Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


recent entries



飼主のCT検査結果 ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/07/14

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして1年2ヶ月が過ぎました。


先月撮影したCTの結果は問題ナシでしたヽ(´∇`*)ノ
大丈夫と思いつつ、診察室に入ってすぐエコーだったので
結果を聞くまでちょっとドキドキでした(;^_^A

エコーもリンパ節郭清した左側はもちろん、
首の右側もいつもよりじっくり時間をかけて見てもらい、
こちらも異常ナシ!

4ヶ月前の血液検査の結果も数値が安定しているらしいので
(数値は教えてもらえないみたい。問題ないよとだけアッサリ汗)
薬も今までと同じチラーヂンSを150のまま続けることになりました。


最後に発声時間を計って診察終了。
この日の発声時間は29秒で普通の人と同じで問題なし、と言われました。
ちなみに去年11月は16秒だったのでかなり伸びてます♪

声に関しては左側の反回神経麻痺からほぼ元に戻ったので
(乾燥すると掠れやすくはなったけれど)
私と同じように反回神経麻痺になった方の励みになるんじゃないかな♪

声のリハビリについては医師からの指導は特になく、
ネットで同じ症状の方のブログ等を参考にして、
無理のない範囲で声を出して、毎朝歌って鍛えました。
筋肉は使わないと衰えてしまう、ということを入院して実感したので
声も同じなんだと思います。


あと、今回の手術体験で感じたのは
手術の技術や投薬治療は甲状腺外科医の得意分野だけど、
リハビリや術後の症状の改善、メンタル的なケア等は
あまり期待できない分野だな、ということ。

甲状腺外科と違う分野については
同じ病気の方の体験談がとても参考になりました。

私は今経過を診てもらっている医師に対しては
ベテランだし技術的には信頼しているけれど、
それ以外のことは頼れないと割り切って診てもらっています。
欲を言えば、質問しやすいもう1人の担当医に診てもらいたいけど
日程のタイミングが合わないので仕方ないですね(。-_-。)


次回の検診は4ヶ月後になりました。


キッチネッテでランチ♪
いつもの友人Oやんとキッチネッテでランチ♪

ここの内装は尾道U2も手掛けた建築家で、
店内に建築関係やインテリア等のオシャレな雑誌が置いてありました。
各テーブルにスマホ用の電源コンセントがあるので重宝します。

私達の会話の内容は自分と親の健康についてがほとんど。
20年以上の付き合いだけど、会話の内容も随分と変わったなぁ(;^_^A


| コメント(0) | top▲




飼主のCT検査 ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/06/17

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして1年過ぎました。


先週は術後初めてのCT検査。
肺転移がないかの確認に毎年1回検査をする事になっています。
いつもの定期検診は別館だったので、
約1年振りに本館へ行きました。

CT室は手術室と同じ階にあるので
何となく落ち着かない気持ちで名前を呼ばれるのを待っていると、
館内放送で聞きなれた音楽が…。
入院患者に向けたお昼ご飯の配膳を知らせるアナウンスでした。

まだ11:30なのに、もうお昼ご飯?!
と、入院した時もびっくりしたなぁ〜とちょっとしみじみ。
また食べたいとは思わないけど(汗)入院中はとてもありがたく
術後2日間以外は美味しくいただきました(^人^)

と、ぼんやり物思いに耽っていると名前を呼ばれ、
1年振りにCT室へ入って上半身を撮影してあっさり終了。


本当は1週間後に結果を聞きに来る予定が
遠方なのと仕事を休む調整がうまく取れず、
1ヶ月後に予約を取りました。

もし最悪、肺に転移の疑いがあったとしても
甲状腺乳頭ガンは進行が遅いので緊急性は低いというのもあって、
先生よ都合がつかないなら仕方ないですね、
と了解してもらえました。


この検査や毎朝お薬を飲む以外は
術前と全く変わらない生活を送っています。
あとは日頃から無理をしない、がんばり過ぎないようにして、
ゆったりとした日々を送るように心がけています(^.^)


市内でランチ♪
検査後に広島市内で友達とランチ♪

今回はいつもの友人ではなく、
病院の近くに住んでいるお友達と1年半振りに会いました。
ヲタクの話、愛犬・愛猫の話、健康の話と盛り上がって
また再会を約束して別れました。


癒しの福ちとお花♪
今の私の癒し、福ちゃんと植物たち♪

最近は愛犬だけでなく植物たちのお世話にも励んでます。
中にはほとんど枯れて悲惨な状況だった植物もあったけど、
ちゃんと手をかけたらメキメキと蘇ってきました。

生命力ってスゴイ!
パワーもらってます☆


| コメント(0) | top▲




術後1年経ちました ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/04/28

甲状腺乳頭ガンで4/28に甲状腺全摘・リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして1年が経ちました。


無事に1年、特に問題もなく体調良好で過ごすことができました。

私は社会人になってから多忙な日々を過ごし、
性分もあってかなり無茶をしてきたので(汗)
病気になったことをきっかけに再発予防も兼ねて、
少しゆったり過ごすように心掛けてきました。
おかげさまで術前と変わらない生活を送っています♪

今日は手術前後から今までの症状をまとめてみました。


声の症状
術前とほぼ変わらない声に戻りました。
高音も出ますが、術前と同じ高さまで出ているのかは不明。
歌も家の中では普通に歌えますが、カラオケはまだ試していません。
大きな声や叫び声も出て術前に戻りました。

術前と変わったのは、
●乾燥すると声が掠れるようになった。
●全体的に喉が弱くなったのか、たくさんしゃべると少し掠れる。
●掠れてもすぐに回復する。

術前の喉のイガイガした不快感と声の出にくさは、術後から今まで全くなし!
やっぱりあの不快感は反回神経にガンが巻き込んだ時の自覚症状だったと確信しました。


飲みこみ
術後すぐから飲みこみ難さは全くなかったのはラッキーでした。
でも、術後2ヶ月くらいは頻繁にムセていたのが、今は嘘のように全くムセません。
今年1月に寝ている時に唾液が気道に入ってムセたのが最後です。
薬を飲みこむのも上手になりました♪


首の症状
術後は首に触っても感覚が全くなく皮膚も固かったのが、
今は感覚も戻って首全体が柔らかくなって元に戻りました。
リンパ節を郭清した左側だけほんの少し痺れが残っている程度。

術後すぐから首の左側の皮膚にぶつぶつが出るようになって、
今も時々ぶつぶつが出ます。
右には出ないので、これもリンパ節を郭清したせいかな?

リンパ節郭清と言えば、顎の下と首の浮腫み。
これも今はなくなってスッキリしました。
ちなみに私の場合、郭清したリンパ節は10ヶ所です。

首の動きは完全に元に戻っています。
これは退院してから毎朝続けているラジオ体操のおかげ♪
全身のリハビリにもなるからおススメです。


傷口
右側半分はほとんど目立たなくなりました。
真ん中が一番治りが遅く、ここだけが触ると少し痺れます。

2015/4/28 術後一年の傷口
さっき撮影した傷口

唾を飲み込むと、傷口の下側の皮膚が引っ張られて
特に傷口の真ん中部分が突っ張った感じがします。

この画像では分かり難いけれど、
甲状腺と左側の筋肉を取っているため首が細くなってしまい、
浮腫みもなくなったことで更に細く筋張ってしまいました。
老けて見えるし、傷口が目立たなくなってもスカーフは手放せないかも。汗


でも、全体から見たらそんな事はたいした事ありませんね~。
生きて今まで通りに暮らせるだけでも本当にありがたいです。
手術から時間が経って感謝の気持ちが薄れてしまったけれど(汗)
こうして記事にまとめてみたら、退院した時の感動が蘇ってきました。
たまには振り返ることも必要ですね☆

今夜は夫婦で久し振りにビールで乾杯!
ただ今、ホロ酔いでございます~♪^^


| コメント(2) | top▲




4回目の検診(術後1年を前に) ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/03/14

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして約11ヶ月が経ちました。


今週は4回目の検診へ広島市の病院へ行ってきました。
前回の検診から約2ヶ月。
この期間は仕事で多忙だったことと花粉症が始まったこともあって
疲れて気分が優れない日が多く、特にメンタルが弱ってました。

とは言っても、友人と映画を観に行ったり
従姉妹や叔母たちと会ったり
親たちと過ごしたりと、
そこそこ普通に充実した日々を送ってはいましたけどね(^_−)


さて、今回の検診はエコーと血液検査。
どちらも4ヶ月振りの検査です。

首の縫った跡は毎日のように鏡でチェックする習慣になっていて、
時々はしこりのあった辺りに異変がないかを見ます。

いつだったかリンパが少し目立つような気がしてドキリとしたけど、
花粉症や風邪でもリンパは腫れるし
少し気にしつつ次の検診で先生に診てもらおうと思っていたので
エコー検査をしてもらえてちょうど良かったです。

結果は全く問題なし、でした(;^_^Aホッ


私の甲状腺乳頭がんは進行の遅いタイプなので予後が良い一方で
その他のがんが5年経過を診るところを10年診なくてはならないし、
私の場合はリンパ節に転移したがんが大きめだったことや、
皮膜外浸潤していたことから30年は注意が必要と言われています(。-_-。)

こんなことを手術が終わった次の日に説明を受けて、
がん患者って何て大変な試練を受けているんだろう…
とぼんやり他人事のように受け止めていました(汗)が、
今更ながら長い付き合いになるんだと実感(;^_^A

とは言っても、検診日の結果を聞く時にドキドキする以外は
そんなこともほとんど忘れて生活しています(^ ^)
いつも考えていたら身が持ちません。前向きに前向きに☆


次回は3ヶ月後に肺のCT撮影して
肺転移をしていないかチェックすることになりました。
これは術後1年に1回は撮影すると最初から説明があったので
やっと1年経ったか〜としみじみ。

この日は夫の誕生日だったので、
検査結果が良かったことが最高のプレゼントになりました(o^^o)


声の症状
仕事で声を出す時にたまに出にくいことがある以外は元通りに。
歌も高音が出やすくなって普通に歌えます♪
朝の連ドラ+お風呂で歌ったリハビリのおかげ(^ ^)v

ただ、激しく動いた時に息切れしやすくなりました。
これは片側の反回神経麻痺があるせいかもしれません(。-_-。)


首の感覚
皮膚がやわらかくなって違和感全くなし!
顎の下を触ると少し痺れが残っている程度。


傷口
真ん中がまだ少し赤く触るとピリッと痛みを感じる程度。
最初の頃は傷口から下の皮膚が引っ張られた不自然さがあったのが
今は傷口と皮膚が馴染んで不自然さがなくなってきました♪


2015/3/12 ホテルサンルート♪
恒例の友人Oやんとランチ

今回は病院の近くのホテル最上階にあるイタリアンレストランへ
ちょっとリッチな気分を味わってきました。
このリラックスした時間のおかげで病院通いも苦痛を感じません♪
友人にも感謝(^人^)


| コメント(0) | top▲




3回目の検診はあっさり ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/01/24

甲状腺乳頭ガンで2014/4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして約9ヶ月が経ちました。


今週は3回目の検診へ広島市の病院へ行ってきました。
前回の検診から約2ヶ月。
その間、良くなる一方で特に記録することがなかったほど。
ただ先日、2〜3ヶ月振りにムセて久々に苦しい思いをしました(>_<)


夜中に突然、苦しくなって飛び起きて激しくムセてしまい、
息を吸いたくても全く吸えなくてパニック起こす寸前で
息を吸い込むことができてグッタリ…。

多分、呼吸2回分くらいが吸い込めなかったと思います。
退院して間がない頃は薬を飲む時によくムセて、
昼寝中に一度だけ気管に唾が入ってムセてしまい飛び起きた事があります。

その経験があったからパニック起こさずに済んだけど、
それでもしばらくはショックと怖さもあって
そのまま1時間ほど眠れませんでした(。-_-。)


この事を検診の時に執刀医のベテラン医師に伝えると
あまり反応がなく(汗)めげずに診察が終わる頃にまた
ムセはまだ続きますか?と聞いてみると
まだまだムセますよ〜とアッサリ答えてくれました。笑

他は発声時間も問題なし、
前回採血した血液検査の結果も問題なし、
傷口も順調にキレイに消えてきたし、
後は首を触診してヨシヨシ、と先生は満足そうに頷いて終了。


カルシウム値が正常値に戻ったので
移植した副甲状腺がしっかり機能している、ということで
ビタミンD剤(ワンアルファ)は飲まなくて良くなりました〜♪

これで薬は毎朝1回、チラーヂンs50を3錠のみヽ(´∇`*)ノ
これは一生飲まなくてはいけないけど、
薬を飲む習慣もしっかり身に付いたので負担には感じません。

ただ、手術して初めて迎える冬は体調崩しやすいみたいだし、
反回神経の再建術をした人は喉が弱くなると聞いたこともあるので
無理はできない体なんだと自覚して生活しようと思います。


2015/1/22 イタリアン♪
病院の近くで友人Oやんとランチ♪

原爆ドームの近くにある元安川沿いのイタリアンレストラン。
ランチコース1,650円でSサイズでもボリュームたっぷり!
昼休みのOやんとのんびりランチして楽しく過ごして、
1人で気ままにデパートのバーゲンにも行って、
気の重いはずの検診が毎回楽しみになっています。笑


次回の検診はまた2ヶ月後。
そう言えば今回はエコーも採血もなかったなぁ。


| コメント(0) | top▲




術後8ヶ月半(普通に歌える日) ++++++++ 飼主の病気と健康

2015/01/18

甲状腺乳頭ガンで4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして8ヶ月半が経ちました。


久し振りの経過記録です。

2ヶ月前の検診からあまり変化がなく、
特に記録することがなかっただけで元気です!
ほとんど術前に戻った感じがしていたけれど、
年明けから声がより出しやすくなった事に気付きました♪


私のように反回神経の再建術をした人は乾燥に弱く、
特に冬は声が掠れたり風邪もひきやすくなる、
と同病者の掲示板で見かけていました。

実際、その通りで冬になると少し声が掠れる時が増えて、
まぁこんなもんかな?と思っていたのが、
今月、仕事中に声がまた出やすくなって
声の強弱も調整しやすくなった気がします。

他人には分からないみたいで家族も気付かない変化だけど、
(周りは声の掠れにほとんど気付かない)
私にとっては大きな変化です♪


そして先日、福ちの毛をカットしていた時のこと。
iPodで曲を聞きながらいつもの様に口ずさんでいると、
最初から最後まで高音も楽に出ることに気付きました!

普通に歌えてる~♪( ´θ`)ノ

これだったら多分カラオケ行っても歌えるはず。
口ずさんでいる程度だからハッキリとは分からないけど
高音が普通に出るようになったのはビックリしました。


今週はまた検診があるので、この喜びを先生に伝えよう~っと♪


2015/1/18 願い玉
地元の神社で購入した肉球の願い玉

お散歩で近くを通る時は参拝するようにしています。
もちろん、福ちは境内では大小させません~。
お参り中も隣でじっと大人しく待ってくれます。

2015/1/18 烏須井八幡神社


無事にこうして生きていること、
お散歩できて笑顔でいられることに感謝して手を合わせる時間は
自分と向き合う時間にもなっています(*´∀`*)


テーマ=わんことの生活 - ジャンル=ペット

| コメント(0) | top▲




飼主2回目の検診 ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/11/18

甲状腺乳頭ガンで4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして6ヶ月半が経ちました。


先週は術後半年を過ぎて2回目の検診へ行って来ました。
今までは本館で診察してもらっていたのが今回から別館に。
担当も美人先生からベテラン先生に変更です。ちょっとキンチョー

この日は術後初めてのエコー検査と発声時間のチェック。
エコーは異常なし(ほっ)、発声時間は16秒で問題なし。
そして最後に採血して終了でした。

血液検査の結果は次回の診察で教えてもらえるそうです。
この結果次第では次回から薬が減るかも~♪


首の違和感も痺れも、傷口に突っ張った感覚もほとんどなくなり、
あまり変化もなく記録することもなくなってきました。

そうそう、傷口はどんどん薄くなって、
この診察前に一緒にランチした友人Oやんに傷口を見てもらったら
目の悪い彼女にはほとんど見えない、と言われました♪


2014/5/5 退院日に最後の病室で
2014/5/5退院日に最後の病室で記念撮影


初めての入院で初めて知ったこと
◾︎高額療養費の限度額認定制度
◾︎上記の計算は月ごとなので入院は月をまたがない方がいい
◾︎そのため病院のベッドは月末に空く傾向がある
◾︎手術は入院した次の日
◾︎手術日が月曜日の場合、土日休みの病院が多いため金曜日に入院となる

私は4/25(金)に入院、4/28(月)手術、5/5(月)退院
だったので月をまたいだため、
ひと月で入院手術を済ませた患者さんより費用は高くなりました。

でも、早くGWの間に済ませたかったので
迷うことなくすぐ、この日程で決断して後悔はありません。
むしろ仕事を休めない夫が休みの日は病院へ来れたので
病院の駐車場の職員さんと顔見知りになって親しくなるほどでした。笑


今思えば、月末で更に月曜日だったから
受診して10日後という早さで手術してもらえました。
つくづく病院にも先生にも恵まれたなぁ~(^人^)感謝





| コメント(0) | top▲




術後半年(周囲にいたお仲間さん) ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/10/28

甲状腺乳頭ガンで4/28に甲状腺全摘・左リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして6ヶ月が経ちました。


声の症状と発声方法
普通にしゃべる声はほぼ元に戻りました♪
反回神経は術中に触れるだけで声が掠れるケースもあるそうですが、
私のようにガンが巻き込んで反回神経を切除しなくてはいけなくなっても、
半年経った今は長時間しゃべった時だけ少し掠れる程度にまで復活しました!

執刀医が甲状腺ガンのベテラン医師だったので、
「声は半年もすれば元に戻るよ」
とドンピシャリで当ててくれました(^人^)先生ありがとうございます☆

最初言われた時は半年も?!と思ったけど、
日に日に良くなって3ヶ月辺りから一気に良くなりました。

最近では短時間であれば高音も楽に歌えるようになりました。
歌う時は喉を開くようにして、喉の下の辺りを意識して発声すると出やすいです。
声が掠れていた時もこの辺りを意識すると話しやすかったので、
手術で声が掠れた方はぜひ試してみてくださいね。


首の感覚
気がついたらむず痒さもなくなっていました。
触るとリンパ節郭清した左側がほんの少し痺れているかな?という程度。
起き上がる時に首の筋が引っ張られるような痛みもほぼなくなりました♪
皮膚もやわらかくなったし、首の動きも完全に元に戻ってます!


傷口
傷口の末端は薄く消えかかってきた所も!
でも、真ん中はしぶとく赤味も強く残っています。
触ったり服が擦れると少しピリッと痛む程度。
時々痒みも感じるので、順調に治っているんでしょうね~♪


2014/10/25 尾道水道の青空
2014/10/25撮影。尾道水道の秋の空


周囲の甲状腺ガンのお仲間さん
自分が甲状腺ガンになるまで、
この病気になったことがある人は身近に叔母しか知りませんでした。
全てのガン患者の中でも1%しかいないそうです。

そんなマイナー(?汗)なガンになった事をカミングアウトした途端、
周りに甲状腺ガンのお仲間さんがいたことを知り、
思った以上に多かったのでまとめてみました。笑
ちなみに年代は手術当時の年齢を
()内は手術したのがどのくらい前かを示しています。(敬称略)

元上司の父 5~60代?(約30年前に肺転移で死亡)
叔母 40代(約25年前)
親戚の知人 40代(約20年前)
友人の上司の妻 50代(約10年前)
犬友の友人 50代(約5年前)
隣人の同僚 5~60代?(数年前)
元同僚の義母 5~60代?(数年前)
担当美容師の夫 50代(1年前)
犬友の友人 50代(半年前)

こちらの9名の皆さんは手術当時、広島に住んでいた方です。
40~60代の女性が多く、お1人以外は皆さんご健在で、
恐らくほとんどの方が私と同じ乳頭ガンだと思います。
広島はやっぱり甲状腺ガン患者が多いのかな?なんて思ってしまいました。


2014/10/25 尾道水道の夕暮れ
2014/10/25撮影。尾道水道の夕暮れ


| コメント(0) | top▲




術後5ヶ月(を過ぎてた…元気です笑) ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/10/02

甲状腺乳頭ガンで4/28に甲状腺全摘・リンパ節郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして5ヶ月が経ちました。


声の症状
すっかり安定してほぼ元の声に戻りました!ヽ(´∇`)ノ
自分ではすこーーし声の響き方が違うかな?と感じる時があっても、
他人が聞いたら全く分からない程度。

毎朝「花子とアン」を歌って全部音が出るか確認してきて、
最近では高音も出やすくなってきました♪
でも、その「花子とアン」も終わって月日の流れを感じます~。

乾燥したデパートに入った時に珍しく声が掠れて、
大きな声が出にくくなってビックリしたけど、
デパートを出たらいつの間にか普通に出て気にならなくなりました。
他に、砂埃の舞うグランドでもちょっと声が出にくくなったので
乾燥や埃にはのどが敏感になったのかもしれません。


首の感覚
つっぱり感や違和感をほとんど感じることがなくなって、
たまに傷口に触れて少し痛みを感じたりする程度。
意識すれば首のむず痒さがあるけれど、
普段は慣れたせいもあって気にならなくなりました。


傷口
縫った跡は全体的にかなり赤みが引いて、
末端から縫った糸が出て自分で切った所は
今月に入ってからみるみる小さくなって目立たなくなってきました♪

2014/10/1 傷口の右端

この右端のぷくっとした吹き出物みたいな傷跡が
一番目立っていたのに今は薄くなって、
そこよりもネックレス状の傷口の真ん中辺りが目立つように。
鎖骨の辺りにあったドレーンの跡はいつの間にか消えました。


2014/10/1 お薬ポーチの前で福ちポーズ♪
ポーチにはあと約3ヶ月分のお薬が入ってます

毎朝1回飲む薬にもすっかり慣れて、
今のところ一度も忘れずに飲んでいます♪


退院後、8月9月とコンサートへ行ったり観光したり、
久し振りに従姉妹たちや友達にも会えて
心から楽しい時間を過ごすことができました。
このことを当たり前と思わないようにしなければ(^人^)


| コメント(0) | top▲




術後4ヶ月(再会) ++++++++ 飼主の病気と健康

2014/08/29

甲状腺乳頭ガンで4/28に甲状腺全摘・リンパ郭清の手術、
反回神経と横隔神経の再建術をして8/28で4ヶ月が経ちました。


声の症状
日に日に声が安定して、長く話してもあまり掠れなくなりました。
メモを見ると8/22~ずっと声が安定して掠れはほとんどなし。
時々痰がからんだような感じがして、
咳払いすると声がよく通ることがあります。
あまり変化がなくなって記録することも減ってきました♪


首の感覚
痺れと言うより、少しむず痒さを感じる程度。
首を触っても以前のような不快感はなくなって首全体が柔らかくなりました。
下を向いたままの時間が長かったり、寝ていた所から起き上がると
首が少し引っ張られたようなツッパリ感や痛みが少しあります。
首を動かすとすぐ治るので、意識的に首のストレッチをしています。


首の傷口
他が順調に回復している中で、傷口だけが少し遅れをとってるかな?
縫った末端から糸が出てしまった処が
未だにプクッと腫れて小さな吹き出物みたいになってます。
触ると硬さはないから糸は溶けてきたのかなぁ?
それ以外の傷口は一本線で赤みもなくなってきました♪


体調
甲状腺ホルモン剤チラーヂンを毎朝飲んでいますが、
術前よりもむしろ体調が良くなった気がします。
夏はクーラーですぐに体調を崩していたのに、
今年はそれほどクーラーが堪えなくなりました。
あんなに酷かった冷えもなくなり、よく汗をかくようになったかも?

病院でもらったチラーヂンの説明を読むと
「不足している甲状腺ホルモンを補い新陳代謝を高める薬」
と書いてあるので、
術後から血行が良くなったのはこの薬のおかげかもしれません(^ ^)

毎日ぐっすりとよく眠れるし、おかげさまで体調は良好です♪


2014/8/24 博多で従姉妹たちと♪
博多にいる叔母と従姉妹たちと軍師官兵衛展へ(*´∀`*)


叔母は約25年前に私と同じ甲状腺乳頭ガンで手術しました。
元気で明るい叔母さんの存在は私の心の支えです(^ ^)

叔母さんの手術の傷口は意識してよーく見たら分かる程度だけど、
私のように一本線の傷口より目立ちます。
従姉妹のTちゃんも子供の頃にガンではないけど首の手術をして、
やっぱり傷口が薄らと残ってました。
お互いにがんばった勲章が同じ首に(=´∀`)人(´∀`=)仲間~♪

従姉妹たちとは約20年振り(!)の再会だったけど
2人共変わってなくて子供の頃の面影そのまま!
そして、今更ながら3人の遺伝による共通点
(視力がかなりイイ、福耳、産まれた時に背中に毛が生えてたw 等)
が多くて、血のつながりを感じました。
従姉妹Yちゃんの4歳の娘ちゃんも背中の毛が濃かった笑


ふと、思ったけど甲状腺乳頭ガンは5%ほど家族性があるとか。
従姉妹のYちゃんは私と顔立ちや全体の骨格もよく似てるし、
これを機会に一度、甲状腺を診てもらうといいかも。
従姉妹たちには忘れないように伝えなくちゃ。


| コメント(0) | top▲






Back | Top | Next