Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


recent entries



2つのニュース ++++++++ がんばる!動物愛護センター

2006/03/04

 動物愛護センターについて調べていたら、仙台市動物管理センターに関するニュースを2つ目にしました。どちらも1月下旬のほぼ同時期にニュースで取上げられていますが、それぞれに非常に考えさせられる内容でした。

(この記事の後日談をこちらにUPしました。)


***********************************

捨て犬救って! 参加少なく譲渡会苦戦 仙台市動物管理センター
2006年 1月28日 (土)

 仙台市動物管理センター(宮城野区扇町)は収容した捨て犬(成犬)の譲渡会を開催しているが、参加者が少なく苦戦している。人気の純血種も出るが、子犬が並ぶペットショップに押され、反応は芳しくない。新しい飼い主が見つからない犬は処分される運命。センターでは「少しでも多くの犬に幸せな第二の“犬生”を送らせてほしい」と訴えている。

 29日の譲渡会には、ラブラドルレトリバーとボストンテリア、ダックスフント、雑種の4匹が登場する予定。センターでは収容中の犬の中から健康で人懐っこい性格の犬を選んだ。参加者は気に入った犬に食べ物を与えて性格を見ながら、飼うかどうかを決められる。
 これまでは「成犬譲渡会」とのイベント名で案内してきたが、名前が堅苦しいとの指摘があった。今回は子犬を育てるパピーウオーカーと犬を意味するラテン語「CANINE」をもじって、「K9ウオーカー」と銘打つ。

 譲渡会は2004年2月から始まり、今回で8回目。センターは毎回3、4匹を登場させてきたが、参加する世帯の数は犬の数を下回ってきた。1匹も引き取り手がない回もあり、これまで引き取られた犬は7匹にとどまる。
 ペットショップでは犬の売れ行きが好調だけに、不人気の理由が何かありそうだ。センターでは「宣伝不足もあるが、子犬のうちから飼いたいと考える人が多いのではないか。一度捨てられた犬は人に懐くまでに時間がかかる傾向があることも敬遠される理由かもしれない」とみている。
 市動物管理センターが04年度、安楽死処分にした犬は298匹。10年前より100匹ほど少ないが、まだまだ多くの犬がセンターで悲しい死を迎えている。

 センターの主任(獣医師)は「どの犬も『お座り』『伏せ』などの基本はできるようにしつけている。初めて犬を飼う人はもちろん、2匹目を探している人にも来てほしい」と話している。
 犬は無料で、必要なのは狂犬病予防注射や登録にかかる6020円。飼うと決めた人は3回のしつけ教室に参加すれば、正式に犬を引き取れる。連絡先は仙台市動物管理センター022(258)1626。

河北新報社より~



動物管理センター市民に暴言
2006 年 01 月 27 日 19:49

仙台市の動物管理センターの職員が犬を保護しようとした女性に対し暴言を吐くなどしていたことがわかりました。
センター側は抗議を受けて女性らに謝罪しました。 仙台市に住む○○さんは去年12月、仙台の泉ヶ岳で動物管理センターの男性職員が犬を捕獲しようとしていたのを見つけ犬が処分されてしまうことを心配し「自分が引き取る」と職員に申し出ました。
すると、職員は「おたくもボランティアの団体か。邪魔だからどけろ」などと言った上、犬の餌を投げつけてきたということです。
さらに今月、○○さんがセンターのホームページの里親募集に載っていた犬を引き取ろうと連絡したのに職員の連絡ミスで先に処分されてしまったということです。
抗議を受け、センターの所長は「不適切な対応だった」と謝罪しました。

TBC東北放送より~

テーマ=日記 - ジャンル=ペット

トラックバック(1) | top▲






Trackback
Trackback URL
→http://hemhem.blog6.fc2.com/tb.php/550-a0cf5693
FC2blog user only
2つのニュースその後
3月4日の2つのニュースという記事で取上げました、仙台市動物管理センターに関するその後のニュースを追記にご紹介したいと思います。昨日は岡山県動物愛護センターへ行き、職員の ボク達は家族。ヘムちな毎日【2006/03/12 11:20】
| Top |