Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


recent entries



千葉県柏市の迷い犬保護・続報 ++++++++ 動物SOS

2006/06/06

ジェットママさんからのSOSです。
走れジェット!:SOS!より以下抜粋させていただきます。

今日2匹の迷い犬?を保護しました。

心当たりの方はご連絡ください。
また、一時預かりをしていただける方をさがしています。

保護した場所:千葉県柏市 
       県立柏中央高校裏、松ヶ崎橋の傍の排水溝の中


親子かもしれません。
犬種:大きいほうはシーズー?(親?)
   小さいほうはシーズーのMIX(子?)
性別:二匹ともメス
体重:大きいほうは7kgくらい
   小さいほうは3~4kg
年齢:二匹とも成犬、子?のほうはまだ若いように見えました。
毛色:白とグレー(たぶん)

被毛はかなりの間手入れもされてないように見えました。
あまりの汚れで特に足はドロドロの状態でした。

保護するまでの経緯:

今日の夕方、広場で遊んでいた時、わんこ仲間のおかあさんが向こうのほうで犬が吠えていて、それは昨日からだと言うのでそこにいたわんこ仲間とその場所へ向かうことに、
そこには排水溝の中でうろうろしているワンコと足でも怪我をしているのか動けないでいるワンコが二匹、排水溝の中にいました。
水もたまってなかったのでそこへ降りて友達が渡した水入れをそこに置いてやると喉が渇いていたのだろうすごい勢いで飲みだした。
取りあえず上に上げてあげようとしたが足が蔓に引っかかっていて動かせないので
蔓を切って一匹は上に上げてあげた。もう一匹は近寄ろうとすると逃げるのでなかなか思うようにいかずひとまずあきらめて、
近くにシェルターがあるのを思い出したので私はその場を他の人たちにまかせて急いで自宅へもどり電話番号を調べて電話してみたが個人での引き取りはしないとの返事でした。

急ぎみんなの所へ戻りどうするか相談をしてあちこちの動物病院に問い合わせてなんとか一件診てくれるところが見つかりみんなでカンパを集めて病院に向かうことになり、数人が同行して動物病院へ向かいそこできれいにしてもらい今日はその病院で預かってもらえることになりました。

きれいになったらデジカメで写真を撮ってメールしてもらえるようにお願いして帰ることになりました。
私は平日は仕事で出かけて夜も遅くなってしまう為、時間の空いている人に明日のことはお願いすることになりました。
今日のところはみんなのカンパでなんとかなりましたがこのまま病院で預かってもらうことも出来ません。
私たちも自宅へ連れ帰ることが出来ません。
このままでは保健所へ行くことになってしまいます。

早急に一時預かりをしていただける方を探しています。
連絡先:mail@jet-jet.com

どうかよろしくお願いいたします。


その後の詳しい経緯はらいす母さんのブログをご覧ください。
きゃばらいす:2006年06月

わんちゃんの写真はりゅうすけさんのブログに掲載されています。
あにまる日記2: 緊急!!SOS!!里親、一時預り宅募集!②

わんちゃん仲間の皆さんが力を合わせて飼い主さん、一時預かりさん等を探しています。
どうか皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。
そして、ご自分のわんちゃん、ねこちゃんには迷子札をつけてあげてくださいね。


***********************************

続報です。(6月9日追記)

小さいほうのわんちゃんは新しい飼い主さんが見つかったそうです。
どうか、幸せにね!
ヘムちと一緒に「生きているだけで丸儲け」な犬生を送ってください。^^

そして、大きいほうのわんちゃんですが…虹の橋を渡りました。
保護されたみなさん、非常に辛く厳しい選択を迫られてしまいました。
らいす母さんのブログに詳しい内容が書いてあります。
 きゃばらいす:保護犬、続報!その3

私のように見捨てるのではなく、その命の最期まで見届けることで、ひとつの命と向き合ったみなさんに頭が下がる思いです。
重い病気に罹っていたわんちゃん。
もし、元の飼い主さんが捨てたとしたら、絶対に許せません。
どうやったらペットを捨てた人に責任を取ってもらう事ができるのでしょうか…。
ペットの遺棄は犯罪なのに、どうしたら警察は動いてくれるのでしょうか…。
いくら立派な法律があっても機能していない現実がもどかしいです。

もし、飼い主さんが迷子にさせてしまったとしたら…、
私たちも愛犬や愛猫に同じ思いをさせてしまう可能性もあることを、忘れてはいけないと思います。
私は…行方不明になったロンは、もっと悲惨な最期だったと思っています…。

わんちゃん、今はロンと会っているかな。
どうか、安らかに。
そして、保護にかかわった皆さん、本当にお疲れさまでした。

テーマ=シーズー - ジャンル=ペット

| コメント(6) | top▲




<<突然の死 | Top | ヘムち通信~後半~>>




Comment
bibiさん、ありがとう。
「迷い犬」というキーワードには弱い私…
保護されて本当にラッキーだったと思います。

私なんて、溝にはまってパニックになったわんちゃんを保護も出来ずに、見捨てたことがありますから…。
bibiさんもご存知の、しまなみをサイクリングしていた時のことで、今でも忘れられない出来事です。

収容動物データ検索サイトが、収容動物だけではなく、地域ごとに迷子・保護動物の情報を一括して管理できたら、もっと効率よく飼い主探しから里親さん探しまで出来るように思うんです。
あとは、遺棄された可能性もあるので、動物愛護管理法のもとで捜査してほしいのだけど、現実はなかなか警察は動いてくれません…。
捨てる人は飼っていた人。
捨てられた動物には何の罪もないのだから彼らは保護し、人は罰する体制を築かなければいけませんね。
【2006/06/06 22:46】 URL | あこち⇒bibiさん [ 編集] | top▲


迷子のわんちゃん、、、
保護されて本当によかったですねぇ。
早くいい里親さんが見つかることを祈っています。

いままでどんな生活をしていたのが気になりますけど、
これからのことが第一優先ですからね。
安心して暮らせる場所を早く与えてあげたいですね。。。

こんな時、全国ネットで情報を提供できる機関があればいいと思いますよね。
早くそうなって欲しいと願っています。
【2006/06/06 22:28】 URL | bibi [ 編集] | top▲


らいす母さん、はじめまして。わざわざコメントいただいて恐縮です(>_<)
ジェットママさんの事だから連絡先は抜かりないと思いつつ、細かい所まで知りたくなって敢えて書きました。今朝、慌てて記事を拝見したので見逃した部分もあったかもしれません。気分を害されたら申し訳ありませんでした。汗
私の実家にいた愛犬が迷子になった後、同じ様に溝にはまって鳴いていた所を目撃されましたが、結局出会えなかったので他人事とは思えないです…。
らいす母さん達に保護されたわんちゃん達はラッキーですね!この強運で幸せを掴めますように!
【2006/06/06 15:15】 URL | あこち@携帯→らいす母さん [ 編集] | top▲


はじめまして、らいす母です。
ブログに掲載してくださり、ありがとうございます。

タウン誌は調べていないのですが、
警察署・保健所・愛護センターには、母が問い合わせまして、
確認しました。
該当するお届出はない、とのことでした。

母の連絡先を申し上げて登録していただいてますので、
何かあれば、直接母に連絡をいただけることになっています。

救い出した2匹のワンちゃんの健康状態を考えると、
元の飼い主さんのネグレクトの可能性もあり、
迎えに来てはくれないと思います。

それならば、今度こそ終の住み処となるところを
見つけてあげたいと思っています。
【2006/06/06 13:19】 URL | らいす母 [ 編集] | top▲


わざわざコメントありがとうございます!
警察・保健所・愛護センター・タウン誌に探している方の届出もありませんか?
捨てられた可能性も高いけど、溝に落ちた恐怖から警戒しているでしょうから、飼主さんが探している可能性もあるかも。一週間を過ぎて飼主さんが見つかるケースも多いので、写真が撮れたらポスター作って、動物病院や散歩道やペットショップや交番等に貼らせてもらうと情報が集まりますよ。
ネットも便利だけど、ポスター等のアナログの効果はもっと予想以上に大きいです
迷子・保護動物の情報窓口がキチンとあればいいのに…
【2006/06/06 11:54】 URL | あこち@携帯→ジェットママさん [ 編集] | top▲


あこちさん、
早速協力いただきありがとうございます。
感謝です。
取り急ぎお礼まで、
また、夜に伺わせていただきます。


【2006/06/06 08:23】 URL | ジェットママ [ 編集] | top▲




コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



| Top |