Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


recent entries



私にも犬が飼えるかな? ++++++++ ペットと暮らしやすい町に

2006/06/28

と相談されたら、私ならまず、
「犬が死ぬのを見届けることができる?」
と、逆にたずねます。

私は普段から、犬を飼う事を率先して勧めることはしません。
「犬と暮らしてみたいなぁ~いいなぁ~」
と言われたら、すかさず
「大変だよ~。雨の日もお散歩行かなくちゃいけないし、毛は抜けるし、カットもしなくちゃいけないし、お風呂だって入れてあげなくちゃすぐ臭くなるし~」
と、デメリットばかりを延々と言います。

「病気もするし、どんなに気をつけていても迷子になってしまう事もあるし、犬が死ぬまで自分は元気でいなくちゃいけないんだよ。」
これだけ言っても簡単に飼えると思ってしまう人は、人間として問題ありかも。
逆に、それでも犬を迎えようと慎重に行動する人は、犬と暮らせる人のはず。

もし、同じような相談をされたら、このお話を紹介してください。
今までに何回も紹介していますが、これからも紹介していくつもりです。
とても大切なことが楽しいイラストと、分かりやすいストーリーで描かれています。
何度読んでもクスッと笑えて、そしてホロリとさせられるんだなぁ…。

 動物愛護読本 「犬を飼うってステキです-か?」

犬を飼うってこういうこと。
犬と暮らす、犬と生きるって、こういうこと。

続きは、腹立たしくて悲しい実話です。


***********************************

先日、ちょっと懐かしいお名前を思いがけない所で見かけました。
随分前に、ヘムヘムへ遊びに来てくださっていた方。
久しぶりにブログへお邪魔してみると、そこには悲しい体験が載っていました。

犬を飼うことを相談されたので勧めたら、実際に飼ってみたら大変だったと投げ出してしまい、数ヶ月でそのわんちゃんは保健所へ連れて行かれてしまったそうです…。
責任を感じるのは、本当は犬を手放して保健所へ連れて行った人のはず。
でも、一番責任を感じているのは相談されて犬を勧めた人だなんて…。

写真は今年の3月、岡山動物愛護センターへ行った時に撮ったものです。
ここは「保護棟」と名称はついていても、残念ながら保護される数は極わずかで、実質は「処分棟」です。
この入口は「飼えなくなった犬猫を引き取る窓口」でもあります。
この日、一人の中年の女性が手続きをしていました。
全く緊迫感のない空気に愕然としました。
(ドアの向こうに座っている後姿が手続き中の女性です。)
甘えの構図

一つの命が殺されるのよ?
あなたのペットなのに他人に殺してもらうんでしょう? 
こんな人を私たちは甘やかしていいの?

「犬を飼うってステキです-か?」が紹介されている
生活衛生営業と動物愛護(東京都福祉保健局健康安全室環境衛生課)のHPの下のほうには、他にも大切なことが沢山書いてあります。
「もっと友達」「出かけるの?」といった普及啓発のお話も必見です。

ぜひ、ご覧くださいね。

テーマ=犬との生活 - ジャンル=ペット

| コメント(12) | top▲




<<アンケート【犬の鑑札/注射済み票編】 | Top | たまには日記など>>




Comment
さ乃助さーん、いつもありがと~♪
私も時間がある時はこっちょり遊びに行っているんですよv

私も一人暮らしの友達には絶対勧めません!
このブログにも時々登場する友達は分譲マンションだけど、ペット不可なので「隠れて飼うのは自分もマンションの住人もペットにも不幸なことだから我慢してね」と言ってます。
本当は沢山の住人が住むマンションに「ペット不可」という規約は不自然だとも思うんですよ。
私が子供の頃に住んでいた巨大なマンション団地は「ペット不可」だったけど、一つの町の規模の団地から完全にペットを排除する事はそもそも無理で、多くの人が犬や猫などと暮らしていました。
そして、ペットと暮らす人たちがサークルのようなものを作って、マナーを守るように呼びかけたり、管理組合に理解を求めたりと活動していた記憶があります。
でも、私の親は広島の一軒家に引越すまで、ペットと暮らす事を許してくれなかったけど。
特に犬好きな父は「こんな環境ではなく、犬にはもっとのびのびと過ごさせてあげたい」と言ってたけど、これは父の犬に対する愛情だと思っているんです。^^

かつてのさ乃助さんのお隣さん、わんちゃんと一緒に引越したのならまだよかった。
ひどい人はすぐに犬を手放して、保健所へ連れて行く人もいるし…(-_-;

ディロンの最終回、まだ見る時間がなくて…(TT)
大泣きしちゃうだろうなぁ…
でも、明るく楽しい部分も多いドラマでしたよね。
前向きになれる所がステキだなぁ~^^
【2006/07/03 23:44】 URL | あこち⇒さ乃助さん [ 編集] | top▲


こんにちは~☆久々コメントですが、いつも見てますよ(・∀・)v
確かに犬と過ごす日々は楽しいけれど、自分も犬を飼う事を人には勧められませんね~(+_+)
特に賃貸物件に一人暮しの独身さんには「絶対やめとき!」と言います。
(理由は沢山ありすぎて・・・何にせよ、一人暮らしで遊びたい盛りの年頃に犬飼っちゃいけませんよ)

厳しい事かもしれませんが、犬を飼うには、それに適した環境で飼わないと、人にも犬にもいいこと無いと思うんですよ。
自分は犬を飼う以前、新築の公団住宅に入居した事がありまして
隣の部屋の家族が内緒で犬を飼っていたんですが、すぐにバレて
入居から1ヶ月もしないうちに退去させられてた事があったんですね~(;=_= A
契約以前に「公団で犬猫飼っちゃダメ!」って大前提なのに何故そんなことするんでしょう?
家賃だって、相場より高めだったのに・・・
(ちなみに隣家は大人だけの所帯でした)

「犬を飼うってステキですーか?」は、何度見てもホロっとさせられますねい。゜(T^T)゜。
これから犬を飼う方に、読む事を義務付けてほしいくらいでフ

それと、ドラマの「ディロン」も2話から見ましたよ(^_^)v
悲しい現実が沢山ある中でも、希望を失わずに前向きに生きる人たちの姿に感動でした~(つД`)
「犬は裏切らないんですよ、裏切るのはいつも人間なんです」
この台詞、自分も肝に銘じておこうと思います。
【2006/07/03 13:14】 URL | さ乃助 [ 編集] | top▲


しんべーとの別れから、まだ日が浅いものね。
人によっては二度と暮らせなくなる方もいるみたい。
家族を失う悲しみは、それが人であれ、動物であれ、私は同じなんだと思うなぁ。
おじゃっぴさんが動物たちと家族同然に暮らしていた事が分かるから、きっと、おじゃこやおじゃおへの指導もばっちりに動物と暮らすことが出来るとは思うけど…。
縁があれば、また動物と暮らす時が自然とくると思うよー。

おじゃっぴさんが昔お話してくれた、しんべーの去勢手術の顛末を今も時々思い出しては、一人笑っています。
幸せなにゃんこだねー!
【2006/06/30 22:09】 URL | あこち⇒おじゃっぴさん [ 編集] | top▲


飼う「前」ってとーっても大事だと思うんです。
きっちり釘をさしてあげることも、その人と犬たちへの優しさですよね^^

避難のことは私も考えますよー。
ヘムは保護主さんからいただいたキャリーがあるので、それに入れて移動する事は考えています。
あとはドライフードを常備しておくことかな。
もちろん、多くの人や犬が集まる場へ行くのだから、ワクチンや狂犬病予防接種も済ませておくことも必要ですよね。
それと、鑑札や迷子札がこういう時こそ効力を発揮すると思いますよ。(それでも不安なら、マイクロチップを埋め込んでおく方法も考えられますねv)

P.S.bibiさんの掲示板を見てくださいね~v^^
【2006/06/30 22:04】 URL | あこち⇒bibiさん [ 編集] | top▲


犬と暮らすメリットや素晴らしさは、もう私とヘムを見てもらえばそれで十分かなぁと思って。
下手に勧めて、手放されたら悔やんでも悔やみきれないもの。
でも幸い、私の周りには共に暮らす動物たちを大切にしている方ばかり!
こういう人の方が多いのに、犬猫の引取りが絶えないのは、事実を知らない人が多いことが大きな理由じゃないかと思えて…。

こういう飼主たちと、私たちを一緒にしてほしくないよね。
そのためにも、周りの人に迷惑かけず、最後まで責任持って育てる飼主でいなくっちゃ、と私も改めて思いました。
迷子にさせることだって、周りの人に迷惑かけるんだという事も忘れないようにしないと。汗
【2006/06/30 21:58】 URL | あこち⇒てるさん [ 編集] | top▲


私もロンを見届けていないから、まりあさんと同じなんだよね。
でも、見届けられることがどれだけ大切な事かも分かったから、今の私は見届けた方々が実はうらやましいんだ。
確かに愛犬の死を想像するとコワイけれど…。

コタち、またちょっとアレルギーの症状が出てしまったみたいね。
ヘムちとは違った大変さがあるね。
その大変さも犬育ての楽しさ、と言える心のゆとりがないと、手放しちゃうのかな…。
やっぱり理解できない><
【2006/06/30 21:53】 URL | あこち⇒まりあさん [ 編集] | top▲


んふふv朱里ちゃん、行進したのかしらん。笑
子供に犬の世話は無理なんでしょうね。
何かで聞いたけれど、犬は子供ではなく、大人のペットだと。
ペットという表現に賛否両論はあるでしょうけど、うまいこと言うなぁと思いました。^^

朱里ちゃんの反応が気になるなぁ~。
【2006/06/30 21:49】 URL | あこち⇒花華さん [ 編集] | top▲


同感です。死に際を見届けるのはつらいです。
私はもう生き物を飼うのは躊躇します。
でも、犬や猫と一緒に暮らした日々の思い出が
私にとって大切な財産っていうか宝物になっていることを、
やっぱり子供達に味わってもらいたいなぁって思う事があります。
でもまだ飼いたいって思わないのは、癒えてないのかもしれませんね。妹であり姉であり友人であり…一緒に暮らした家族ですから…。
【2006/06/29 22:41】 URL | おじゃっぴ [ 編集] | top▲


いい加減な気持ちでは飼えないということを私も言うようにします。
可哀相な子が増えないように、、、

私事ですが、
最近夜中に地震があったら、、、ってよく考えます。
3匹も連れて避難出来るだろうか?って、、、
すぐに避難できるようにリードを身近な所に置いておく必要がありますよね。
いつ大きな地震があるかもしれないし、、、

あこちさんはどうされてますか?
最近とても気になってます。。。

【2006/06/29 00:10】 URL | bibi [ 編集] | top▲


あこちさ~ん、私もこれから聞かれたら、そう言おうと思います。
お勉強になったわ。

あ~やこ~やと理由をこじつけて捨てる飼い主への腹立たしさは今はおいといて。
その子が旅立つ時、幸せやった、ここの子で良かったってそう思ってもらえるようなかあちゃんでいたい、そう思うよ。
ちゃんと見届けてあげること、それが1番の責任やないかな~
【2006/06/28 21:43】 URL | てる [ 編集] | top▲


私はどうかなぁ。と、時々考えます。
死ぬのを見届ける事が出来るか…。まだ経験していないので何とも言えないけれど、死んでも手放したくない。とは思う。
お散歩は渋々行くタイプなので、雨の日はしないし、天気が良くても一日1回だけの時もある。
でも、ハウスダストのアレルギーと分かってから、掃除には気を使う。
犬それぞれによって、大変な所は違うけれど、いつか死んでしまうのはどの仔も同じ。

飼う前にわかりそうな事だけど、どうしてこんな話が後を絶たないんだろう。
相手は命があるものなのにね。
【2006/06/28 11:48】 URL | まりあ [ 編集] | top▲


この子供はまさに我が家の朱里さんです
誓約書を書かせてみて、毎日散歩させる、全部面倒を見る・・・・
今では朝の散歩は起きられない、夕方の散歩は暗くて不審者が出るから(言い訳)等と飼った本人はいいとこどりです。
子供なんてそんなもんですね・・・
是非!明日朱里に見せよう!!!
【2006/06/28 01:26】 URL | 花華 [ 編集] | top▲




コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



| Top |