の必要性も見えてくると思います。
他人に迷惑をかけないという事が、
糞の放置や鳴き声といった問題だけではないという事に、
早く気付く飼主さんがこの町に増えてもらわなければ、
東京よりも3年は遅れていると言われる我が町が、
3年どころではなく、5年、10年も遅れてしまうでしょう。

***********************************

ちょっと余談になりますが、
犬の登録や犬の引取り、狂犬病予防接種は
「狂犬病予防法」という法律で決められていますが、
特定動物のマイクロチップの装着の義務付けについては
「動物愛護管理法」という法律で決められています。
動物愛護センターはこの2つの法律によって業務を行っているので、
特定動物だけでなく、犬にもマイクロチップ装着を義務付けようとすると、
狂犬病予防法」の改正も必要になると思います。
この法律が約50年も改正されていない事が不思議です…。

テーマ=日記 - ジャンル=ペット

| コメント(2) | top▲




<<自分の住む町はどんな町?その3 | Top | 自分の住む町はどんな町?その1>>




Comment
>こなつ母さん
覚えていますよぉ~^^
ふむふむさんとココアくん、元気かなぁ。
楽しい話題ばかりではないヘムヘムだけど、遠慮なく遊びに来てくださいねv

cd缶はストラバイトの予防食のことでしたか!
教えてくれてありがとう~(^^)
こなつちゃんも繊細ですよね。シーズーってどうしてこんなに弱い犬種になってしまったのか…乱繁殖や無知で安易な繁殖が憎いです(>_<)
こなつ母さんは手作り食には関心ありますか?
知っているかもしれないけど、須崎先生のブログを参考にしてみてください。
http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/
須崎動物病院のHPもこのブログからリンクされているし、メーリングリストを登録するのもお勧めです。
ここの動物病院が販売しているフードは良さそうですよ。
でも、我が家はさとちが反対して買えないんです~><

最近は迷子だけでなく拉致されるケースも増えてますね…。
拉致されるのは都会に多く見られる様です。
店先で待たせたり、車の中で待たせるのも控えないと…。
犬の登録は私の周りを見ても、6割を切りそうです(-_-;

仔犬の販売ですが…8週以降と環境省も発表した事があるというのに、後に「根拠がない」という理由で撤回されてしまったんです。
今回の法改正のパブコメでは「8週以降とすべき」という意見がたったの200件に対して、「生後45日以上とすべき」という意見は4000件を超えました…。結局、法改正の意見をするのは販売側の人が多いという事なんです。
飼主さん達が意見しない限り、動物や購入者(ペットと暮らす人)の立場ではなく、販売側の立場にたった法律が出来てしまいます~(T_T)
【2006/01/08 23:31】 URL | あこち⇒こなつ母さん [ 編集] | top▲


覚えて戴いてて、嬉しい~ほんとご無沙汰してました。
少し余裕ができたので、今年はもっと遊びに来ないと~~
尾道市、素敵な所ですね。こなつ連れて行ってみたいです。
cd缶は病院用の処方食ですよ~ストラバイトの予防食です。
こなつは免疫が落ちて、皮膚病と膀胱炎を繰り返してるんですよ。
ほんと病院通いを少しでも減らしたくて、可愛そうだし。
良いご飯ないでしょうかね。
迷い猫や、犬のポスターよく見ますよね。
そして見つからない事も多いですよ。
こなつのお友達のシーズーも、連れていかれて見つからないの。
狂犬病のワクチンも50%と聞くし、今度子犬の販売も
8週以降になる話も見ましたよ。
ほんとワンコにとって住み良い世界になったら、いいですよね。
【2006/01/08 19:48】 URL | こなつ母 [ 編集] | top▲




コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



| Top |