Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


recent entries



嬉しいニュース!見つかった迷子犬 ++++++++ 迷子札をつけよう

2007/05/17

大阪府で迷子になっていたバグちゃんが、
環境省「収容動物データ検索サイト」で見つかりました。
詳しい内容は日本にアニマルポリスを誕生させよう!の
kanakoさんの記事をご覧下さい。

 環境省「収容動物データ検索サイト」でバクちゃん、発見されました!!

「あなたを待っている動物がいます。」
というメッセージが印象的な「収容動物データ検索サイト」のHPです。

収容動物データ検索サイト http://www.jawn.jp/

まだまだ参画している自治体は少ないですが、
広島市が参画している事を知って嬉しくなりました。
でも、私が住む町の管轄の【広島県】はまだ参画していないので、
早速、検討をお願いしてみようと思います。
こういう経験談を交えて要望すれば、きっと効果的ですよね。^^

ちなみに、 広島県動物愛護センターのHPはこちらです
収容動物の情報は載っていないので、直接電話で聞いてみてください。

譲渡会は毎週水曜日と毎月第3日曜日に行っているので、
犬と暮らしてみようと思う方は、センターから迎えることも
選択肢の一つとして心に止めておいてくださいね!
 

 (いつも拍手をありがとう♪コメントは↓にレスしましたv)


***********************************

>ともみさん
福岡出張おつかれさまー!
お豆腐とケーキ、おいしそうでしょう♪
ヘムちは見た限り元気なのよ。症状も落ち着いているので安心してねv
トラックバック(0) | コメント(2) | top▲




<<ヘムちと歩く毎日 | Top | 気が乗らないお散歩>>




Comment
チューリップさんも私も他人事とは思えない出来事ですよね。
見つかったというニュースは自分の事のように嬉しいです。
迷子で失うほど後悔してもしきれない経験はないですから…。
愛情が強ければ強いほど、その後悔が大きいように思います。

そのニュースは全国的に記事になっているようですね。
16日の北海道新聞の記事を以下に転載しますね。

保健所が捕獲の犬 殺さずに飼い主見つけて 厚労省、異例の指導(05/16 11:29)
 厚生労働省は16日までに、保健所職員が街頭などで捕まえた野犬や飼い主不明の犬の処分について、できる限り殺さず新たな飼い主を見つけるよう都道府県や政令市など保健所を運営する全国の自治体に文書で指導した。

 人の健康を担当している厚労省が、動物愛護の観点に立って自治体に働き掛けをするのは異例。

 保健所では、捕まえてから2日たっても飼い主が名乗り出ない犬のほとんどを殺処分している。狂犬病予防法に基づく措置だが、厚労省は「同法が制定された昭和20年代に比べ、動物愛護の意識は格段に高まっている。殺される数を減らすよう保健所職員も努力してほしい」と生命尊重を呼び掛けている。

 2005年度に捕獲された犬は8万8827匹で、うち飼い主が見つかったのはわずか1万4410匹。

 動物愛護団体や国会議員らは「たった2日間の猶予でほとんどの犬が殺されてしまうのは残酷」などと厚労省に訴えていた。

北海道新聞
【2007/05/20 00:10】 URL | あこち⇒チューリップさん [ 編集] | top▲


良かったですね。ご家族の心配を想うと経験のある私は人事と思えません。先日のO媛新聞に保護した動物を生かす方向に持っていくように上から県に通達があったと載っていました
嬉しいですね、どの仔も助かって欲しいですね
【2007/05/18 22:26】 URL | チューリップ [ 編集] | top▲




コメント










管理者にだけシークレットコメントをおくる
  シークレットコメントにはレスをしない場合もあります。ご了承くださいm(_ _)m



Trackback
Trackback URL
→http://hemhem.blog6.fc2.com/tb.php/763-1f087a4e
FC2blog user only
| Top |