Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


recent entries



ボク達は家族。ヘムちのいのち ++++++++ 愛犬の健康と病気

2007/04/03

前回の記事をUPしてから、みなさんに心配させてしまいました。
ヘムよりも私の方が心配だと、さとちにも言われてしまったダメ飼主です><
でも、今は気持ちの整理もついたので大丈夫です。

現在のヘムの症状は、私達が帰宅して大喜びではしゃぐ時や、
体の体勢によって時々「ケホッコホッ」とむせるような咳をする以外は、
食欲もあるし、おちっこ、う○こも良好。
お散歩も元気に行って、ウキウキと歩きます。
普段から走ることもなく、あまり活発な犬ではないので、
弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症)と診断されなければ、きっと今も気付かないままでした。

そう言えば、去年辺りからヘムの鼓動の音が大きくなった気がします。

私はヘムの鼓動を聞くのが好きで、よく胸に耳を当てて聞くのだけど、
最近では耳を当てなくても聞こえる時があり、
心臓が大きくなってきているのかも…と思っています。

先生の説明では、病気の進行を抑える薬を毎日(死ぬまで)飲み続ける方法があり、
金額は体重によって差はあるが、1ヶ月4,000円~5,000円くらいという事でした。

ヘムちの自称カリスマトリマー(汗)の私にとっては、
トリミング代と思えば金額的な面では大した負担ではありません。
問題は、さとちと私のヘムの命に対する考え方の違いでした。


さとちはヘムに無理な治療はせず、
残された時間を十分に可愛がって幸せにしてあげよう、という考え。
私はたとえ完治しなくても、愛犬の苦痛が少しでも抑えられ、
穏やかに長生きできれば治療してあげたい、という考え。

でも、本当はヘムの事よりも、私は自分の気持ちを大切にしているんじゃないか…
ヘムに長生きしてほしい、私達のそばにいてほしい、
その気持ちを満足させたいだけの、私のワガママなんじゃないか…。
毎日の投薬がヘムにとって全く負担がないとは言えないし、
この病気を受け入れてヘムの寿命を全うさせる事が、ヘムの運命なのでは?
ありのままの事実を、さとちのように受け止める勇気を持つべきかもしれない…。
私が強くなればいいんだ、犬と人を同列に考えてはいけないんだ、
と思い詰めたりもしました。

この気持ちを正直にさとちに伝えると、
そこまで私が思い詰めると思わなかったみたいで、
「治療する方法があるのなら、考えてみればいいじゃん。」
とサラリと言ってくれて随分と心が軽くなりました。
さとち、アリガトウ~~(T_T)

犬も人も、共に暮らす家族みんなが、
できるだけ穏やかに過ごすことが大切なのかもしれない。
そのために、家族みんなが肉体的・精神的な苦痛を
出来るだけ取り除く方法を
お互いに歩み寄りながら決めていこう。
今はそんな風に思えるようになりました。

ヘムち大好き!
ヘムちもさとちも、大切な大切な私の家族、かけがえのない命。
キミたちが私の家族で本当によかった。
そして、周りの人たちにも、心からありがとう。

GWまでに、ヘムの心臓病の精密検査をしようと思っています。


 (いつも拍手ありがとうございます♪レスは↓です)

***********************************

>2日1:10のコメントさん
ヘムちに応援ありがとう!悪化しない様に私も気をつけて生活させますね。

>yuyyuyさん
いつも見守ってくれて、本当に本当にありがとう(T_T)
yuyyuyさん、私もヘムちも大好きよー!!!

テーマ=ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル=ペット

トラックバック(0) | コメント(8) | top▲




<<お待ちかねヘムち パート2 | Top | 弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症)>>




Comment
うわわ、baboさんまで~…ううう、ありがとう(T_T)

今日のヘムちはいたずらもなく、いい仔にお留守番して、
元気にお散歩して、いびきかいて寝ています~♪
特に興奮していなくても、時々咳をしているみたいで、そこが少し気になる程度かな。

baboさんがバディちゃんの時、どれだけの衝撃を受けたのか…
ほんの少しだけど分かったような気がしました。
気がしただけで、本当は全く分かっていないのかもしれないけれど(^^ゞ
思い詰める時間を長引かせてはいけない、
と思っていたので、もう大丈夫!
でも、別れの時はきっとボロボロだと思いますー(^^ゞ

おほほv 最近はトリミング自慢をあまりしていないけれど、
以前はカットする度に記事にして、鼻高々でした。笑
この写真は毛が伸びて、可愛くなってきた頃なんです。
baboさんと会った時は、カットしたばかりだからガタガタでしたねぇ。
【2007/04/05 00:06】 URL | あこち⇒baboさん [ 編集] | top▲


小麦ママさーん><
いつも冷静で強く優しい心で、アドバイスありがとう(T_T)

私はロンの事で「後悔」しているので、少し臆病になっているのかも。
でも、今は何とかなるさ!と思っています。
悩んでも、後悔しても、その時はその時だ!って。^^

フラワーレメディ、随分前から聞いた事はあって興味はあるんですよ。
小麦さんよりも、パパさんに効果があったんだ。笑!
これを機会にちょっと調べてみますねv
【2007/04/04 23:58】 URL | あこち⇒小麦ママさん [ 編集] | top▲


さ乃助さーん、分かっていてもショックでしたー(T_T)
でも、もう大丈夫。
考えすぎたり、思い詰める時間を長引かせてはいけない、
と思っていたから、早めに決断しました。
ダメダメな私をいつも明るく背中押してくれてありがとう!

フェリっちの検査のこと、気になっていたんですよ。
来週なんだ。偶然にもヘムちと同時期に診断されたね。
一緒にがんばって、明るく穏やかに暮らしていこうね♪

お姉さんは大変だったんですね><
きっとご両親も胸を痛めていたのでしょうが、あまりその事を表に出さなかったのでしょうね。
私もしっかりしなければ!
ヘムちに慰められてちゃダメダメだ!汗

伝説のおばあさま、カッコイイ~♪
生きるパワー、私ももらいました(^^)
【2007/04/04 23:52】 URL | あこち⇒さ乃助さん [ 編集] | top▲


mさん、すっかりご無沙汰してしまって(汗)
お元気そうでよかったです!
コメントもわざわざ本当にありがとうございます。

ご心配おかけしてしまって…本当にすみません(T_T)
私はどうやら、ネット上ではすごーくしっかり者(?)と思われるのですが、
本当は泣き虫で弱虫でびびりなんですー><
このままヘムの病気が進行するのを見守って、
笑顔で見届けてあげるなんてこと、私には無理です。泣
でもきっと、さとちはそれができる人なんだと思います。

寿命もとてもあやふやなものなのかな?
なんて最近は思ったりもしています。

いつも優しいお心遣いを本当にありがとうございます。
mさんも、ご主人さんと、にゃんこちゃん達と
穏やかな時間を過ごしてくださいね。
【2007/04/04 23:07】 URL | あこち⇒秘密コメントmさん [ 編集] | top▲


今日のヘムチはどうですか?

あこちさん、気持ちに整理がついたようですね、よかった☆
これから色々なことが起こるかもしれませんが、
自分が強くなればいいんだ!、とかそれは我侭?などと
ご自分を追い詰めないようにしてくださいね。

ところで、ヘムチのカットは、byあこちさんだったのですね!?
お上手~、特にお鼻の周りが!
今回のヘムチは、一段とキュートですっっ☆

ヘムチ、ガンバ~ッッ!
【2007/04/04 15:12】 URL | babo [ 編集] | top▲


あこちさん、こんにちは!
決断されたんですね・・悩み抜かれたと思いますけど、
あれこれと他の意見に流される前に自分が決めることが一番重要なのだと聞かされました。
「後悔」という形に残ってしまうから・・・。
あこちさんが「決断」されたのだったら「治療」しながら毎日を
楽しくLoveLove~で過ごすのが一番の良薬です(^^)
その上で食事やフラワーレメディを試してみたりとするのも
いいのでは??と思う私です。

ちなみに・・フラワーレメディを最近試したところ、ワンコの恐がりよりもダンナのイライラの方がよく効いているように思える今日この頃・・
もちろん。不信がるから言っていませ~ん(笑)
【2007/04/04 12:28】 URL | 小麦ママ [ 編集] | top▲


あこちさん、コンニチハ。

弁膜症のこと、ウチも他人事ではないですね。
来週、フェリさんは病院でお泊り検査です。
ただ我家は、姉が子供の頃から、手術や入退院繰り返してますので
あんまり検査とか治療に抵抗が無いんですよ(汗)
むしろ、「病気でしょっちゅう病院に行ってる方が長生きするよ」なんて言ってるくらいでv-356

本当に、犬は自分の病気で悩まない分、飼主さんが落ち込んでしまいますよね。
でも飼主さんが落ち込んでると、ワンコが悲しくなってしまいますので
あこちさんも、明るく楽しくヘムっちとの生活を満喫して下さいね。

余談ですが、ウチのばーちゃんは、
医者に「あと1時間の命です」なんて言われたのに
しっかりもち直して退院し、その後心臓も肥大しまくってたのに
1年以上元気で生きたという伝説を残しました。
(医者も不思議がってましたよ)
やっぱり、生きる気力って大切なんだなぁ
ヘムっちも、頑張って伝説を作るんだよ~!!!(っ`・ω・´)っフレーフレー!!!
【2007/04/04 11:48】 URL | さ乃助 [ 編集] | top▲


このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/04 04:26】 | [ 編集] | top▲




コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



Trackback
Trackback URL
→http://hemhem.blog6.fc2.com/tb.php/742-cdb1f4be
FC2blog user only
| Top |